顔やせは自分でできる!表情筋を鍛えてすっきりフェイスに


顔が大きくなってしまうのは、もともとの骨格の問題だけではありません。女性は顔にお肉がつきやすいだけでなく、加齢による、新陳代謝の低下でむくみやすくなります。

その上、顔を動かさない生活をしていると、顔の筋肉が衰えてたるみ、ぜい肉がつきやすくなってしまうのです。顔はやせにくいといわれますが、そんなことはありません。顔に特化した方法がいくつもありますのでご紹介します。

表情筋を動かして筋肉を鍛えよう

顔には30種類以上の筋肉があり、日本人はそのうち30%しか使っていないと言われています。
これは表情筋と言われていて、身体の他の筋肉と同じで、使わないと衰えていきます。顔の筋肉が衰えるから、頬がたるんだり、二重あごになったり、ぜい肉がついて大きな顔になってしまうのです。

顔やせをするには、顔全体の筋肉を動かすことです。

顔全体の筋肉を簡単に動かそう

顔全体をストレッチする方法があります。

  • 顔の中心に向かって顔をすぼめさせる→目や口を開け顔の筋肉を伸ばす
  • 決して強くなくてもいいので、これを五回ほどやります。リンパの流れも良くなります。

  • 大きな口で「あいうえお」を数回行う。
  • 鏡の前で笑顔チェック。口角筋を上げましょう。
  •  

表情筋トレーニングはやめてしまうと戻ってしまいますから

簡単なことを毎日やれるのがいいですね。 

フェイシャルフィットネスパオを使う

表情筋のトレーニングは、自己流オリジナルで行いやすいですが、顔を動かせばよいわけではないものです。ついつい力を入れてしまいがちになるので、誤ったトレーニングで顔を痛めないことが大事です。

ですので、しっかり効果を出したい!という方にはこの器具がおすすめです。
表情筋を鍛えることを研究されて作られたフェイシャルフィットネスパオ。

バーを口にくわえて、首を振ると、サイドのウェイトが物理的に振動する器具です。

この器具を使われたら間違いありません。
なぜなら表情筋が鍛えられることが科学的に証明されている商品だからです。

毎日のパオ運動で、ほうれい線、フェイスライン、口角を改善し、若々しい印象を約束してくれます。

リンパマッサージで老廃物を流そう

リンパは、血管と同じように体中を張り巡る組織で、老廃物や余分な水分を流して、体内をきれいにしてくれる働きがあります。

顔のサイドにもリンパが通っていますが、表情筋が動かされず、衰えて、コリがたまると、顔のリンパが滞り、老廃物、余分な水分が流れず、むくんでしまいます。

むくみを放置するとフィエスラインがぼやけたり、頬がたるんだりして顔が大きくなるだけでなく、ほうれい線も目立ってきます。

リンパのポンプは筋肉が担いますから、表情筋が動かないと、リンパは流れません。自分で流さないと老廃物は流れないのです。

大変そう……なんて思うところですが、顔のリンパは、皮膚のすぐ下にあるので、さするだけで流れます。とても簡単なのです。

ひとつ大事なことは、順番を守ることです!

顔から鎖骨にかけてマッサージ

顔のリンパは、耳の下を通り、首を通り、鎖骨へと流れていきます。リンパマッサージは、このリンパの流れに沿うことで効き目があります。

  1. 首の前に両手をやり、鎖骨までさする
  2. あごに両手を添えて左右のフェイスラインを耳までさする
  3. 鼻や口元に両手を添えて、耳までさする
  4. おでこに両手を添えて真ん中からこめかみへさする
  5. 最後に耳から首を通り鎖骨へさすって老廃物を流します。

鎖骨はリンパ液が集まる重要な部分ですので、最後の工程は大切です。
各五回ほど繰り返すといいです。決してやり過ぎてはいけません。
マッサージオイルやマッサージクリームをつけてから始めましょう。

疲れた時は道具に頼ろう

お手頃なマッサージグッズがたくさん売っていますが、買って損なしのおすすめがこちらです。

  • かっさ
  •  
    かっさはプレートで、マッサージオイルやマッサージクリームを塗った顔の上を滑らせます。かっさを使うと、顔がゴリゴリとなるとことがあります。老廃物がたまったコリを見つけて、流していけるのです。

  • リファ
  •  
    高級感あふれるリファは、フェイスラインにはまって気持ちよく流せますし、首や鎖骨もマッサージしやすいです。なによりもエステシャンの手でやってもらっているかのような心地よさを味わえます。

今は、かっさとリファの合体型、リファカッサが売られています。これは鬼に金棒の素晴らしさですね。

顔やせにとって、顔のケアは毎日かかせないことですから、素晴らしい道具を持っていると心強いですね。少し高価ですが、一生ものですから、これを機にご検討されてみてはいかがでしょうか。

顔まわりのツボを押そう

顔にはたくさんのツボがありますが、顔やせに効く有名なツボをご紹介します。

むくみに効く ツボ

  • 欠盆(けつぼん)
  • 鎖骨の中央のくぼんだ所にあります。リンパの流れ込むところです。リンパマッサージをする暇がないときは、鎖骨や首をさすって、欠盆を押して刺激してあげるだけでも、顔のむくみはずいぶん違います。顔をすっきりさせるには、鎖骨はとても大事です。

  • 「地倉」(ちそう)
  • 口の端、ほうれい線上にあります。人差し指の腹で上に向かって押します。フェイスラインのたるみ、ぜい肉の解消、ほうれい線も解消されます。

二重あごに効くツボ

  • 頬車(きょうしゃ)
    下あごのエラと耳の間にあります。歯を噛みしめると盛り上がり、口をあけるとくぼむあたりです。フェイスラインを耳の方までさするついでに押すと良いですね!引き締めが期待できます。
  • 上廉泉(かみれんせん)
    あごの先の真下の少しくぼんだ所にあります。親指の腹を使い、あごを上げて首を伸ばして押したり、頬杖をつきながら押したりします。代謝が上がり、リフトアップ、二重あごに効果があります。

むくみやたるみがとれ、二重あごが改善されると、顔の印象が変わってきますね!

バランスよく顔のむくみケアをしよう

顔の表情筋を鍛え、ツボを押しつつ、リンパマッサージをすることで、顔やせに効果がでるでしょう。
全てできない日があっても、どれか一つだけやれる日があってもいいですし、お風呂でのんびりやれる日もあるでしょうから、気負わず構えずにいきましょう。継続は力なり!すっきりした清々しい顔を目指して努力を続けましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!