爪の伸ばし方でネイルが映える!縦長で魅力的な指先にできる方法


爪の伸ばし方が悪いとネイルをしてもちょっとガッカリな感じですよね。やはり爪は縦長の方が、指も長く見えてネイルをすると見栄えがします。爪の伸ばし方で色々苦労されている方も多いのでは無いでしょうか。

でも、どんなに一生懸命爪を伸ばしてもすぐに割れてしまったり噛んでしまう癖があると、なかなか綺麗に爪を伸ばす事はできません。そんな、爪が伸びづらい人には必見の、縦長の爪にする伸ばし方があるのです。

爪が伸びない人には乾燥などの原因が考えられます。爪をケアしながら伸ばし方を工夫すると縦長の魅力的な指先にする事ができるのです。ネイルが映える美しい縦長の爪を目指しているあなたに、爪の伸ばし方を詳しくご紹介しましょう。

爪の成長を早くする伸ばし方のポイント

爪は誰でも毎日少しずつ伸びます。

1日に伸びるのは0.1㎜ほどですが、年齢や健康状態により人によってもバラつきがあるのです。また、指先を使って仕事をする事が多い人も爪が伸びるのを遅く感じるかもしれません。

爪を縦長にする伸ばし方は、爪のケアや指先のケア、そして食生活にも注意が必要です。爪の成長を早くする伸ばし方についてお教えします。

爪を切る時

爪が伸びて来たら爪切りを使って切るのは常識!そんな風に考えていませんか?でも、その爪の切り方が原因で爪が伸びない場合があるのです。

爪切りを使う事で、実は爪にもの凄いダメージを与えています。使い方によっては深爪してしまったり、パチンと切った弾みでヒビが入ってしまったりと、爪の伸ばし方に気を使っている人にはおすすめできないアイテムなのです。

爪の成長を早くする伸ばし方は、爪切りを使わずヤスリで爪を整える事!がポイントとなります。爪はゆっくり少しずつ伸びていくので1週間に1度のお手入れで十分です。

どうしても爪切りで切りたいという場合は、お風呂上りなど爪に水分が含まれて柔らかくなっている状態で切ってください。乾いた状態で爪切りを使うと、ヒビ以外にも二枚爪になる場合もあります。

なかなか爪が伸びないのであれば、爪の切り方が原因である場合も十分考えられるでしょう。爪が割れやすいと感じているのであれば、早速ヤスリでのケアに切り替えてみてください。爪の成長が早くなるのを実感できるかもしれません。

爪に保湿ケア

手のひらや手の甲の保湿は念入りにしても、爪に気を使って保湿している人は少ないのでは無いでしょうか。爪はそもそも皮膚と同じなので、お手入れをしなければ乾燥して割れやすくもなり、毎日ケアすれば潤って美しくもなるのです。

爪が伸びないという人は、一日に何度か爪に保湿クリームなどを塗ってみましょう。ハンドクリームでも良いですが、乾燥がひどい場合にはヒアルロン酸やコラーゲン配合のネイルオイルなどもおすすめです。

爪を保湿し続ける事で、健康的で丈夫な爪になります。爪の伸ばし方に気を付けていてもすぐに折れてしまうという人は、爪の乾燥が原因かもしれません。早速今から爪の保湿を始めてみてくださいね。

ハイポニキウムを育てる

爪のピンク色の部分をネイルベッドと言いますが、ネイルベッドが伸びている状態が爪の形を綺麗に見せる事ができます。爪が伸びないと悩んでいる人の多くが、ネイルベッドが伸びていない状態なのです。

ネイルベッドを伸ばすには、ハイポニキウムと呼ばれている爪と皮膚の間にある薄い膜を育てる必要があります。ハイポニキウムが育つと、ネイルベッドも伸びて綺麗な爪の形になるのです。

ハイポニキウムには爪に水分を与える働きがあったり、爪を固定させるなど爪を綺麗に伸ばす為には必要不可欠なものです。ハイポニキウムが育っているか、剥がれているかで爪の状態が大きく変わってしまうと言っても良いのです。

ハイポニキウムは日常の何気ない動作がダメージとなり剥がれてしまう、とてもデリケートなものです。ハイポニキウムを育てるには以下の点に注意が必要です。

  • 爪を噛むクセ
  • 爪の汚れを無理に掻きだす
  • 爪の乾燥を放置
  • 爪を使った作業
  • 深爪にする

これらはハイポニキウムが剥がれる原因になります。もし、これらの行為が常態化しているのであればできるだけ改善し、ハイポニキウムを上手に育ててください。徐々にネイルベッドが伸びていき、ネイル映えする素敵な爪になるでしょう。

爪には常に白い部分があるように伸ばしておき、四角く整えていく事もネイルが映える爪の伸ばし方のポイントです。

生活面での注意点

栄養のバランスが悪いと肌荒れを起こします。睡眠の質が悪いと吹き出物ができたり、ストレスも肌に影響が出てしまいますよね。皮膚の一部である爪にも同じことが言え、生活習慣が乱れている事が原因で爪があまり伸びなくなってしまうという事も考えられます。

食生活では、タンパク質を十分に摂取するように心掛けましょう。タンパク質は肉や魚に多く含まれているので、ダイエットなどで栄養が偏っているとすぐに爪にも影響が出てしまいます。

睡眠不足やストレスは、新陳代謝を悪くするので爪の伸びが遅くなる可能性が高いです。毎日しっかり睡眠を取りストレスも溜めないように心掛ける事で、爪の伸ばし方にも影響します。

血行を良くすると新陳代謝も上がるので、特に指先のマッサージはおすすめです。保湿クリームを塗る際などに、一本一本指全体をマッサージする事で爪の成長を促します。指のむくみも取る効果があるので、ネイルの似合うほっそりとした美しい指先を目指して始めてみてください。

爪専用のアイテムを使った伸ばし方

ネイルサロンに行くと、色々なアイテムを使って爪の形を綺麗に整えてくれます。自宅でもそんなアイテムを使って爪のケアをする伸ばし方をしていくと、ネイルが映える素敵な指先に変身するのです。

見ていると難しそうですが、実際はどうでしょう?ここでご紹介するアイテムは市販されているものばかりです。使い方も一緒にご紹介していきますので、自宅でネイルが映える爪のケアをしてみましょう。

爪切り

爪にダメージを与える原因にもなるので、ネイル映えする爪にするための伸ばし方としてはあまり使いたくない爪切りですが、ヤスリだけでは手に負えない場合もあるでしょう。爪が伸びすぎてしまった場合や、大まかな形を作る場合などにほんの少しだけ使いたいアイテムです。

爪切りは乾燥した爪にそのまま使ってしまうと、パチンと切った衝撃で爪が割れてしまったり、ハイポニキウムが剥がれてしまう場合があります。これを防ぐにはお風呂上がりの柔らかい状態の時や、お風呂に入るのが無理な時は指先だけ10分ほどお湯に浸して爪を柔らかくしてから使いましょう。

ネイルが映える爪の伸ばし方として爪を切る際は、初心者には爪が割れづらくなる形の「スクエアオフ」にするのがおすすめです。この形にするには、爪切りで爪の端から端まで直線に切ります。白い部分を残さず切ってしまったり、両端をしっかりと切ってしまうやり方は絶対にやめましょう。

爪ヤスリ(ネイルファイル)

爪切りにヤスリが付いていますが、ネイルが映えるように爪の伸ばし方に拘るのであれば、爪専用のヤスリを単体で用意しておきたいところです。高価なもので無くても大丈夫なので、持っていなければこれを機会に一つ用意してみましょう。

爪ヤスリは表と裏で目の粗さが違い、使い方は先に粗い方で形を整えて仕上げに細かい目の方を使います。爪ヤスリを使う時のポイントは、同じ方向に動かして爪を削っていく事です。往復で削ってしまうと、爪へダメージを与えてしまうので一定の方向で削るようにしてください。

爪ヤスリを使う場所は、爪の先端の部分と両サイドです。爪に対して90度の角度を意識して爪ヤスリを当てましょう。爪の先端は爪切りで真っ直ぐに切ってあれば軽く目の細かい部分だけで形を整え、爪切りを使っていない場合は真っ直ぐ平らになるように両方の目を使って整えます。

次に両サイドですが、爪が引っかからないように優しく角を取りましょう。「スクエアオフ」は四角い爪の形になるようにしますが、角は爪ヤスリで少し落とします。

コットンスティック

ネイルが映える爪にするための伸ばし方では、爪の甘皮を処理する必要があります。甘皮を綺麗に処理すると、爪が縦長になる効果があるのと、健康的な美しい爪が早く伸びてくるようにもなるのです。

甘皮を処理するためにネイルサロンではキューティクルプッシャーを使いますが、自分でやるならコットンスティックを使う方が安全なのでおすすめです。

コットンスティックは自分で作る事ができ、用意するものはウッドスティックとコットンだけで、どちらも100均で簡単に手に入れる事ができます。

作り方は簡単で、ウッドスティックの先にコットンを少しだけ巻き付ければコットンスティックの完成です。コットンを巻き付けた部分を甘皮部分に当てて、少し押し付けるようにして使います。

キューティクルリムーバー

キューティクルリムーバーは甘皮の処理をする際に欠かせないアイテムです。予め甘皮の部分にキューティクルリムーバーたっぷり塗ってから、ぬるま湯で指先にしっかり水分を含ませます。

入浴前に塗っておいても良いのですが、15分くらいは指先をお湯に付けておきましょう。その後、指先を拭いた後に再びキューティクルリムーバーを塗ってください。キューティクルリムーバーを予め塗ってから甘皮処理をすると、甘皮が柔らかくなるので仕上がりが綺麗になります。

キューティクルリムーバーを塗った後は、コットンスティックを使って甘皮を処理します。コットンスティックの角度は45度くらいで、力を入れ過ぎないように優しく爪の根元に向けて押し付ける事がポイントです。

浮き出てきた甘皮は、ガーゼを少し濡らして力を入れないように擦り取ります。

ネイルオイル

ネイルが映える爪の伸ばし方で必要な最後のアイテムはネイルオイルです。爪は何もしなければ乾燥したままの状態で、乾燥が爪割れの原因になりなかなか爪が伸びてくれないという状態にも繋がります。

爪の保湿はハンドクリームなどでも良いのですが、本格的に美しい爪の伸ばし方に挑むのであればネイルオイルを用意した方が良いでしょう。爪専用の化粧品なので、爪の状態を良くするように働きかけてくれる成分が配合されています。

ネイルオイルはお風呂上りや甘皮の処理をした後などに塗ったり、マニュキアやジェルネイルの仕上げにも使えます。ハンドクリームを使用する場合は、先にネイルオイルを爪に塗ってからハンドクリームを塗るようにしてください。

使い方は、甘皮にネイルオイルを付けて指で爪をマッサージします。甘皮の部分は特に念入りに、優しくネイルオイルを擦り込むようにしてください。爪の左右の皮膚との境目にも、ネイルオイルを擦り込みましょう。

ネイルが映える爪の伸ばし方

爪がなかなか伸びてくれないという人には、深爪をし過ぎない、爪の乾燥を防ぐ、生活スタイルを見直すなどいくつか改善点が考えられます。ネイルが映える爪の伸ばし方は、爪のダメージも最小にしなくてはならないので、爪を使っての作業もNGです。

パソコンを使って仕事をする人も、爪が割れて伸びてくれないと嘆いている人も多いのでは無いでしょうか。パソコンなど、どうしても指先を使う作業をする機会が多いのであれば、爪では無く指の腹などを使って爪へのダメージを防ぎましょう。

ネイルが映える爪の伸ばし方は、爪の甘皮を処理したり乾燥を防ぐケアを続けていく事がポイントです。爪のピンクの部分、ネイルベッドが縦長の状態を目指して頑張ってみましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!