疲れが取れないと感じたら。30代女性におすすめの疲労回復法

女性は疲れやすいタイミングや女性特有の不足しがちな栄養素が男性とは大きく違うところがあります。「自分だけ?」と思わずとも多くの女性が30代頃から疲れやすいと感じる時期もあるようですのでご安心ください。

30代女性は20代の時と違って身体面で不足する栄養もあり、社会的にも責任感や生活面の環境も大きく変わっていく節目を感じています。

周りの人がスッキリすることではなく自分に合った疲れを取るスッキリ方法を知りたくはありませんか?疲労の原因を確認して身体だけでなく心も元気を回復することのできるオススメ方法をご紹介します。

30代の疲れが取れない原因

「20代の時となんだか疲れ方が違う・・・」そう思っている女性は年齢と共に部分的に疲れやすいポイントや生活習慣も変わっていることが多いようです。年齢を重ねる症状だけでなく毎日の過ごし方にも原因があるようです。最近疲れやすいな・・と気づいた人はぜひチェックしてみてくださいね。

溜まったストレス

30代に突入した女性は育児を行う人も増える家事の忙しさや日常の仕事を両立することにストレスを感じたりすることも多いようです。精神面で溜まったストレスは身体にも不調を及ぼすことが多いのですが、知らない間に溜まってそのままにしている女性も多いようです。

特に仕事場や家庭での「30代なんだから・・・」という周りからの過度な期待が心の負担になっていることも多いそうです。

睡眠不足

慢性的な疲れの原因で30代女性が自覚している原因の第一位は「睡眠不足」です。

毎日忙しくて十分な睡眠を取ることができない、眠る時間までギリギリ活動している女性も増えてきて、責任感や仕事量などで意識しているけれどなかなか睡眠時間が取れないことや、早く床に着いても明日のことや不安で眠れない・・という人もいます。

仕事が忙しい

今では社会に進出している働く女性が増えています。そんな中、30代になると責任感や後輩への配慮、1人でこなす仕事量も年齢とともに増えていくので忙しさから疲れやすいと悩む女性も多いのが現状です。

運動不足

忙しいキャリアウーマンや主婦の人に共通するのが「運動不足」ではないでしょうか?

実際に毎日の生活サイクルの中ではどうしても運動時間を取ることや身体の疲弊から運動することをあきらめてしまう人も多いようです。

また、適度な運動量が具体的にわからないので続けにくいという人も多いそうです。

20代と30代の心身面の変化

20代よりは疲れやすくなった、痩せにくくなった・・・そう思う人は体質や心の変化が原因かもしれません。

女性は特に35歳くらいから「ホルモンバランスが崩れやすくなることで体調不調や疲労しやすくなる」と言われています。20代に無理なダイエットや食事制限・ストレスを溜め込んでいると30代になるにつれて月経が遅くなったり風邪をひきやすくなるので注意が必要です。

ホルモンバランスが崩れてくると20代の時よりも体型が保ちにくくなったり体力が続かなずにイライラしたりすることが多くなります。

疲れを溜めやすい生活習慣

毎日の生活習慣は人によって様々ですよね。毎日自然にやっていることでも、それがクセになっていつの間にか疲れを身体や心に溜めやすくなっていませんか?疲れやすくなっている人に特徴的な生活習慣をご紹介します。

「喫煙」や「睡眠不足」は疲れを溜めやすい大きな原因になります。
過度な喫煙や短時間睡眠は女性ホルモンのバランスを崩しやすく、戻りにくくなってしまうので習慣になっているクセを見直してみるのはいかがでしょうか?

食事方法では、「朝食抜き」や「糖質の過剰摂取」も疲れやすいと言われています。
特に糖質は様々な食品に含まれていますが、刺激物やパン・イモ・白米などは多く含まれているので食べ過ぎには注意してくださいね。

疲れが取れやすくする元気方法

ここでは毎日の生活の中でも疲れを取りやすくするリラックスする元気方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

生活習慣編

普段家にゆっくりいる時間よりも仕事場や買い物など家事に追われる外の方が長く過ごしているので、たまには家でゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

普段読んでいない読書を数ページずつしてみたり、簡単な筋トレやマッサージで固まった筋肉をほぐしてあげると、身体に余裕が生まれてリラックスすることができるのでオススメです。

また、週に2~3日は早めに自宅に帰ることやお気に入りのお店に行くことも場所を変えることでストレス軽減に繋がるのでオススメです。

食べ物編

30代女性の食事で特徴的なのが、20代では「スイーツ」で気分を上げたりしていましたが、それが「お酒」の割合が多いということです。

そこで、「お酒+フルーツ」か「お酒+カカオチョコレート」をご提案します。フルーツにはお酒のアルコールを分解する力があることや、カカオ成分70%以上のチョコレートにはポリフェノールが豊富なので女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

また、乳製品やアボカド・豆類・肉類には睡眠ホルモンを分泌させたり自律神経を正す成分が豊富に含まれているのでメニューに加えることをオススメします。

運動編

運動と聞くと激しいイメージを持っていませんか?1日に平均して女性だと約6000歩を歩いていると言われます。目安は10000歩なのであと30~40分ほど歩くことをオススメします。

他にも自宅でできる簡単なマッサージや筋肉を伸ばす体操を行うことで、リラックスしながら適度に運動することができます。睡眠は適度な疲れによって安眠に繋がるので、身体の疲れは少しあった方が眠りやすいのでオススメです。

やらないといけない!という使命感よりもリラックスして身体を大きく動かすことから始めることが続けやすいポイントになります。

ストレス編

毎日朝起きて過ごす中で、身体のストレスより人間関係や不安になって自律神経が乱れるなど、精神的なストレスの方が大きくなっていませんか?

思い込みや悩みは身体だけでは取ることができないので、毎日「自分時間」を作ることをオススメします。

眠る前にノンカフェインのハーブティーやお風呂のバスソルトを入れてみたり、部屋をアロマで満たしてあげることで精神のリラックス状態をできるだけその日中に長く取ってあげてください。

心のデトックスをすることは、身体のデトックスにも繋がります。

リラックスしながらも自分磨きの行動美人を目指しましょう

毎日の生活習慣はなかなか治すことは難しいかもしれませんが、疲れが長続きせずにスッキリする自分磨きとして少しずつ始めてみるのはいかがでしょうか?

習慣ははじめの1歩が大切と言われます。ぜひ心身共にその日のうちに元気になれる行動美人になってみてはいかがでしょうか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!