顔パックの効果を最大限に得るために!適切な使用時間を知っておこう


毎日の肌ケアとして、パックを利用している人は多いですよね。保湿や美白、ハリを与えるものとさまざまなものがあり、肌悩みによって使い分けていることでしょう。

しかし、効果をたくさん得ようとしてパックの時間を伸ばしたりしていませんか?正しい肌ケアを行うには、パックの時間もとても重要なんです。

顔パックの種類はいろいろあります

顔のケアに使うパックはさまざまな種類がありますよね。家庭でよく利用されるものでは、下記のようなものが挙げられます。

  • コットンパック
  • シートパック
  • クレイパック

それぞれのパックを行う上で、とても大切なのが「パックの使用時間」。この記事では、3つのパックについて適切な使用時間について見ていきましょう。加えて、それぞれのパックが持つ特徴と魅力についてもご紹介。

パックの種類別:コットンパックの場合

まずはコットンパックについてご紹介します。これは水を含ませて絞り、化粧水を含ませて作った美容コットンを目の周りやおでこ、頬、鼻など気になる部分に乗せてパックをするものです。

使用時間の目安

コットンパックの使用時間の目安は、コットンを肌に乗せてから2〜3分が目安。使用する化粧水がとろみのあるものであれば5分程度を目安にしても良いでしょう
あまり乗せすぎるとコットンが乾いてしまって肌の水分を奪うので、乾いてしまう前にパックを終了しましょう。

コットンパックの特徴

コットンパックは、毎日使用してもトラブルが起きないほど肌に優しいのが特徴。いつも使用している化粧水を利用したパックなので、肌に合わないということがないのが安心です。

コットンパックの魅力

コットンパックは、手軽という点が最大の魅力。コットンと化粧水さえあればパックができるので、思い立ったときにケアできますし、短時間で肌が潤うのも便利なところです。
また、パック専用のコットンもありますので、コットンパックをよくする人はそのようなアイテムを使うと便利ですね。

コットンパックを使うコツ

コットンパックを行うときには、まず化粧水を顔全体になじませて肌を整えた後にパックをします。このときに、蒸しタオルなどで肌を温めた後にパックをするのもおすすめ。角質層までしっかりと化粧水が浸透しやすくなります。

そして、パックに使用するコットンは、毛羽立ちが少ないタイプのものを選んでください。肌に直接触れるものなので、柔らかく、自分が心地よいと感じるコットンを使ってくださいね。また、パック後には保湿をお忘れなく。

パックの種類別:シートパックの場合

顔全体にのせられるよう、目と鼻、口の部分に切り込みが入ったシートに美容液を含ませているシートパック。こちらも手軽に使えるということで人気のパックです。

使用時間の目安

シートマスクを顔に乗せてから、5〜10分程度が使用時間の目安です。シートパックのパッケージに使用時間の目安が記載してあるので、使う前にチェックをしましょう。

ただし、効果をたくさん得ようとして長時間パックを行うのは逆効果。これは、目安時間以上の時間が経過すると、シートマスクに含まれている美容液の乾燥が始まり、逆に肌の水分を奪ってしまうから。

シートマスクを肌に乗せながらほかの作業をしてしまう癖がある人は、タイマーをかけるなどして十分注意してくださいね。

シートパックの特徴

シートパックというと、顔全体に載せるものが一般的ですが、目の下やほうれい線など、部分的に使えるものが充実しています。ですから、届けたい部分にピンポイントで美容成分を届けてあげることができます。
それに、「美白」「ハリ」「保湿」と種類も多いのも特徴。ドラッグストアに足を運ぶと、非常に多くのシートパックが販売されているので、自分の肌悩みに応じたパックを行えるのも嬉しいところです。

シートパックの魅力

パックにあらかじめ美容成分が染み込ませてあるため、手軽に使える点が魅力的ですよね。大容量のものも販売されていますので、日々のケアに愛用している人も多いのではないでしょうか。
また、小包装で手軽に購入できるシートパックも多く、さまざまな種類を試すことができるという点も魅力的。

シートパックを使うコツ

シートパックを行う際に、「プラスα」のケアをしてあげるのもおすすめ。
例えば角質を取り除くピーリングを行った後にシートパックを行なったり、シートパックの上からラップで包んだ蒸しタオルを乗せて温熱効果をプラスしたりするのも良いですね。

また美容効果をより高めるために、シートパックの後に手を抜かず保湿ケアを行ってください。パックしたから大丈夫、と思わずにきちんとケアをすると、効果がかなり違ってきます。ですから、パックを行うことで与えた美容成分を逃がさないように、お肌に蓋をしてあげることが大切。乳液やクリームで潤いが逃げないようにしっかり閉じ込めましょう。

パックの種類別:クレイパックの場合

最後に、クレイパックについてご紹介します。クレイとは泥のこと。泥に含まれる成分を利用して美容効果を得るものです。

使用時間の目安

クレイを顔全体に塗ってから、放置する時間は最大で15分ほどが目安ですが、季節や空気の乾燥具合でパックが乾くまでの時間が変わってきます。ですから、「15分」は一応の目安としておき、クレイが乾燥してきたら優しく洗い流すということを覚えておきましょう。

クレイを塗ってからの時間が長すぎると、ほかのパックと同様に乾燥しすぎてしまうことがありますから注意してくださいね。

クレイパックの特徴

クレイパックで使用するクレイとは、粒子が2ミクロン以下の粘土のことで、これを乾燥させてパウダー状にさせたものをパックに使用します。このクレイは、毒素や細菌などを分解して排出する、いわゆるデトックス効果や、毛穴の汚れや皮脂をきれいにする効果のあるミネラルが豊富なものとなっています。

クレイパックの魅力

パックに使用するクレイは吸収・吸着力にとても優れているものなので、皮脂や老廃物のほか、アレルギー物質などの細菌を吸い取る働きがあります。
ですから、クレイパックを行うと、お肌や毛穴の汚れを除去してくすみをケアしてくれるために顔色が明るくなるという嬉しい効果が期待できます。
また、汚れを吸着してくれるので、小鼻の黒ずみで悩んでいる人にもおすすめ。

クレイパックを使うコツ

クレイパックは産地や色で成分や効果に違いがあり、種類がとても豊富です。
ですから、皮脂が気になる人は脂肪物質を取り除けるクレイを、乾燥が気になる人は保湿成分が高いものを、というように肌の悩みにあったパックを選ぶのが効果を得るためのポイントです

また、使用する際にはクレイと肌を密着させることが高い効果を得るために大切なこと。使用するときには顔の水分をしっかりと拭き取った上で使うようにしましょう。

使用時間を守ることが、美肌への近道です

3つのパックについてご紹介してきましたが、共通して言えることは「使用時間をきちんと守るのが大切」ということ。長時間パックすればその分肌が美しくなる、というわけではありませんので、きちんと使用時間は守るようにしてくださいね。そして、肌に合わないと感じたらその時は少しお休みして、様子を見ながら肌をケアしてあげましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!