食べて痩せる方法。我慢するよりも健康的で効果的!


ダイエットは「食事制限」というイメージがありませんか?食べる量を少なくすれば体重が減るのは、確かに誰もが知っている常識ですよね。

食べることを制限すると痩せることは事実ですが「食べているのに痩せられるならどんなに良いことだろう」と考えたことはありませんか?食事制限をするダイエットを経験したことがある方なら、その辛さは人一倍わかりますよね。

ダイエットの方法の中には、「食べて痩せる方法」もあります。ただ、いつも通りに食べてしまうと痩せることはできず、結果的に失敗に終わってしまうことでしょう。

食べて痩せる方法を実行して成功させることができれば、体にとって非常に健康的ですよね。きちんと栄養を摂ることもできますから、理想的なダイエット方法だと言えるのです。

ここでは食べて痩せることを実現させるためにも、成功するポイントをお伝えしていきます!健康的に減量したい方は要チェックですよ。

食べて痩せる方法を実行するメリット

食べないことで体重を落とすことは可能ですが、弊害があることも確かです。中にはダイエット中に食事をすることに罪悪感を感じる方もいるかもれません。

しかし食事を摂らないことによって、体にとって必要となるエネルギーが足りなくなってしまいます。体は足りなくなったエネルギーを何で補うのかと言うと、それが筋肉なのです。

食べないことによって筋肉が減ってしまうことで、代謝が悪くなってしまうでしょう。代謝が悪くなると言うことは、痩せにくい体になってしまうと言うことです。

つまりダイエットの方法として食事制限を続けていると体重は減るかもしれませんが、体は痩せにくい体質へとシフトしてしまうのです!

そのため食事制限をしてダイエットした場合、リバウンドしてしまうリスクも非常に高まってしまいます。それを防ぐためにも、食べて痩せる方法を実践した方が良いのです。食べて痩せる方法は、リバウンドを防ぐ以外にもメリットが多くありますよ。

体を温めることができる

食べることによって体はエネルギーを燃焼させることができます。その影響で、体を温めることができるでしょう。

唾液の分泌が促進される

食べる行為には、咀嚼を伴うものです。噛むことによって唾液の分泌が促進される効果があるでしょう。唾液には免疫を上げるような作用があると言われていますから、体にとって非常に良いのです。

さらに唾液が分泌されることでアンチエイジングの効果があるとされています。

胃や腸の働きを良くする

ちゃんと食べることによって、胃や腸の働きが活発になるでしょう。その結果お通じが良くなったり、腸内に良い影響がもたらされることとなります。

食べて痩せる方法を実践すると、体にとって良いことが多くありますよ。
食事制限によるダイエット方法は体調を崩す恐れや太りやすい体質になるという弊害がありますが、しっかりと食べることによって健康的な体を維持しつつも、痩せることができるでしょう。

食べて痩せるためのポイントをチェック!

実際に食べて痩せる方法を実行するには、いくつか押さえておきたいポイントがありますよ。そのポイントについて触れていきます。

野菜を摂ることを心がける

食事をするときには、まずは野菜から摂ることが大切です。一番最初に野菜を食べることで、血糖値が急激に上がってしまうことを防止できるでしょう。血糖値が上がってしまうことは太ることに繋がりますから、結果的に痩せることができるのです。

また、野菜には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は低カロリーですから、食べすぎによって太ることを防ぐことができるでしょう。野菜をたくさん摂ることでお腹を満たしつつ、カロリーを抑えることができるのです。

料理に積極的に野菜を取り入れることで、カロリーを抑えることができるでしょう。野菜を料理する手間を省くためには、電子レンジなどを活用すると良いですよ。
電子レンジを利用することで料理の時間短縮に繋がりますから、手間をかけずに野菜を調理することができます。
またピーラーやスライサーを活用することで、野菜のカットが楽々になります。野菜を調理するのが面倒という方は、調理道具なども工夫してみてくださいね。

食べるタイミングを見極める

気づいたらついつい何かしら食べ物を口にしている…カロリーを控えめにしていたとしても、このような状況はダイエットに良いとは言えません。また食事の時間が一定でないことも同じです。

最も注意すべきなのが夕ご飯の時間です。なぜかと言うと、眠っている間はエネルギーが脂肪となって体に溜まってしまいやすいタイミングだからです。

すなわち夕食でカロリーを摂り過ぎると体の消費が追いつかず、眠っている間に脂肪へと変わってしまうのです。そのため夕食ではなるべくカロリーを抑えるように心がける必要があるでしょう。

そして夕食を食べるタイミングは、朝食を食べる時間との間を十分に空ける必要があります。そのためにも、夕食はなるべく早い時間帯で済ませておくのがベストなのです。

具体的には、朝食を摂ってから14時間の間に夕食を済ませるようにすると良いですよ。

3食をきちんと食べて、ドカ食いを防ぐ

1日3食を守ることで、空腹感を感じないようにすることができます。空腹を感じると、どうしても食べ過ぎてしまうことがありますよね。3食をきっちりと食べることによって、1食でたくさん食べてしまうことを防止することができるでしょう。

そして栄養バランスの良い食事を摂ることによって体温を上昇させることができます。その結果、太りにくい体に近づくこともできるのです。

「食べて痩せる」を叶えてくれる食材

食べて痩せる方法として、野菜を摂ることや低カロリーな食べ物を食べることが大切だとご紹介しました。ここでは具体的にどんな食材を摂ると痩せるのかについて触れていきたいと思います。

まず、痩せるためには重要な要素があります。それは代謝を上げること、そしてお腹が満たされることです。またビタミンが多く含まれていること、たんぱく質が多いこと、脂肪に変化しにくい油であることも痩せる食材としての条件に当てはまりますよ。

上記を踏まえて、オススメとなる食材をピックアップしていきます!

玉ねぎ

玉ねぎに含まれているケルセチンには血液をサラサラにする効果があります。血液がサラサラになることで代謝を上げることにも繋がりますよ。

さらに血糖値が上がってしまうことを抑制しますから、脂肪が蓄えられにくくなるでしょう。

トマト

トマトはカロリーが低いため、カロリーを抑えるには最適な食材です。またビタミンが多く含まれているのも、ダイエットの効果を上げてくれる要素となります。ビタミンには糖質や脂肪をエネルギーに変換する作用があるためです。

また、トマトに含まれているリコピンにもダイエット効果があり、脂肪がつきにくくなると言われていますよ。

アスパラガス

1本でわずか数カロリーのアスパラガスには、脂肪の燃焼を促進するアスパラギン酸が含まれています。さらにルチンと呼ばれる成分もダイエットには心強い味方で、抗酸化作用により代謝を良くしてくれるのです。

ビタミンEの作用によって血行が良くなり、これも代謝UPの効果が期待できます。ただしマヨネーズなどと一緒に食べると高カロリーとなってしまうので、注意が必要ですよ。

納豆

納豆にはナットウキナーゼが含有されており、血液の流れを良くしてくれます。また納豆にはむくみを改善させる作用がありますから、体をすっきりと見せる効果が期待できるでしょう。

納豆にはたんぱく質がたくさん含まれているため、筋肉の減少を防ぐこともできます。痩せにくい体を作るにはベストな食材ですね。

グレープフルーツ

インスリンは脂肪が合成される作用を促進します。グレープフルーツには、このインスリンの分泌を緩める働きがあるので、脂肪が蓄えられにくくなります。

そしてグレープフルーツの香りには脂肪燃焼を促進させる効果があると言われていますよ。さらにグレープフルーツ特有の苦味はナリンギンと呼ばれる成分で、食欲を抑制してくれるのです。

ほうれん草

ほうれん草に含まれているビタミンB群は、栄養をエネルギーへと変換してくれる働きがあります。栄養が脂肪となり体に蓄えられるのを防ぐことができますから、ダイエット効果を発揮してくれる食材だと言えるのです。

青魚

EPAとDHAと呼ばれる成分は油ですが、中性脂肪を減少させる作用があります。青魚に含まれている油を摂取しても、太ってしまう心配がないと言うわけです。

脂肪を燃やすことができると同時にたんぱく質を摂ることもできますから、筋肉量が減ることも防止できますよ。

アーモンド

アーモンドもまた油が含まれている食材ですが、こちらも太るどころか痩せる効果が期待できます。またビタミンEの効果により抗酸化作用が期待できるでしょう。体の代謝をUPさせることができるのです。

ただしアーモンドは高カロリーであるため、たくさん食べてしまわないように注意してくださいね。

上記で紹介した意外にも、満腹感を得やすいオススメの食材があります。

  • キノコ類
  • りんご
  • アボカド
  • 玄米
  • チアシード

これらの食材も活用して、食べて痩せるダイエットを成功させてくださいね!

おやつを食べて痩せる方法も!

おやつを食べるのは禁物。ダイエット中はそう考えるのが自然ですよね。

しかし食べて痩せる方法として、おやつを食べる方法が注目されているのです。「おやつを食べれるなんてどういう事!?」と思うかもしれませんが、そのメカニズムから説明していきたいと思います。

ダイエットを成功させるために重要となるのは、血糖値です。血糖値とは血液の中に含まれているブドウ糖の値を指していますが、これを意識する事がダイエットに繋がると言うのです。

血糖値が上昇するとインスリンの分泌が促進されますが、その作用によってブドウ糖は脂肪へと変換されてしまいます。血糖値の上昇が急であればあるほど、インスリンの分泌は増えてしまうと言うのです。

つまり太らないためには、血糖値が急激に上がってしまう事を防ぐ必要がありますよね。血糖値を急激に上げないためには、食事と食事の間を空けすぎないように心がける必要があるとされています。

そのためにも「おやつ」が有効なのです。間食をすることで血糖値が急激に上がるのを防止できますし、空腹によって食べ過ぎてしまうことも防止できますよ。

ただし、おやつを食べれば痩せられる訳ではありません。おやつを食べて痩せるためには、以下で紹介する項目を守るようにしましょう。

食事のカロリーを減らす

おやつを食べつつ、カロリーの高い食事を摂ってしまうと太ってしまいます。おやつを活用して痩せるためには、食事で摂るカロリーを減らす必要があるのです。

特に夕食はカロリーを抑えめにするように心がけましょう。

お腹が空いたタイミングでおやつを食べる

食事の後、すぐにおやつを食べることがありますよね。食べて痩せるには、おやつは食事と食事の間のちょっとした空腹を満たすものだと考える必要があります。

そのため食事の後、2〜3時間後におやつを食べるのが望ましいでしょう。

おやつをお腹いっぱい食べない

おやつでカロリーを摂り過ぎると、食べて痩せることはできません。おやつはあくまでも、少しつまむ程度にするべきですよ。
感覚で言うとお饅頭を一つくらいのイメージです。大きなお菓子1袋分…はNGですよ!

カロリーや糖質が控えめなおやつを選ぶ

おやつはカロリーや糖質が低いことを確認してくださいね。そのためには成分表示をしっかりとチェックする必要があるでしょう。

あくまでも食べて痩せるための手段となりますから、おやつでカロリー&糖質を摂りすぎると太る可能性がありますよ。

食べて痩せる方法としておやつを活用できるのは驚きですよね。ダイエットのためにおやつを選ぶときには、以下の項目がポイントとなりますよ。

  • かみごたえがある
  • 食べ応えがある
  • 栄養が豊富
  • カロリーや糖質が控えめ

おやつで減量を成功させるにも、これらのポイントは守ってくださいね。

ダイエットでオススメのおやつ

おやつでダイエットと言う画期的な方法をご紹介しましたが、何をおやつとして食べたら良いの分からない方もいるでしょう。

おやつの種類によっては逆効果になるかもしれませんから、おやつ選びはかなり重要です。そこでダイエット効果が期待できるオススメのおやつをお教えします!

栄養補助食品系のおやつ

シリアルバーなど、栄養を補助する目的で販売されているおやつがありますよね。これらはダイエット目的で摂取するには最適ですよ。
栄養がたくさん取れ、食べ応えもあります。またカロリーも抑えられていますから、ダイエットのお供として頼もしい存在です。

くだもの

くだものはたくさんの栄養が詰まっています。そして甘いのにカロリーが低いのです。特に栄養が豊富でオススメなのが、りんごです。

ヨーグルトやチーズ

乳製品をおやつとして食べるのもオススメです。ヨーグルトやチーズはたんぱく質が多いのが特徴です。そしてその分、カロリーや糖質は控えめなのです。

さらに腹持ちが良いですから、少量でも小腹を十分に満たす事ができるでしょう。

【ダイエット中に注意すべきおやつ】
食べて痩せる方法としてふさわしくないおやつもありますから、チェックしておきましょう。

  • 油が多く使われているおやつ
  • 甘いジュース

油が使われているおやつとしてあげられるのが、ドーナツやポテトチップスです。これらはカロリーも高いですから、ダイエット中のおやつとして選ばない方が良いでしょう。

そして甘いジュースなどは血糖値が急激に上がりやすいため、ダイエット中は飲まない方が良いです。

ダイエットサプリを選ぶポイント

食べて痩せる方法として、ダイエットサプリを利用する方法もあります。サプリメントには様々な種類がありますから、試してみたいけれど何を選ぶべきか分からないこともありますよね。

ダイエットで上手にサプリメントを利用するためにも、サプリメントを選ぶ時のポイントについて触れていきます!

サプリメントは栄養補助食品

まず、サプリメントは栄養の成分を取り出したもので、その分類は食品になっていることを理解しておきましょう。サプリメントは医薬品とは違いますから、その効果を明確に示すことは禁止となっています。

ダイエットの目的によってサプリメントを選ぼう

サプリメントによってダイエット効果を得たい場合、まずはダイエットの目的からハッキリさせる必要があるでしょう。以下ではダイエットサプリの種類を挙げていきます。

体に取り込まれるカロリーを減らす
ギムネマやキトサンが含まれているサプリメントは、体に吸収されるカロリーを減らす効果が期待できます。こちらは普段運動する機会が少ない方にオススメできるタイプのサプリメントです。

使われるカロリーを増加させる
αリポ酸やカルニチンが含まれているサプリメントは、消費されるカロリーを増加させる効果があると言われています。こちらは脂肪の燃焼を促進してくれますから、運動によるダイエット効果を高めたい方に向いていますよ。

お通じを良くする
便秘になってしまうと下腹が出てしまうことがあるでしょう。それを改善するには、お通じがよくなるようなサプリメントがオススメです。成分で言うと食物繊維や乳酸菌になります。

ダイエットサプリを選ぶ時の注意点

ダイエットサプリを購入するからには、効果の高い商品を選びたいと考える方は多いはずです。ただし、ダイエットサプリメントは科学的に効果が立証されているものでは無いと理解する必要があります。

科学的な根拠が無いと言うことは、サプリメントの中には安全性が低かったり、効果が得られるか曖昧な商品があると言うことです。そのため「必ず痩せる!」などとうたうサプリメントは、注意が必要でしょう。

サプリメントを利用することで食べて痩せるダイエットを実現させることも可能ですが、ご自身にとって良いサプリメントを十分に見極めるようにしてくださいね。

筋トレで痩せる方法

あなたが痩せたい理由は何ですか?痩せることによって、スッキリとしたボディラインを手に入れたいと考えている方が多いはずです。

体重を落としたとしても体が引き締まっていないことで、体がシャープに見えないことがあります。特に食事制限をすると筋肉が失われることがありますから、筋肉のない体つき、つまり何だかしまりの無いボディラインになってしまうことがあるのです。

また筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝が低下してしまいます。代謝が悪くなることで、太りやすい体になってしまうのです。

そのため食べて痩せる方法として、筋トレを取り入れることもオススメできます。筋トレをすると体を引き締めることができますし、太りにくい体を作ることができるでしょう。

筋トレをする時のポイント

筋トレダイエットを効果的に行うには、以下で紹介するポイントが大切となりますよ。

適度に筋肉を休ませる
筋トレを続けていると、筋肉痛になることがあります。筋肉痛の状態で筋トレを続行すると、筋肉にダメージを与えてしまうことがあるでしょう。

そのため筋トレをするには、2日ほど筋肉を休ませる期間をもうけることをオススメします。

就寝前には筋トレをしない
就寝前のリラックスタイムに筋トレを行うと、睡眠を妨げてしまうことがあります。眠れなくなってしまうと、体にも悪いですよね。そのため筋トレは寝る2〜3時間前までに終わらせるようにしてください。

食後は筋トレをしない
筋トレは食事を済ませてから、1時間以上あけて行うことが望ましいでしょう。

食べて痩せる方法を実践してみよう

食べて痩せる方法は実に様々ですよね。ご紹介した方法を組み合わせることで、ご自身に合ったダイエットプランを考えることもできるでしょう。

食べて痩せるには食事の内容や食べ方、適度に筋トレなどをして体を動かすことも効果的ですよ。健康的で太りにくい体になるためにも、上記の内容を実践してみてくださいね!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!