自分でできる指毛の処理方法。これでいつ手を見られても大丈夫!


指毛は、生えていても気にならない人と、必ず処理をしている人と、大きく分かれるところです。

今まで生えていて気にしていなかった人も、誰かに指摘されたり、改めて気になってきたりしたら、処理をしてみるといいですね。

しかし、指毛の処理って、あまり聞いたことがありませんから、どうやるのかをこちらでチェックしてみてくださいね。

毛抜きで抜く

お手軽にできますが、ちょっと痛そう、でも毛抜きが楽しい、毛抜き派の人はわりといるのです。
しかし、指毛を抜くたびに毛穴はダメージを受けています。
いつも毛抜きで抜いていては、指の毛穴が黒ずんで目立ってしまいます。

指毛を抜く前に、蒸らしタオルで毛穴を開かせて、毛穴のダメージを抑えたり、毛抜きの回数を減らして他の方法も試してみたりと、工夫するといいですね。

T字カミソリで剃る

お手軽にできますが、毛と一緒に角質も剃れてしまいます。
カミソリで、処理をすると、根元から抜くわけではないので、伸びるのも早いですから、カミソリを肌に当てることが多くなります。

T字カミソリに何もつけずに剃っては肌を痛めます。

ですので、風呂のついでに石鹸やボディソープをつけて指毛を剃る方が多いでしょうが、シェービングクリームを塗ってから剃る方が、お肌を痛めません。剃った後は化粧水をつけて保湿をして、ケアしてあげましょう。

フェイスシェーバーで剃る

眉毛や、鼻毛、うぶ毛などを処理する、フェイスシェーバーを持っていれば、それで指毛も剃る人も多いです。

T字カミソリよりも、肌を傷つけず、安全で優しい肌当たりです。

さらに、電気シェーバーというものは、何もつけずに剃れるようにもなっていますので、手間がかからず、早い、お手軽さがあります。レディース用や、コンパクトでかわいいデザインのシェーバーもあり、いつでもバックに入れて持ち歩くことができます。

指毛処理クリームを塗る

指毛にクリームを塗り、ふき取ると指毛がなくなる、という、指毛処理クリームもあります。
これは便利ですね、外出中でも気がついたときに、トイレの中などで指毛を処理することができます。

しかし、注意することは、低刺激といえども、指毛を溶かす除毛クリームですから、肌の弱い人には、刺激があるかもしれません。

また、人によっては、効果がない場合もありますので、使ってみないとわからないところがあります。

家庭用脱毛器を使う

家庭用脱毛器で、一般的なのは、光を照射する技術で脱毛させる光美容器、光脱毛器です。
定期的に使い続ける過程で、ムダ毛が薄くなっていき、少なくなっていきます。

指毛は、身体のムダ毛の中でも、毛が細く少量ですので、処理がしやすいでしょう。チクっとした痛みを伴いますが、慣れれば気にならないものです。

高価なものですが、一つ持っていれば、身体全体のムダ毛を脱毛できますので、購入してみる価値はありますね!
説明書をよく読んで、安全に使っていきましょう。

脱毛サロンへ行く

脱毛サロンでは、指毛をお手入れしてくれます。基本的には手の甲もセットになります。

これまで、毛抜きやカミソリで処理を続け、毛穴が黒くなって目立ってしまっていた人も、脱毛サロンの手にかかれば、毛穴を引き締め、美しく脱毛してくれます。

家庭用脱毛器を使って自分でやるよりも、脱毛効果は期待できますし、痛みの面では感じにくく、ケアの面でも、安心感があります。

指毛のコースは、6回~10回が基本で、指毛がなくなるまで、1~2年です。その間、回数の調整や、カウンセリングなどを受けてやっていきます。脱毛サロンは、あらためて探せば、どこの市内にも割とある、身近な存在ですので、通いやすいでしょう。

美容皮膚科でも脱毛できる

美容皮膚科での脱毛は、医療脱毛というもので、医師の診断の元で脱毛を受けられます。
医療用レーザー脱毛の施術となり、ピリとした痛みを感じるようですが、スピーディに高い効果で、平均的には約1年で脱毛できます。脱毛サロンに通うよりも、施術回数が少なく済むので、金額の面では通院の計画が立てやすそうです。

指毛の処理をきっかけに

気にいった方法が見つかったら、さっそく指毛処理をしてみましょう。指毛のない手は、また気分も新たに気持がいいものです。人に手を見られる場面でも、指毛のストレスはありませんから、とても気が楽になりますね。

そして指毛の処理をきっかけに、ネイルや指輪のオシャレがますます楽しくなるかもしれません。
シェーバーや、家庭用光脱毛器デビューをしたり、脱毛サロンや美容皮膚科に行ってみたりすることで、今まで気づかなかった美容面での出会いがあるといいですね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!