耳ヨガの効果。1日1分、誰でもできる美容&健康法!

「いつまでも美しく健康でいたい。」「体の不調をできるだけ取りのぞきたい。」これは女性にとっては永遠のテーマとも言えますね。

しかし残念ながら、その実現のためには運動したりダイエットをしたり…と、多くのことに気をつけなければならないと思っている方、多いのではありませんか?

そんなあなたに朗報です!簡単・手軽にどこでも取り組める、そしてあなたの求める美と健康にも役に立つ「耳ヨガ」について詳しくご紹介します。

耳ヨガを知っていますか?

「ヨガ」については、何となくでも知っている方が多いことでしょう。でも、「耳ヨガ」という言葉にはあまり耳なじみがないかもしれませんね。

そもそも「ヨガ」ってなに?

ヨガには、呼吸に集中して体を動かすことで、心身ともにリラックスさせる効果があります。呼吸に意識することで集中力も高まり、また、柔軟性も高まってしなやかな体を目指すこともできます。

以上のことから、ヨガは健康法の一つとしても注目されているのです。

耳には多くのツボが集中している!

話を耳に戻しましょう。実は、耳には多くのツボが集まっていて、それぞれが体の各部位と対応しているのです。

足の裏にある多くのツボを刺激する健康法がありますが、耳ヨガもそれと同様。耳のツボを刺激し、ほぐしていくことで全身への効果が期待されるというものです。

ただ一つ違うのは、呼吸も意識して取り組むということ。

女性にはメリットたくさん!耳ヨガに期待される効果とは?

耳ヨガを取り入れることは、女性にとってとても嬉しいことばかり。以下のような効果が期待できます。

  • たるみとむくみを改善し小顔に
  • 血流の改善による冷えの解消
  • 代謝とリンパの流れの改善による美肌、ダイエット効果
  • 体の緊張をほぐし、安眠効果
  • ホルモンバランスが整い、生理痛緩和と生理不順改善
  • 眼精疲労への効果(視界すっきり、目がパチッとする)
  • 便秘の改善

「きれいで健康でいたい」と願う女性にとっては嬉しいことばかりですね。

耳ヨガによって耳のツボが刺激され、血流だけではなくリンパの流れの改善をも期待することができるのです。血流の改善やリンパの流れを改善することが、女性の悩みの解消に一役買ってくれるというわけですね。

しかも耳ツボをほぐすことで簡単にできるのですから、試さない手はありませんね。

また、耳ヨガは耳鳴り・難聴改善のためのセルフケアにも効果があるとされています。耳鳴りの原因の一つとして、耳周りの血行が悪いことが挙げられます。耳ヨガによって血流が良くなると、こうした耳のトラブルの解消も期待されるのですね。

簡単に取り組める!耳ヨガのやり方

使うのは親指と人差し指の2本のみ。とても簡単に取り入れられる耳ヨガのやり方をご紹介します。

1. 両耳を「上部分」「真ん中部分」「下部分」の3つに分け、上部分は上向きに、真ん中部分は真横に、下部分は下方向に、それぞれひっぱる
2. ひっぱるときは息を吐ききる、緩めるときに息を吸う
3. 堅いと感じる部分や痛みを感じる部分には、痛気持ちいい力加減でマッサージを加える

たったこれだけでなんです。しかも1日1分でもOKなんです。何も難しいことはありませんね。

耳ヨガの効果を高めるポイント

日常生活にも簡単に取り入れることのできる耳ヨガ。せっかくやるのであれば、その効果を高める方法でできるといいですね。

耳ヨガの効果を高めるポイントは4つです。

冷たい手よりも温かい手で

耳ヨガは血流の改善にも効果がありますから、冷たい手でやるよりも温かい手で行う方が、より効果を高めることができます。少しの間両手をこすり合わせるだけでも、手は温かくなりますので、どんなときにもより効果的に行えます。

自分なりにアレンジを加えてOK

とにかく、耳は日頃刺激することのほとんどない箇所。さすったりもんだりしても効果があります。引っ張るだけでなく、ねじる、折り曲げる、回すなど、あなたのオリジナルの方法でアレンジを加えてみましょう。

力は強すぎず弱すぎず

効果を高めたいからと、強い力で行うのはNGです。気持ちいいと感じる程度の力加減で行いましょう。

呼吸をしっかりと意識して

「ヨガ」と名のつくほどですから、呼吸をしっかりと意識しましょう。夢中になりすぎて、息を止めてしまっていることのないようにしましょうね。

いちばんのポイントは「継続すること」

耳ヨガの効果ややり方について見てきましたが、いかがでしたか?

でも、最も重要なのは「継続すること」。ヨガと同様、即効性はないですが、継続することで効果があらわれるのです。続けないことには、期待される効果も得ることができません。

一方で耳ヨガのいいところは、続けられる要素がたくさんあることなのではないでしょうか。簡単1日1分、道具は不要、どこでもできる、「ながら耳ヨガ」も可能です。

ちょっとしたすきま時間にも取り組める耳ヨガで、美と健康に近づいてみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!