足が臭いのは靴が原因かも!靴を洗わずに臭いを改善する方法


例えば飲み会で靴を脱いだ時、家に帰ってブーツを脱いだ時、足の臭いが気になりませんか?そんな人は、ちょっと靴の臭いを確認してみましょう。

靴自体に臭いがついてしまってはいないでしょうか?一度気づいてしまうと、「今、臭ってないかな」と気になってしまう靴の臭い。どうにかできないものでしょうか。

靴の臭いが気になるのはなぜ?

靴にあの嫌な臭いが発生してしまう原因はどうしてなのでしょうか?その原因を知ることから始めましょう。

足の臭いが発生するメカニズムを知ることから

靴を脱いだときに感じるあの嫌な臭いは、まず「汗」が原因のひとつ。
足の裏にはとてもたくさんの汗腺が存在しているので、体の中でも汗をかきやすい部位。なんと1日で約200ml、およそコップ1杯分もの汗をかくと言われているんです。

この汗を放置しておくと皮膚にいる常在菌によって分解され、嫌な臭いが発生すると考えられています。

また、足の裏は体重を支えるために角質層が体の中で最も厚い部分でもあります。皮膚表面にある不要な角質は代謝や摩擦によりアカとなって剥がれ落ちてくるのですが、足の裏は角質層が分厚いのでアカの量も多くなりがち。

剥がれ落ちたアカは汗と同じように常在菌によって分解され、臭いにつながることがあります。

「ストレス」も足の臭いの原因に

足の臭いは、体のコンディションも非常に大きな影響を与えるもの。特にストレスが溜まっている場合は足の裏に汗を書きやすい状態。
ですから、ストレスを受ければ受けるほど足の裏に汗をかき、臭いの原因となってしまうのです。

足の臭いが発生すると、靴にも臭いが…

足の臭いが発生する原因はこれまで説明してきた通りですが、この臭いが発生すると、靴や靴下に臭いが移ってしまうことも。いわゆる「靴が臭い」という状態になります。

ただでさえ足は靴や靴下で常に覆われていますから、通気性はあまりよくありません。さらに足の温度も上がるので汗もかきやすくなりますし、その汗は靴の中にこもりがちになって「蒸れ」が発生してしまいます。

さらに悪いことに、汗や角質を分解して臭いを発生させる常在菌は、高温を好む性質があります。

靴の臭いをなくすためにできること

では、靴の臭いをなくすにはどんなことができるのでしょうか。一番いいのは「靴を丸洗いする」ということですが、なかなか難しいこともありますよね。
特に革製品などは気軽に洗うことができませんので、日常的にできる対策をいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

同じ靴を続けて履かない

毎日同じ靴を履き続けていませんか?1日中履き続けた靴は、水分や湿気がしっかりと溜まってしまっている状態。
しっかりと乾燥させるには、最低2日は必要であると言われています。靴を休ませることも、消臭ケアのひとつ。

同じ靴を履き続けることは、湿気が取りきれないままさらに新しい湿気が蓄積されていきますので、当然臭いの元になります。

靴の素材を変えてみる

ゴム製や合皮の靴は、天然素材で作られた靴よりもどうしても通気性が悪くなります。
靴の臭いが気になる場合は、通気性の良い素材にこだわって靴選びをするのも効果的かもしれません。

中敷を入れる・交換する

消臭効果のある中敷を使うのも、靴に足の臭いが染み付かないために効果的な方法です。中敷が足の裏にかいた汗を吸収してくれますので、靴に臭いがつきにくくなるのです。

なお、中敷も靴と同じように「使ったら乾燥させる」ということが臭いを残さないために必要な方法。1日使った中敷は乾燥させてからまた使うようにすると臭いを防ぐことができるでしょう。

サイズの合った靴を履く

サイズが小さい靴を無理やり履くのも、実は臭いが発生する原因。ですからサイズが合った靴を選ぶのも非常に重要なことです。

小さい靴は足を無理に圧迫してしまうので足の裏の汗が増えますし、なにより靴の通気性が悪くなることが臭いが発生する原因。ですから、無理をして小さなサイズを履かないようにしましょう。

逆に大きな靴も、脱げないように余計な力が足に入り、汗をかきやすくなります。どちらにしろ、サイズが合った靴を履くことが大切ということですよね。

靴を殺菌・消臭するアイテムを使ってみる

例えば消臭スプレーなど、靴の中を殺菌・消臭できるアイテムを取り入れるのも良い方法。靴を乾燥させるとともに、雑菌・消臭してあげることで快適な靴の状態を保つことができます。

靴下やストッキングの素材にもこだわってみる

足の臭い対策のためには、靴下も重要なポイント。パンプスを靴下やストッキングなしで履いている人はすぐに改めましょう。また、安いからといって化学繊維の靴下を選ぶのもあまりよくありません。おすすめは絹・麻・綿・ウールといった天然素材です。

また、ストッキングについては天然素材のものを選ぶのは難しいので、足の裏部分が綿素材になっているものを選ぶと臭いが抑えられるでしょう。

靴の臭いを予防するためには

そして、毎日の生活の中でできる「靴の臭いを防止する方法」をご紹介します。毎日少しずつの心がけで、靴の臭いは劇的に減るはずですから、面倒がらずに続けてみてください。

足を「きちんと」洗う

まずは、正しい足の洗い方をマスターして、臭いが発生しにくい足にすること。
毎日のお風呂の中でささっと洗って済ませている人は、今一度足の洗い方を見直してみる必要があるかもしれませんね。

特に足の指の間など、細かいところに残った汚れが足の臭いの原因となることがありますので、しっかり洗い流してあげることを心がけてください。ブラシを使うのも効果的です。

ちなみに、ボディソープよりも石けんの方が、余計な保湿成分が入っていないためにスッキリ洗えると言われています。

爪のケアをきちんと行う

最初に挙げたように、爪の汚れも臭いが発生して靴に臭いが移ってしまう原因に。
ですから、爪が伸びすぎないようにチェックしたり、爪の間に汚れが溜まっていないかをお風呂上がりにチェックする習慣をつけましょう。

そうすることでかなり臭いの発生を抑えられるはずです。

帰ってきたら靴の湿気を取る

臭いを防ぐには、靴の中の湿気をなるべく少なくすることが大切。

家に帰ってきたら、乾燥剤などを靴の中に詰めておきましょう。乾燥剤がなければ丸めた新聞紙を入れるようにすると、靴の中に溜まってしまった湿気を吸ってくれるんです。

簡単にできるのに非常に効果的な方法なので、毎日心がけると良いでしょう。

休みの日は靴を干す

休日には、風通しの良い場所に靴を陰干ししておくのも効果的。溜まった湿気がかなり取れるはず。
ベランダにおいておくだけでも違いますので、気付いたときに行ってみてくださいね。

こまめに靴と足のケアをすることが大切です

実は多くの女性が悩んでいる靴の臭いについてご紹介してきました。ちょうど今、臭いに悩んでいる人は、ご紹介した原因に心当たりがあるのではないでしょうか?靴の臭いは一朝一夕で改善するものではありませんが、正しいケアを心がけていれば徐々に減っていくもの。できるところから対策を始めてみてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!