アイシャドウを塗るコツ。役割から塗り方までを解説!


メイクって難しい…と思ったことはありませんか?特にアイシャドウは、アイシャドウパレットの色を上手く活用できずに悩んでしまうことがありますよね。

でも、アイシャドウのコツを掴めば目元の印象をガラリと変えることができます。アイシャドウの使い方をマスターしたら、メイクもグッと上達するのです。

ここではメイク初心者の方のために、アイシャドウの役割から塗り方のコツを解説していきます。

アイシャドウの役割から知ろう

アイシャドウは、ただ単に目元に色をのせるものではありません。アイシャドウの役割は、目元に立体感を持たせることなのです。

アイシャドウを塗ることで目元に陰影をほどこすことができますから、目元を強調することができるのです。目元を強調することでお顔を引き締める効果がありますから、小顔にしたい方もアイシャドウを活用すると良いでしょう。

初心者の方の場合は、肌になじみやすいブラウン系のアイシャドウを使うことをおすすめします。ブラウンのアイシャドウは陰影をつけやすいカラーになっているためです。

アイシャドウは目を大きく見せるような効果がありますが、アイシャドウの使い方によってゴージャスなイメージやナチュラルなイメージなど、見せたい印象にさせることができますよ。

目の下に「ハイライトカラー」と呼ばれる明るい色をのせると、涙袋を強調する効果もあります。涙袋を強調することで、目を大きく見せることができるのです。

アイシャドウはどこに塗ったら良いのか

アイシャドウを塗る部分は、この2つです。

  • アイホール
  • 目の下部分

アイシャドウは基本的に「アイホール」に塗るものとなっています。アイホールとは、眉毛を上に動かした時にくぼみができる部分となります。また涙袋の部分にあたる目の下も、アイシャドウをのせる部分となりますよ。

アイシャドウの種類

アイシャドウには基本、3つの種類があります。

  • パウダー
  • クリーム
  • ペンシル
  • リキッド

それぞれを使い分けることで、目元の印象を理想のイメージに近づけることができるでしょう。

初心者におすすめなのが「パウダー」のタイプ。パウダーアイシャドウであれば、一色でも自然な印象に仕上げることができます。そしてグラデーションもつけやすいのがオススメの理由です。

化粧崩れが起きにくく、発色が良いのが「クリーム」のタイプです。こちらは程よい光沢感が出ますから、パーティーなどのシーンで使うのも良いですね。くすみをカバーしたい時にもクリームアイシャドウが活躍してくれます。

短時間でもささっと仕上げることができるのが「ペンシル」のアイシャドウです。柔らかいペンシルはスルスルと描くことができますし、硬い質感のタイプはアイラインとして活用することもできますよ。

濡れているような質感にできるのが「リキッド」タイプのアイシャドウです。密着性が高いですから、アイシャドウの色を長持ちさせたい時に最適です。

上記で紹介した以外に、ラメ入りのアイシャドウもあります。こちらはゴージャスな印象にしたい時に最適です。

アイシャドウを上手く塗るための道具

アイシャドウは指でのせるという方も多いのではないでしょうか?アイシャドウを上手く塗るには、道具が必要になってくるものです。

「いまいちアイシャドウの塗り方が上手くならない」とお悩みの方は、道具を揃えることから始めてみても良いかもしれません。

チップ

アイシャドウを塗る時の基本的な道具として、チップがあります。チップはアイシャドウパレットに付いている場合が多いですよね。

チップはどんな時に使うのかというと、ポイントとして色をのせる時となります。例えば目尻を強調したい時にはチップを使って、ピンポイントで色をのせると良いですよ。

ブラシ

アイホール全体に色をのせる時、グラデーションをなじませる時などに活用できるのがブラシです。ブラシは大きさを揃えることで、もっと使いやすくなりますよ。

アイホール全体に色をのせる時には大きいブラシを、目尻や目の下に使う時には小さいブラシを使ってみてくださいね。

アイシャドウベース

アイシャドウが崩れてしまった経験はありませんか?それを防止してくれるのが、アイシャドウベースです。アイシャドウベースは化粧崩れを防いでくれる他に、発色を良くしてくれる効果があります。

アイシャドウパレットのカラーについて

アイシャドウパレットのカラーが上手く使いこなせない方のために、それぞれの色について解説していきます。色の意味を知ることによって、パレットの色をしっかりと活用することができるようになりますよ。

まず、アイシャドウパレットには3種類のカラーが入っていることが基本です。

  • ハイライトカラー
  • ミディアムカラー
  • シェイドカラー

ハイライトカラーはパレットの中でも一番明るい色です。こちらはアイホール全体にのせるのが基本となります。

ミディアムカラーは「中間色」となります。グラデーションを作る時には、このミディアムカラーがポイントとなるのです。ハイライトカラーとシェイドカラーの間に塗る色ですから、しっかりと馴染ませることが重要ですよ。

シェイドカラーは最も濃い色のことを指しており、目元を引き締めてくれるような効果があります。まつ毛の生え際となる「目のきわ」に塗ることで、目元をしっかりと強調できるでしょう。

アイシャドウを塗る順番

アイシャドウを塗る順番は薄い色から濃い色となります。

  1. ハイライトカラー
  2. ミディアムカラー
  3. シェイドカラー

上記の順番でアイシャドウを塗ると、グラデーションを綺麗に仕上げることができるでしょう。

【目元の形状別】アイシャドウを塗るコツ

アイシャドウを塗る時は、目の形によってコツがあります。ご自身の目元に適した塗り方を知っていると、自分に似合うメイクに仕上げることができるでしょう。

一重の場合

一重の場合には、アイシャドウを目の全体に塗りすぎないようにするのがコツです。アイホールにアイシャドウをのせることで、まぶたが腫れぼったく見えることを防げますよ。

ミディアムカラーはアイホールのちょうど半分のラインまで塗るようにしてください。一重は目尻をポイントにすると綺麗に仕上がりますから、目尻側を広く見せるように塗ると良いでしょう。

締めのシェイドカラーも、目尻を少しはみ出す程度に塗ってください。目を強調しつつ、綺麗な印象にすることができますよ。

奥二重の場合

奥二重は縦横をプラスすることで、目元を綺麗に見せることができます。アイホールにアイシャドウをのせる時は、少しオーバー気味でも良いでしょう。

奥二重はまつ毛の生え際と奥二重の間の幅が狭いですから、アイラインを太く引きすぎないことのポイントの一つです。

目頭に明るいカラーをポイントとして入れると、優しい印象にさせることができますよ。

アイシャドウの色を選ぶコツ

アイシャドウの色は、肌の色によって似合う色があるものです。ご自身の肌に適したカラーを選ぶことで、メイクの印象をよくする事ができるでしょう。

肌の色はイエローベース、そしてブルーベースの2種類があります。この2つの種類別に、アイシャドウとして選ぶオススメの色を紹介していきます。

イエローベースの場合

イエローベースの方は、レッドやピンク系といった暖色カラーが適しています。メイクをナチュラルに仕上げたい方は、オレンジやブラウンのアイシャドウを選んでみてはいかがでしょうか。

ブルーベースの場合

ブルーベースの場合は、シルバーやブルーなどの色味も似合いますよ。クールで大人っぽい印象にしたい時には、寒色系のカラーを取り入れてみましょう。

色白と色黒

色白の場合、寒色系のカラーを選ぶと血色感が足りなくなってしまう場合があります。顔色をパッと明るく見せるには、優しいピンクなどのカラーをチョイスすることもオススメですよ。

色白の良さを引き出すためには、「光沢感」を感じさせることもポイントです。クリームタイプのアイシャドウは自然なラメ感をプラスする事ができますから、肌の透明感をアップできるでしょう。

色黒の方の場合は、ゴールドのカラーが肌に馴染みやすいですよ。またカーキやブラウン系のカラーを使うと自然な仕上がりになります。

【イメージ別】アイシャドウの色を選ぶコツ

仕事やパーティー、プライベートなどでメイクを変化させると、オシャレ度がアップするものです。メイクで印象を変えるには、色選びが重要になりますよ。

女性らしい

可愛らしい女性のイメージにしたい時には、明るい色を選ぶようにしましょう。明るいピンクやグリーンなどの爽やかなカラーがオススメですよ。

大人っぽい

大人っぽいクールな目元にするには、ネイビーやグレーが最適です。あえて鮮やかさを抑えることで、知的な印象を与えられるのです。

ナチュラル

ナチュラルなイメージにするには、肌馴染みが良く優しい発色のタイプがオススメです。ブラウンやベージュなどが最適ですよ。

上品

華やかさもありつつ、大人っぽい印象にするにはパープルが良いでしょう。またカーキも落ち着いた大人の女性の印象を与えたい時に向いているカラーとなっています。

アイシャドウのコツのまとめ

アイシャドウを上手く塗るには、アイシャドウの役割を知ることや、基本の道具を揃えることが大切ですよ。

また、アイシャドウの色を選ぶことはとても大事です。ご自身の肌に適した色、そしてシーン別に適した色をチョイスすることで、メイクの腕を上げられます。

アイシャドウの塗り方を上達させるには、日々の練習も必要ですよ。練習を重ねることで、美しい目元を仕上げられるように頑張りましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!