アイシャドウの使用期限はどれくらい?コスメを安心して使うには


カラーバリエーションが豊富でつい集めたくなってしまうコスメと言えば、アイシャドウですよね。

職場用にはブラウン系などの落ち着いたカラーを使用し、友達との遊びや恋人とのデート、ライブやパーティなどには派手めのカラーなど、その時々によって使い分けている人も多いでしょう。

コスメ売り場を覗くとつい欲しくなってしまうアイシャドウですが、アイシャドウってどれくらいの期間で使い切ればいいのかご存知ですか?

たくさん持ってはいるけど、いつ買ったものなのか分からない、だいぶ前に買って1度使っただけ…そんなアイシャドウ、あなたの家にもありませんか?

今回はアイシャドウを安心して使うためにアイシャドウの使用期限について調べていきたいと思います。

コスメに消費期限が書かれていない理由って?

手持ちのコスメを見たときに、使用期限について書かれているのを見たことはありますか?

おそらく、大半の人が「ない」と答えるはずです。

コスメに使用期限が書かれていない理由、どうしてなんでしょうか?

そのヒントは薬機法にあり!

「薬機法」ってあまり耳慣れない言葉ですよね。

これは、医薬品や医療機器などの品質が有効であるか、また安全性は確保されているかなどについて定められた法律です。

この薬機法により、未開封の物で3年以上もの間品質が保証されるものは、使用期限や製造日などの記載を不要とするとされています。

そう、つまり使用期限の記載がされていない化粧品は、「未開封ならば製造日から3年は使用しても大丈夫」ということなのです。

使用期限が3年未満の化粧品なら、使用期限が記載されています。手持ちのコスメを見て確かめてみましょう。

コスメは開封したらどれくらい持つ?

薬機法には開封後の化粧品の使用期限について定めはありません。

しかし、一般的に3か月から半年以内に使い切るのが良いとされています。

保存方法や商品により使用期限は異なりますが、どのコスメも「開けたら早めに使い切る」ということが大事になってきます。

アイシャドウの使用期限守れてる?

目元を彩るカラフルなアイシャドウ。

アイシャドウの使用期限はどうなっているのでしょうか?

また、アイシャドウに限らず存在するコスメの使用期限について考えたことはありますか?

アイシャドウは開封から2年過ぎたら期限切れ!

アイシャドウの期限は開封から約2年です。

この期間を長いと思うか短いと思うかは人それぞれですが、衝動買いして1度使ったきりの物が家のどこかにある、いつ買ったのか分からない物をまだ持っているという人は注意した方がいいかもしれません。

使い切れずにずっと残っているアイシャドウはありませんか?特に、何色かセットになっている商品の場合、色の減り方が平等でなくて1つの色がずっと残りっぱなしになっていたりしないでしょうか?

薄くデリケートな目元の皮膚はトラブルに見舞われがちです。

使用期限を過ぎている、いつ買ったのか分からないほど時間が経っているアイシャドウを使うのは皮膚にとっても危険なので控えるようにしましょう。

アイシャドウ以外のコスメの期限はどれくらいなの?

アイシャドウに限らず、スキンケアを含むコスメには使用期限が存在します。

使用期限までに使い切れなかったコスメ、あなたの家にも1つや2つありませんか?

化粧水や乳液などのスキンケア用品なら3ヶ月から6か月の間に使い切りましょう。

口紅やマスカラ・アイライナーなどのポイントメイクに使うものについては開封から3ヶ月までを目安に。

アイシャドウと同じく特に皮膚の薄い場所に使うものなので、使用期限切れコスメの肌トラブルは要注意です!

ファンデーションはリキッドかパウダーかで使用期限が変わってきます。

リキッドなら開封から半年以内に使い切るようにしましょう。

液状のリキッドファンデーションは長期間の使用で成分が変わってしまうことがあります。

パウダーファンデーションは、リキッドファンデーションに比べると雑菌の繁殖がしにくいため長持ちはしますが、1年以内を目安に使い切るようにします。

日焼け止めなら、ワンシーズンで使い切るようにし、1年中日焼け止めを使用しているなら6か月を目安に使い切りましょう。

どのコスメにも言えることですが、コスメはいつ開封したのか分からなくなりがちです。

開封したら、開封年月日を書き留めておくなどの工夫をして使用期限内までに使い切るようにしましょう。

こんなに怖い!使用期限切れコスメが引き起こす肌トラブルとは?

コスメを使うならトラブルなく安心して使いたいもの。

しかし、使用期限が切れたコスメを使っていると、思わぬ肌トラブルが起こってしまう可能性があります。

期限切れコスメが引き起こしてしまう肌トラブルについて考えていきましょう。

肌荒れ

雑菌の繁殖や成分が変化して内容物が酸化するなどした化粧品を使用していると、肌が荒れてしまう場合があります。

皮膚のかぶれやかゆみ、炎症などの皮膚の異常反応を招いてしまう恐れがあります。

しみ・そばかす・くすみ

空気に触れている時間が長くなってしまった使用期限切れのコスメは酸化が進んでおり、酸化したコスメを肌につけることによりメラニン色素と活性酸素が肌に蓄積します。

その積み重ねの結果として、しみやくすみ、そばかすが肌に表れてしまいます。

ニキビと吹き出物

アクネ菌が原因で発生するニキビと吹き出物。

常に肌に存在しているアクネ菌ですが、酸化したコスメを肌につけることで毛穴に詰まった過酸化脂質のせいで毛穴の奥のアクネ菌が増殖してしまいます。

それが毛穴の中で炎症が起こる原因となり、ニキビや吹き出物が出来る原因になります。

コスメを使う前には、必ず匂いが変わっていないか確かめるようにし、直射日光の当たらない場所に保管するなどするようにしましょう。

また、湿度が高い場所に置かない、清潔な指や道具で使用するようにすることも大切です。

捨てるのはもったいない!古くなったアイシャドウを使い切るには?

使用期限が切れてしまったアイシャドウ、せっかく買ったのだから捨てるのはもったいないですよね。

肌につけることは出来なくても、工夫次第で使い切ることができますよ。

カラフルな色味を活かして画材に変身

アイシャドウのカラフルな色味はイラストを描く時にもピッタリです。

チップや筆、指にとって紙の上でぼかせば、クレヨンや色鉛筆とは違うふんわりとした感じのカラーを塗ることができます。

アイシャドウ×透明マニュキアでネイルアート

粉々にしたアイシャドウを透明マニュキュアに入れて混ぜれば、オリジナルのカラーマニュキアを作ることができます。

マニュキアに欲しい色がない、少しだけ使いたいという人はアイシャドウと透明マニュキアで好きな色を自作してみては?

ベースとなるマニュキアの色をホワイトにチェンジすれば、ポップなミルキーカラーのマニュキアを作ることも可能です。

マニュキアとアイシャドウを混ぜる時は、必ずガラス製の容器の上で混ぜ合わせるようにしてくださいね!

コスプレにつかっちゃう!?ウイッグにカラーをつけてみる!

チップや指にたっぷり取ったアイシャドウをウイッグにつけていきます。

遠慮せずに思いっきり塗ってみましょう!

ラメ入りのクリームタイプのアイシャドウを使えば、煌びやかなカラーリングをすることも可能ですよ。

使用期限を守って安心してアイシャドウを使おう!

カラーがたくさんあって選ぶのに迷ってしまうアイシャドウ。

あれもこれもと買い揃えているうちに、使用期限が切れてしまうなんてことがあると思います。

アイシャドウに限らずですが、コスメはついつい集めたくなってしまいますよね。

衝動買いする前に「これは使い切れるかな?」と1度考えてみるのもいいかもしれません。

アイシャドウを肌トラブルなく使うためにも、使用期限を気にして使うようにしましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!