意外と目立っている肘の黒ずみ。今すぐ始められる綺麗にする方法


鏡の前に立って自分の姿を毎日見ていても、肘の黒ずみまで毎回チェックしてるという人は少ないですよね。でも、周囲の人からはバッチリ見えている部分なので、肘の黒ずみはできれば綺麗にしておきたいところです。

肘が黒ずんでしまう原因は汚れではありません。例えば洋服の摩擦や、肘を付いた姿勢などによる圧迫、そして皮膚の乾燥によりメラニン色素が沈着してしまったのです。

肘の黒ずみを防ぐには洋服の摩擦から肘を守ったり、姿勢に注意したり、肘を乾燥させないためにクリームなどを使う必要があります。黒ずんでしまった肘を綺麗にするには少し時間が掛かりますが、黒ずみの予防をしながらコツコツ始めていきましょう。

肘の黒ずみを綺麗にする方法

一度黒ずんでしまった肘は、明日直ぐに綺麗にできる!という訳にはいきません。何らかの原因があり長い期間を経て肘が黒ずんでしまっているのですから、同じように時間を掛けてケアしていかなければ元通りにする事はできないのです。

それでも毎日のケアを続けていけば、以前のような綺麗な肘に近づける事ができます。決して難しい方法では無いので、早速できる事から始めていきましょう。

肘の黒ずみを綺麗にする前に

皮膚の角質にメラニン色素が沈着し黒ずんでしまっている肘には、適切なケアをしていけば綺麗にする事ができます。但し、間違った方法で行うと、いつまで経っても綺麗にすることができません。

皮膚には何層もの角質があります。古くなった角質は自然に剥がれ落ち、およそ28日周期で新しい角質で覆われていくのです。これをターンオーバーと言います。

肘の黒ずみは、表面にある角質のせいで黒ずんでいる訳ではありません。メラニン自体が皮膚の奥の方にあるので、奥の角質が黒ずんでいるという事になります。

表面の角質から時間を掛けて剥がしていき、奥の黒ずんだ部分の角質が表面に出て来るまでケアする必要があります。

スクラブで肘の黒ずみを取る

スクラブは肌表面の角質を取り除く効果があります。上手に使っていけば、肘の黒ずみを綺麗にすることができるでしょう。

まず、ペースは2週間に1度くらいを目安にしましょう。早く肘の黒ずみを取りたいからと、しょっちゅうスクラブを使ってしまうと、肌に刺激を与え過ぎてしまい逆に黒ずみが更に奥の方にできてしまいます。

黒ずんでいる角質が表面に出てきて取り除いたとしても、エンドレスでスクラブを使い続けなくてはならなくなるでしょう。スクラブを使って肘の黒ずみを綺麗にするためのポイントは、やり過ぎない事です。

スクラブは適量を手に取り、肘に直接塗ります。肘を軽く曲げて優しく丁寧に、クルクル円を描きながらマッサージしましょう。力は入れずに、円を描く方向を変えながらゆっくり時間を掛けてマッサージしていきます。

スクラブを洗い流す時はぬるま湯で流してください。角質を取り除く効果があるスクラブは、マッサージ直後は肌が敏感になっています。刺激は黒ずみの原因にもなると前述しましたが、洗い流す際も肌への刺激を最小限にするためにぬるま湯で洗い流してください。

クリームを使って肘の黒ずみを取る

次はクリームを使いながら肘の乾燥も防ぎ黒ずみを綺麗にする方法です。肘は乾燥しているのが当たり前の部分でもあり、黒ずみ予防の意味でも常に潤いを与えておく事は必要なので、スクラブ後のケアにもクリームはおすすめです。

クリームを使って肘の黒ずみを取る方法は、一日数回肘にクリームを塗るだけなので簡単にできます。ハンドクリームを塗る感覚でバッグに入れてクリームを持ち歩き、気が付いた時に塗るようにしましょう。

この方法も、始めてから直ぐに効果が出る訳ではありませんが、徐々に肘の角質が柔らかくなり、黒ずみのある角質に侵透していきます。また、クリームを塗る事でターンオーバーを促進させるため、黒ずんだ角質が表面に出てきやすくなるのです。

但し、クリームならば何でも肘の黒ずみに効果がある訳ではありません。

ネットではオロナインで黒ずみを除去できると書かれていたりもしますが、実際のところオロナインの成分からも肘の黒ずみを綺麗にするために有効な成分は配合されていないのです。

美白成分が入っていないクリームも黒ずみ自体を綺麗にする効果が期待できません。ワセリンやニベアも保湿成分は含まれているものの美白成分までは含まれていないので、保湿により肘の黒ずみを予防してくれる効果は期待できますが、肘の黒ずみを綺麗に落とす効果までは期待できないでしょう。

また、肘の黒ずみを綺麗にするにはターンオーバーを促進させる成分も入っていると効果的です。保湿をする事でターンオーバーを促進させる事はできますが、黒ずみを改善するには時間が掛かります。積極的に黒ずんだ角質を表面に出すためにも、ターンオーバーに働きかける成分が入っているクリームを選びましょう。

重曹を使って肘の黒ずみを取る

肘の黒ずみは、実は大掃除の時などに大活躍する重曹でも綺麗にすることができます。重曹には研磨作用があり、粒子がとても細かいので皮膚を傷める心配がありません。肘に使うと優しく角質を取り除く事ができ、何度か繰り返しているうちに黒ずみが綺麗になります。

重曹を使って肘の黒ずみを取る方法は、まず掃除用の重曹では無く、食用の重曹を用意しましょう。そして重曹大さじ1に対して水小さじ1を入れて、ペースト状になるまでよく混ぜます。

重曹のペーストを適量、肘の黒ずみに付けてください。そして肘の部分に円を描くようにクルクル指でマッサージしましょう。最後にぬるま湯を使って重曹を洗い流せばおしまいです。

柔らかいタオルで拭いた後は、ローションと保湿クリームなどを塗っておきます。

重曹を使って肘の黒ずみを落とす場合、頻度は週に1度くらいにしておきましょう。頻繁に行うと、肘の皮膚に刺激を与え過ぎてしまい更に黒ずみを起こしてしまう原因になります。

肘の黒ずみを予防する方法

せっかく苦労して肘の黒ずみを落とせたとしても、今まで通りの生活をしていたら再び肘が黒ずんしまうでしょう。肘の黒ずみには原因がいくつかあるので、そこも改善しておきたいところです。綺麗になった肘の黒ずみを、そのままの状態で保っていく事ができる方法をお教えします。

肘をつく癖を治す

肘が黒ずむ原因に、摩擦や圧迫される事で皮膚が刺激される事が挙げられます。

肘は常に乾燥している部分で、摩擦や圧迫による刺激で一層乾燥が進むのです。人間の体は刺激から身を守る働きがあり、肘の皮膚は角質を厚くして刺激から守ります。

厚くなった角質の奥は黒っぽくなり、これが肘の黒ずみの原因となっているのです。肘の圧迫や摩擦は、ほぼ肘をテーブルなどに付いてしまう姿勢から起こっていると考えられます。肘を付く癖があるのであれば、まずそれを改善しないと黒ずみは繰り返されるでしょう。

保湿を心掛ける

毎日肘までお手入れしている人なら、黒ずみとは無縁なのでは無いでしょうか。顔やデコルテと同じように、肘までしっかり保湿していれば黒ずみを予防する事ができます。

ついつい肘はおろそかになりがちな部分ですが、腕が出る服を着ている時には周りの人からハッキリ見えてしまいます。

お顔にローションや乳液を塗るついでに、肘にも保湿のためのケアをしてあげましょう。保湿を繰り返しているうちに角質が柔らかくなるので、肘をつい付いてしまうという人でも黒くなりづらくなる効果もあるのです。

日焼け止めは肘にも忘れずに

天気の良い日に外出する時は、日焼け止めを塗るのはもう常識ですよね。顔に塗ってデコルテ部分に塗って、紫外線カットして日焼けによる肌へのダメージを防ぎます。もちろん手足にも日焼け止めが必須となりますが、結構いい加減になってしまうのが肘では無いでしょうか。

肘が日焼けすると黒ずみの原因になります。黒ずんでいる状態の肘が日焼けすると、更に目立つようにもなってしまうのです。

肘にもしっかり日焼け止めクリームを付けて、紫外線対策する事を忘れないでくださいね。

肘の黒ずみをケアするおすすめのグッズ

肘の黒ずみには角質を取り除き、美白効果のある成分を塗り込んでいく事で解消する事ができます。保湿クリームだけではなかなか解消する事ができないので、医薬品なども使って綺麗にしていきましょう。ここからは肘の黒ずみをできるだけ早く消す為に、おすすめのケア用品をご紹介します。

サボン ボディスクラブ

肘の黒ずみにおすすめなスクラブと言えば、死海の塩がベースになっているサボンのボディスクラブです。肌を傷つけずに古くなった角質を綺麗に取り除き、天然由来のオイル配合なので流した後はしっとりとした潤いが心地良いでしょう。

アップル・ココナッツ・バニラなど全部で9種類ある香りから選ぶ事ができ、パッケージがとてもお洒落です。塩のスクラブでお肌の引き締め効果も抜群なので、肘以外も満足できるスクラブ効果を実感できます。

ドクターシーラボ フォトホワイトC ボディホワイト&ピールゲルクリーム

美白効果の高い成分配合の、ゲルタイプのスクラブです。天然乳酸で角質の除去に働きかけ、ビタミンC誘導体や植物エキスにより肘の黒ずみを解消します。肌に負担が掛からないので、毎日使って徐々に肘の黒ずみを改善していく事ができるのです。

肘の黒ずみ以外にも、膝の黒ずみや背中のブツブツ、ごわつくかかとまで幅広い用途があります。1本持っていると色々なケアができるので、便利アイテムと言っても良いかもしれません。

ツルリ ひじひざ磨きソープW

重曹を使ったひじひざ用の石鹸です。フランス産の白泥で汚れを綺麗に取り除き、天然由来のスクラブ剤で古くなった角質をしっかり除去していきます。保湿効果のある天然植物由来成分を配合しているので、固くなった肘の角質を柔らかくし、黒ずみを少しずつ解消していく事ができるのです。

これは全身用ではありませんが、ひじひざ以外にデコルテや二の腕には使う事ができます。気になる黒ずみやざらつきを解消してくれる、部分用のスクラブ石鹸です。

小林製薬 クロキュア

角質除去成分に尿素を配合し、ターンオーバーを促進する成分で肘の黒ずみを除去していく治療薬です。皮脂の分泌を促進させる効果もあるので、繰り返される肘の黒ずみも予防する効果が期待できます。

チューブに入っているので持ち歩きにも便利で、一日に数回肘に塗る事で黒ずみを解消しする事ができるのです。かかとなどの角質が厚くなり硬くなっている部分にも使う事ができ、皮膚のざらつきや黒ずみを改善していきます。

ケラチナミンコーワ

ウナコーワなどの人気商品で有名なKOWAから販売されている、尿素配合の肘の黒ずみ改善に効果がある医薬品クリームです。尿素には、肘の黒ずみに効果的な角質を柔らかくして潤いを保つ働きがあります。古くなった角質を溶かしていき、肌の中に尿素の成分が浸透していくのです。

手荒れやかかとのごわつき、さめ肌などの皮膚トラブルにも効果があります。手足の乾燥によるトラブル肌が気になる人にはおすすめです。

肘の黒ずみは時間をかけてゆっくりケア

肘の黒ずみは皮膚の刺激や乾燥などが原因で、皮膚の奥が黒くなってしまっています。汚れている訳では無いので、表面だけゴシゴシ擦っても皮膚に刺激を与えているだけで肘の黒ずみを消す事はできません。

また、間違ったケアの方法は肘の黒ずみを繰り返してしまう事にもなり兼ねません。スクラブなどで角質を取り除く場合には、1~2週間に1度を目安にして行いましょう。

肘の黒ずみは時間が掛かりますが、少しずつ綺麗にすることができます。ターンオーバーを促進する成分や美白成分、保湿成分などが配合されている医薬品を使うのもおすすめなので、根気よく色々試してみてください。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!