まぶたの腫れの予防方法。むくみやストレスなども原因!

朝、起きたら目がなんだかおかしい…鏡で見てみるとまぶたがパンパンに!そんな状態ではお化粧もできませんし、出かけるのも嫌になってしまいますよね。

まぶたが腫れてしまう原因はさまざまありますが、中にはすぐに病院に足を運んだ方がいい場合もあるんです。

まぶたが腫れる原因とは

突然起こるまぶたの腫れは、日々の生活の中に原因が潜んでいる場合があります。考えられる原因は下記のようなものがあるのですが、心当たりはありませんか?

むくみ

塩分の多い食事を摂る、水分の過剰摂取、お酒の飲み過ぎなどでまぶたがむくんでしまうことがあります。これは老廃物や水分を溜め込んでしまって排出されにくくなるため。

他にも低すぎる枕を使っていたり、うつ伏せで寝る癖がむくみに繋がることもあります。

ストレス

また、ストレスや疲労が溜まると自律神経が乱れてしまうことで血行不良が起きてしまい、まぶたのむくみにつながることもあります。
睡眠不足もむくみの原因になりますので、きちんと体の声に耳を傾けて、休養を取ることが大切です。

かぶれ

目の周りの皮膚は薄くてデリケート。さまざまな原因でまぶたがかぶれてしまい、腫れてしまうことがあります。例えば肌に合わない化粧品やクレンジング剤、つけまつげの接着剤などが原因になることがあります。

一日の終わりにメイクを落とさずに寝てしまうこともかぶれにつながることがありますので、寝る前にはきちんとメイク落としをしましょう。

コンタクトレンズの誤った使い方

コンタクトレンズの使用方法は守っていますか?きちんと洗浄していないコンタクトレンズを使うなど、誤った使い方をした時に細菌に感染してしまい、目の周りが腫れてしまうことがあります。
正しい使い方を再度確認し、腫れが引くまではコンタクトレンズの使用を控えてください。

まぶたが腫れてしまう病気を知っておこう

まぶたが腫れる原因はたくさんありますが、中には病気の可能性も。考えられる病気について紹介します。

アレルギー

デリケートな目の周りはアレルギー症状が出やすい部位。食品やハウスダスト、花粉など、さまざまなものがアレルゲンとなり、腫れてしまうことがあります。

特に春は花粉症で悩んでいる人が非常に多いのですが、鼻水やくしゃみのほかにも皮膚炎の症状が起きることもあり、まぶたの腫れとかゆみで大変な思いをしている人もたくさんいます。
ただ、かゆみがひどいからと言ってまぶたを掻き続けていると、そこから細菌が入ってしまってものもらいなど別の症状を引き起こしてしまうことも。

涙囊炎(るいのうえん)

涙囊(涙の通り道)の中で菌が繁殖することにより炎症が起きるもの。涙や目やにが増えることで涙囊を圧迫すると、膿が出てくるのが特徴ですが、症状が悪化すると涙囊の部分が赤く腫れ、痛む場合もあります。

炎症が広がった場合は内服薬や注射で薬を投与したり、注射針を使って膿を出すことが必要な場合もあります。

ものもらい(麦粒腫)

目の周りが腫れた時には「ものもらい」の可能性もあります。ものもらいは「めばちこ」「めいぼ」といったように地域によってさまざまな呼び方をされています。

ものもらいはまぶたにある汗腺や脂腺に細菌が入ることで赤く腫れてしまうもの。まばたきをすると痛かったり、充血したり、目がゴロゴロしたりといった症状も出てきます。

ひどくなると腫れや赤みが強くなり、より痛みを感じるように。炎症さえ引けば数日で治るものがほとんど。ただし中に膿を持ってしまっている場合には、病院で切開するか注射針を使って中の膿を出してあげることが必要です。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

「霰粒腫」とは、まぶたの深いところにある「マイボーム腺」が詰まってしまい、まぶたの中にしこりができてしまうものです。初めのうちはゴロゴロしている感覚が気になるだけで痛みはありませんが、細菌感染を伴うと赤みや痛みが出てきます。

また、何度も炎症を繰り返していたり見た目が気になったりする場合は病院で切開する場合もあります。この場合は早めに切開をしてしこりの中のものを出してしまった方が治りが早いと言われています。

病院の受診が必要な腫れはどんなものがあるか

腫れているだけではなく、腫れと一緒にしこりや赤み、かゆみなどが生じている場合は病院を受診しましょう。
また、目やにや充血がひどい場合も同様。万が一ウイルスなどに感染している場合、放置すると感染を広げてしまう場合がありますので、早めの受診が必要です。

どんな検査をするの?

視力検査や細隙灯顕微鏡検査(角膜表面などを観察する)、眼圧検査、涙の量や質を調べる検査などさまざまな検査がありますが、症状によりおこなう検査が違います。

また、ウイルスなどへ感染していることが疑われる場合には、感染症の有無を調べる検査も行います。

まぶたの腫れを起こさないためにできること

突然起こるまぶたの腫れは困りもの。できることなら腫れが起きないようにしたいですよね。そのために、普段から気をつけておきたいことは下記の通り。

目をいじらない

かゆみや腫れがあったときだけではなく、普段から目を必要以上にいじらない癖をつけましょう。手にはさまざまなものが付着していますし、目をいじることで傷がついてしまってそこから腫れを引き起こすこともあります。

また、メイクを落とすときや洗顔の時にも、デリケートな目の周りは優しく洗ってください。ゴシゴシこするのは厳禁。

規則正しい生活を送る

疲れやストレスを溜めることも、目の腫れにつながることがあります。
疲れは知らず知らずのうちにたまっていきますので、意識的に休息を取ることが必要です。加えて、バランスのよい食生活も心がけてくださいね。

アレルゲンを取り除く

例えば花粉症の人であれば、極力花粉を吸い込まない・肌につかないように気をつけることで、目が腫れるのを抑えることができます。外出する時には花粉がつきにくいコートを着たり、花粉を防ぐ専用のゴーグルやメガネをつけたりしてみましょう。

また、化粧品やクレンジング剤がアレルゲンとなっている場合もありますので、肌に違和感を感じたら使用を中止すること。新しい化粧品を使う際にはパッチテストを行うことも大切です。

マッサージする習慣をつける

耳の後ろ、首すじ、肩にかけてのマッサージは目の周りにむくみが起こっている人に効果的な方法。マッサージによって血液やリンパの流れが促されることで腫れがひきやすくなります。
マッサージの方法は指4本の腹で耳の後ろから鎖骨に向かって、上下にさするだけ。あまり力を入れずに優しくさするだけで大丈夫です。

また、眉毛の内側のへこんでいる部分にある「欑竹(さんちく)」と呼ばれるツボを刺激するのも効果的です。

「大したことはない」という考えは禁物!

まぶたの腫れの原因に、心当たりはあったでしょうか?大切なのは、たかがまぶたの腫れと思わずに、なかなか腫れが引かない、かゆみや痛みが出てきた、という場合にはいちど病院で診察を受けてみましょう。また、腫れが引いても油断せず、目の周りに刺激を与えないような生活を心がけてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!