顔の脂がすごい女になりたくない!顔のテカリと化粧崩れ対策


顔から皮脂が大量に出ることを、油が大量に出ることになぞらえて「油田状態(ただの「油田」とも)」と言ったりするそうです。

せっかくきれいにメイクしたのに、すぐに崩れ去ってしまうほど顔から大量の皮脂が出てしまって毎日大変な思いをしている人はいませんか?

顔の皮脂量が多くなってしまう原因が分かれば、その状態から脱却できる日も近いかもしれません。

今回は女性の大敵でもある過度な皮脂分泌を促してしまう原因と、対処法について探っていきたいと思います。

困った顔のテカリ…どうして起こってしまうの?

きれいなメイクもすぐに台無しにしてしまう顔の皮脂。

額や小鼻がテカって見えて恥ずかしい経験をしたことのある人もいるのでは?

なぜ、顔のテカリやメイク崩れが起こってしまうのでしょうか?

汗と皮脂が1番の大敵!

顔のテカリや化粧崩れを引き起こす原因で主だったものは汗と皮脂です。

皮脂の分泌量に大きな影響を与えているのは、アンドロゲンと呼ばれる性ホルモンで、思春期~成人にかけて多くなり、その後は加齢に従い減少していきます。

女性の場合、1番多く分泌されるのが20代の時期で、月経のあとに訪れる黄体期にも量が増えます。

また、顔の中でもTゾーンと呼ばれる額から鼻にかけての部分の部分の分泌量が増えてしまい、化粧崩れを引き起こしてしまいます。

特に夏場は、皮脂だけではなく汗も大量にかくのでそのせいでメイクの崩れや顔のテカリが起こりやすくなります。

皮脂はどんな働きをするの?

皮脂の働きとはどんなものなのでしょうか?

皮脂は異物が外界から侵入してくるのを防いで、肌の水分蒸発を抑制するための働きをします。

その一方で空気や紫外線にさらされた皮脂は、酸化してしまい肌に思わぬトラブルを引き起こす可能性もあるのです。

皮脂の分泌量が適量の場合、肌に何らかの悪影響があることはほぼないのですが、過剰な皮脂の分泌は脂漏性皮膚炎やニキビなどに代用される肌のトラブルを引き起こします。

これは、皮膚の表面にある皮脂と水分のバランスが崩れてしまうせいで、皮脂を好んで食べる常在菌の増殖により起こってしまうトラブルです。

逆に皮脂の分泌が少なすぎると、肌が乾燥してドライスキンになってしまいます。

これが元で、アトピー性皮膚炎や乾皮症などの皮膚トラブルが起きてしまう場合があるのです。

ひどい顔の脂とサヨナラしたい!皮脂をうまくコントロールするには?

顔の皮脂をコントロールするには、日頃の生活がモノを言います。

皮脂のトラブルを回避し、快適な状態に保つにはどうするべきなのでしょうか?

皮脂をトラブルの原因にしないためにすることとは?

皮脂によるトラブルを防ぐために大切なのは

  • 皮膚を清潔に保つ
  • 物理的な刺激を皮膚に与えないようにする
  • 肌にとって必要な水分と油分を十分に保つように心がけること

この3つです!

スキンケアをするときは、オイリーな肌の専用品や、必要ならニキビ肌用の製品を使ってケアを行うようにします。

皮脂が気になってしまうと、洗浄能力の強い洗顔フォームなどを使って必要以上に力を込めて洗ってしまったり、保湿や紫外線への対策をおろそかにしてしまいがちです。

そんな時でもスキンケアを適切に行い、皮脂と水分のバランスを守り、肌に多大なダメージを与えてしまう紫外線から肌を守ることが大切になってきます。

そうすることで、皮膚が持っているバリア機能を守ります。

日中、気になる皮脂は皮脂のみをティッシュを使い取り除くようにします。

あぶらとり紙を普段から頻繁に使っていると、その刺激が重なってしまうだけではなく、逆に乾燥してしまう原因を作ってしまうのです。

皮脂バランスを正常に保つには?スキンケアの場合

メイクアップに使用する化粧品は毛穴を塞いでしまうので、薄化粧にしましょう。

帰宅したらメイクは早くしっかり落とすようにしてくださいね。

メイク落としでおすすめなのは、オイル、クリーム、ジェルの物です。肌に優しくなじませて化粧をしっかりと浮かせて落として下さい。

洗顔料は肌に優しいタイプのものを使うようにしましょう。しっかり泡立てて顔を包むように優しく洗い、肌に洗剤が残らないようにしっかりすすぐようにします。

皮脂が気になるからと言って強力な洗浄力のものを使用することで、肌に欠かすことが出来ない保湿成分を流してしまい、細胞間皮質なども除去する原因になります。

洗顔後はスキンケアを十分に行うようにしましょう。化粧水で水分を肌に補い、乳液やオイルなどを使い、化粧水で補った肌の水分にしっかりふたをしてくださいね。

皮脂を現認にして保湿をせずにいると、皮脂が過剰に出る原因を作ってしまい、メイク崩れを起こしやすくなります。

皮脂バランスを正常に保つには?日常生活で気を付けること

性ホルモンのアンドロゲン以外にも、皮脂の分泌を多くしてしまう原因があります。

その代表的なものは、生活習慣、ストレス、食事などです。

健康的な肌を守るためには、タバコを吸わない、運動を適度に行う、体を休める、ストレスを溜めない、十分に睡眠をとる、バランスよく食事をすることです。

昔は、チョコレートやピーナッツがニキビや鼻血の原因になるなんて言われてましたよね?

しかし、今はチョコレートやピーナッツとニキビや鼻血の因果関係は明確ではない事が知られています。

ですが、これらの食品は脂肪の主成分になるトリグリセリド(中性脂肪TG)の増加に関わってきます。

糖質や動物性脂肪の取り過ぎは皮脂を増やす元になってしまいます。

取り過ぎには要注意ですよ!

メイクをなるべく長持ちさせたい!どうするべき?

顔の皮脂がすごいと、メイク崩れが気になりますよね。

メイクの持ちを良くして皮脂を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

皮脂を吸収するタイプのメイク下地を使うのがベスト!

メイク下地を皮脂吸収に優れたタイプにチェンジするだけで、過剰な皮脂からメイク崩れをガードすることが出来ます。

皮脂の吸収に優れた化粧下地は、テカリを防止するためにパウダーが含まれています。

そのパウダーが過剰に出た皮脂を吸収することでお肌をサラサラの状態に保ち、肌を乾燥から守るのです。

メイク下地を変えるだけなら簡単ですし、明日からでもすぐに実行出来そうですよね。

これだけであんなに悩みの種だったお肌の皮脂から解放されて、顔のテカリが気にならなくなってメイク崩れが起こらなくなります。

皮脂に強いメイク下地にはどんなものがあるの?

皮脂に強いメイク下地は、実にいろいろなメーカーから発売されています。

その中でもおすすめなのはマキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UVと、ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地です。

どちらも紫外線を吸着する成分を含んでいて、肌への保湿効果も十分にあります。

大量の皮脂に泣かされている、メイク崩れがひどい女子は1度試してみる価値ありですよ!

日常生活の工夫で過剰な皮脂の悩みにピリオドを打とう!

「顔の脂が凄くて油田状態」なんて女性にとっては悩みの種でしかありませんよね。

しかし、そんな泣きたくなるような過剰に出てしまう皮脂も、日常生活をちょっと工夫することで上手くコントロールすることが出来るようになります。

今日から少しずつ、顔の皮脂の気にならない生活を目指してみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!