ファスティングダイエットで痩せる!その効果と正しいやり方


ファスティングとは断食のことです。断食すればそれは体重が減るのは当たり前と思いますよね。学生のときとりあえずやってみた、一番不健康なダイエットの代表でしたよね…。

よくやっていたのは、ご飯全く食べずに体重を減らして理想体重になれば解放!というやり方でした。

ファスティングダイエットはまず準備期間は準備食を食べて、ファスティング数日、その後回復食を数日食べるという、胃を徐々に断食にならし、その後食事に慣らしていくというやり方です。

ファスティングの間は酵素ドリンクと水分をたくさんとり普段働かせっぱなしの胃腸を休め、体内の毒素をデトックスしていきます。酵素ドリンクを飲んでいることで、新陳代謝を高めて脂肪燃焼効果を上げているのです。

断食って不健康なイメージでしたが、やり方を守って行えば体内の毒素を大幅にデトックスできて体の不調をリセットすることができるんです!

ファスティングダイエットの効果

ファスティングダイエットの効果はダイエットだけではなく、体の中がデトックスできるので、嬉しい効果がたくさん!

ファスティング三日※(断食3日 回復食4日)
日頃の疲れ、肌のキメが整う、軽度の肩こり、軽いデトックス。
ファスティング一週間 (断食一週間 回復食一週間)
記憶力アップ、体力アップ、集中力アップ、軽い冷え性改善
ファスティング二週間(断食二週間 回復食二週間)
軽い皮膚病、アレルギー性鼻炎改善、中程度の冷え性改善、花粉症改善、副鼻腔炎改善、蕁麻疹改善、腸のトラブル(下痢、便秘、痔)改善、中程度の偏頭痛改善、中程度の肥満改善
ファスティング三週間 (断食三週間 回復食三週間)
皮膚病(アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性白斑)改善、非インシュリン型糖尿病、血の道症(動脈硬化、高血圧)改善、慢性消化器官の炎症改善、ベーチェット病改善、メニエール病改善、不妊症含む子宮の病気改善、重度肥満症改善

☆仕事や家庭の事情があって長期間ファスティングできない方が多いですよね…。※の短いファスティングを何度も繰り返すことで同じ効果が得られます。

☆一週間以上のファスティングは完璧に食べないわけではなく、1日のうち一食を酵素ドリンクに置き換え、一日500kcalの食事に抑えて行います。長期間のファスティングは医師の指導のもと行ってくださいね!

ここに書いた効果以外でも、「五感が鋭くなり、免疫力が上がった!寝つきが良くなって起きるのも楽になった。」という方が多く、病みつきになるみたいですよ!

ファスティングダイエット具体的にどうするの?

ファスティングって苦しいイメージですよね…実際、夕方の空腹が一番苦しいって言われる方がほとんどです。しかし、終わった後の達成感や、実感する効果は癖になるみたいですよ!

ファスティングダイエットの流れ

まずはファスティング(断食)する日にちを決めてスケジュールをたてます。ファスティングの日数にあった日数、回復食も割りあてます。

準備食→ファスティング→回復食

これがおおまかなスケジュールになります。

オススメのスケジュール
ファスティングの日数は本来なら断食6日がオススメ。ネットに載っているやり方だと3日が多いんですが、
3日までは腸内に残ってしまっているものの消化をするところで終わってしまいます。

大事なのは四日〜腸内に残ったものがクリアになって、いよいよ体内のデトックスが始まります。始まった途端やめてしまうのはもったいないので6日間、これがオススメの期間になります。

しかし、初心者にはいきなり6日だと体が慣れてないので医師の指導がある状態なら安全ですが、低血糖などの症状がでて危険なこともあります。自己流でいきなり6日は厳しいです。まずはプチ断食で3日から始めてみましょう!

実践!ファスティングダイエット

まずは準備からみてみましょう!

酵素ドリンクってどういうものを選べばいいの?

各社いろんな酵素ドリンクがでていますよね。酵素ドリンクを名乗るのに基準がないので、しっかり原材料をみて選ぶことが大事です。

果糖液糖など、糖分がほとんどで酵素はほとんど入っていないものもあります…。せっかくファスティングする意味がなくなってしまいます。

原材料名に糖分が書いてないものをえらびましょう!

準備食の期間

余裕をもって、準備期間は一週間とれるとベストです。というのも、ファスティングというのは思いの外辛く、固形物を食べられないことに耐えられない人も…。

準備食を一週間食べ続けることによって、ファスティング期間の効果を高めるだけではなく、胃を小さくして食べられない辛さを抑えることができます。

またこの間に空腹がでたときは水をとる癖をつけましょう。空腹感に脳も慣れていきますし、水分が老廃物を流してくれるので、新陳代謝が活発になります。

しかし、これもまた大変な食生活なので、続けられない方は準備食は最低二日間行いましょう。

準備食で食べていいもの

「まご(に)や(さ)しいわ」
まめ、ごま、発酵食品(納豆、漬物、味噌など)、野菜、きのこ、芋、海藻
炭水化物
米も白米よりは玄米、麦ご飯がベターです。お腹を膨らますのにお粥も◎です。

食事は食べていいものを基準にメニューを決めて食べましょう!

食べてはいけないものは美味しいものばかりなので辛いですが、ここをしっかりがんばることでファスティングが少し楽になります。

準備食で控えるもの

動物性蛋白質(出汁は大丈夫。固形の肉魚はNGです)
乳製品
砂糖、お菓子、甘いもの
カフェイン
アルコール
小麦粉

ファスティングダイエット、ファスティング中に気をつけること。

いよいよ、本番のファスティングです。酵素ドリンクは意外と美味しいものが多いですし、完璧なファスティングではなく、ビタミンやミネラル、糖分を摂取しながらできるので、続けやすいです。がんばりましょう!

行う日
新月はデトックスしやすくなると言われています。新月の日を狙って行うといいんですが、それよりオススメなのは、仕事のない休日に設定することです。主婦の方だと家族のいる休日はやりにくいので、一人の時間が多い平日に設定しましょう。ただでさえ辛いファスティング期間に他の人が食べているところ見たくないですよね。
水分をたくさん摂る
1日2リットルを目標に、こまめに水分摂取してくださいね。新陳代謝をあげたりデトックス効果を高めてくれます。
酵素ドリンクを飲むタイミング
1日の量を10回に分けて飲む人もいれば、80ml程を食事のタイミングで摂る方もいます。自分に合う飲み方でOKなので、しっかり摂ってくださいね。
空腹感
空腹感を感じたときは、水分を摂りましょう。最初は慣れないかもしれませんが、慣れてくると空腹感が収まってきます。
低血糖
食事を取らないため、ふらふらするようなことがでてきます。そのときは酵素ドリンクを多めにとって様子を見るか、ひどいようなら飴をなめて低血糖を収め、医師の診断を受けてください。
アルコール、たばこ
デトックスする意味がなくなってしまいます!内臓を休めるためにも控えてくださいね。

ファスティング期間 回復食

ファスティングが終わって、お疲れさまでした〜!と言いたいところですが!ファスティングダイエットの肝になるのがこの回復食だったりします…!

ここを失敗するとリバウンドや病院のお世話になることもありえますので、体をゆっくり元の食事にもどしてあげる。この期間こそ緊張感をもって頑張ってください!

ファスティングがおわると新品のスポンジのように栄養を吸収してくれます。とくに糖分などは待ちわびているものなので、血糖値がいつもよりも急上昇してしまいます。

お粥が有名ですが、実はお粥は糖質で消化吸収がとてもいいので血糖値が急上昇しやすいです。このため、血糖値スパイクに陥ってしまい、食欲が止まらなくなりいきなりたくさん食べてしまう…。食欲に負けてしまうのは意志が弱いわけではないんです。

回復食〜3日までのお勧めメニュー
低GI、食物繊維、ビタミンミネラルが高く、淡白質、適度な脂質な食べ物がお勧めです。といっても、固形の肉や魚はまだやめてくださいね。

準備食の炭水化物を抜いたもの。がお勧めです。

食べていいもの

「まご(に)や(さ)し(い)わ」
まめ、ごま、発酵食品(納豆、漬物、味噌など)、野菜、きのこ、海藻

カツオ煮干し昆布などのお出汁、鶏ガラなど肉のお出汁

どうしても甘いものが欲しい時は、酵素ドリンクかフルーツを少量とりましょう。

あとちょっとで回復食が終わります。ここからは、炭水化物が解禁されますが、低いGIのものを選んで食べていきましょう!

回復食4日〜の食事メニュー
できるだけ先延ばしにしたほうがいいものを避け、ゆっくり体を元の食事にもどしていきます。赤ちゃんがまずお乳から始めて離乳食を順に食べていくイメージだとわかりやすいかと思います!

三日までに野菜の離乳食を食べ始めているようなものなので、魚など和食から始めていきましょう。白米よりは血糖がゆっくり上がる、玄米ごはんや麦ごはんがオススメです!

先延ばしにしたほうがいいもの。
砂糖などの糖分
カフェイン、アルコール
小麦製品
揚げ物

ここまでこれば、手放しで終了宣言できます。「お疲れさまです!よく頑張った私!」と自分を褒めてあげてください!

「ファスティングダイエット」ダイエット効果も高いし、お肌もきれいになる!

食べるのが甘いものが、大好きで断食なんて絶対にできない…!そんな風に思う人は私だけではないはず。しかし、その食生活で体を錆びさせているのもまた事実なのです。

ファスティングをして調子がよくなるのはそれだけ体をいじめてしまっていた証拠です。たまに体をリセットしていつまでもきれいでいたいですね!

意志の強さが試されるところも勿論ありますが、準備期間を長くとったり、回復食の内容でコントロールもできますので是非試していただきたいな!と思います!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!