足が臭い原因と対処法。いつでも靴を脱げる足になろう!


仕事が終わった後など、足のニオイが気になる女性は多くいます。ただ、なかなか悩みを誰かに相談できずに、辛い思いをしている人も多いはず。

足のニオイは、原因によって対処法が違ってきます。原因を把握することで、ニオイの悩みを早く解決できますよ。

なぜ臭くなるの?足のニオイの原因は?

足のニオイを解消するためには、なぜ臭いのか、その原因を知ることが大切です。原因をしっかり把握することで、対処法が変わってきますよ。

原因1:常在菌の増殖

常在菌の増殖が原因の特徴として、チーズなどが発酵したようなニオイがすると言われています。

足には常在菌が必ずいます。様々な要因で常在菌が増殖し、その結果ニオイを発生してしまいます。

常在菌を増殖させる要因は、汗や角質、靴、靴下などが考えられます。

●汗の場合
背中と比べると足の裏は5~10倍の汗腺があると言われています。「1日にコップ1杯の汗をかく」と言われるほど、汗を多く出す部位です。

この汗をそのままに放置してしまえば、常在菌が汗を分解するため、ニオイを発生させてしまいます。

●角質の場合
足は体重を支える役割がある部位のため、角質が他の部位と比べると最も厚くなっています。古くなった角質は剥がされるため、足の裏は厚い分、多くの角質が剥がれています。

剥がされた角質はアカとなり、常在菌のエサになるため常在菌を増殖させる要因になります。

●靴・靴下の場合
常在菌は、高めの温度を好むと言われています。

靴や靴下で覆われ、通気性が悪い状態だと、熱がこもりやすくなり常在菌が増殖しやすくなります。

さらに靴や靴下の中で汗をかいたり、角質が剥がれ落ちたままのため、常在菌は増えてしまい、ニオイが出やすくなります。

原因2:疲労

アンモニアのようなニオイが特徴的です。

不規則な生活やストレスなどで肝臓や腎臓などの機能が低下してしまうことが原因です。

足のケアでニオイをとる

足のニオイを解消させるための基本は、足を清潔に保つことです。汗をかいたら、ウエットティッシュで拭き取るようにしてくださいね。

足の裏だけではなく、足の指の間もしっかり汗を拭き取るようにしてください。足の指に菌は溜まりやすいので、注意が必要です。

ニオイが出ない足になるための洗い方

  1. 角質を軽く落とす
    かかとの角質が厚くなっている人は、軽石ややすりなどで落としてください。ただ、こすり過ぎて傷をつけると雑菌が繁殖しやすくなるので注意してくださいね。
  2. 足湯をする
    洗面器にお湯を張り、足を浸けてください。
  3. 洗う
    石鹸を泡立て、足全体を洗います。必ず足の指まで丁寧に洗うようにしてくださいね。
  4. ブラシで軽く洗う
    フットネイルなどをしている人は、爪の汚れが見にくくなっています。その際は、爪用ブラシを使用して、足の指と爪の間の汚れをサッと落としてください。強い力で洗わないようにしてくださいね。
  5. 5.すすぐ
    石鹸が残らないように、しっかり洗い流してください。

    その際、ぬるま湯で行うようにしてくださいね。高温すぎると、必要な油分を奪い取る原因になりますよ。

  6. しっかり拭き取る
    すすぎ終わったら、素早く水分を拭き取ってください。水分がそのまま放置されていれば、菌を増殖させてしまいます。足の指の間など丁寧に拭き取ってくださいね。

靴下でニオイをケア

靴下を清潔に保つこともニオイ対策として重要になってきます。また、靴下を変えるだけでニオイを出しにくくしますよ。

足のニオイを出さないための対策

1.こまめに履き替える
靴下やストッキングはこまめに履き替えることが大切です。そうすることで雑菌を繁殖させにくくなります。

ただし履き替えるときは、必ず足を除菌シートなどでしっかり拭いてくださいね。

2.ニオイがついた靴下は一度手洗いする
普通の洗濯ではなかなかニオイが落ちない場合があります。除菌系の石鹸などでいったん手洗いし、その後で普通の洗濯をするようにしてください。

そうすることで、しっかり除菌されるためニオイの発生が少なくなります。

ニオイを出しにくい靴下の選び方

●通気性のよい靴下やストッキングを選ぶ
最近の靴下は、通気性に優れている商品も販売されています。通気性が優れている商品を選ぶことで、蒸れにくくなるため雑菌が増殖されず、ニオイが発生しにくくなります。

さらに靴下なら抗菌加工のしてある商品、ストッキングなら吸収性の高い商品を選ぶようにすることでニオイ対策効果がアップしますよ。

●5本指ソックスを選ぶ
足の指の間は、蒸れやすくなっています。指の間の汗もしっかり吸収してくれる5本指ソックスを選ぶことで清潔に保つことができ、ニオイ対策に繋がります。

靴でニオイ対策

靴を気にすることも大切になってきます。靴が不潔であれば、どんなに足や靴下を清潔にしていても意味がないですよね。靴もニオイ対策しておきましょう。

ニオイが出にくい靴の選び方

●サイズがしっかり合っているものを購入する
必ず試着して購入するようにしてください。サイズの大きめなものを選んでしまうと、脱げないようにするため、足が踏ん張るため余計に汗をかくといわれています。

自分の足のサイズに合った靴を選ぶことは、ニオイ対策として重要ですよ。

●通気性の良いものを選ぶ
合皮やゴム素材のものは、基本的には蒸れやすいため避けるようにしてください。足が蒸れてしまうと雑菌を繁殖させてしまいます。

メッシュ素材などを選ぶことが大切です。また最近はスーツ用の革靴でも通気性のいい商品が販売されているため、革靴が必要な場合は、そういう商品を選んでくださいね。

●インソールを気にする
消臭、殺菌系のインソールも販売されています。インソールを変更するだけでも、ニオイの対策に繋がりますよ。

習慣でニオイを予防する方法

①靴を履き替える
職場環境にもよりますが、できれば職場内ではサンダルやスリッパなどに履き替えることをオススメします。

靴の履きっぱなしは、どんなに通気性の良い靴でも蒸れてしまうので、ニオイがこもる前に脱げるときは脱ぐようにしましょう。

②靴を洗う
雑菌の繁殖を抑えるために、洗える素材の靴はしっかり洗うようにしましょう。

*靴の洗い方
①靴紐やインソールなどを外し、ある程度汚れを落とす。
②38度程度のぬるめのお湯に浸けておく。
③靴専用の洗剤又は中性洗剤で揉み込むように汚れを落とす。
④水でしっかり洗剤を流す
⑤新聞紙などをつま先に詰め、形を整えたら、かかとを下にして風通しの良い場所に干し乾かす。説明書を読み、日陰干しか天日干しをする。

③下駄箱にすぐ入れない
仕事が終わって帰宅した後、靴を下駄箱に収納する人もいるはずです。

汗をかいた靴をすぐに下駄箱に入れてしまうと、汗が乾燥しないため、雑菌が繁殖しやすくなります。必ずしっかり乾燥させてから収納するようにしてくださいね。

できれば、脱いだ後は消臭・殺菌スプレーをして、乾燥剤を入れます。数日後に乾燥剤を取り除き、木製のシューズキーパーをはめ収納するようにしてくださいね。木製のシューズキーパーを使用することで、湿気やニオイを吸収してくれる働きがあるのでオススメです。

④靴用の消臭グッズを使用する
スプレータイプやパウダータイプなど色々なタイプの靴専用の消臭グッズがあります。

ニオイが出ないように予防するタイプもあるので、専用のグッズをつかってニオイ予防するのもアリです。

⑤靴をローテーションで履くようにする
同じ靴を毎日履き続けていれば、キチンと乾燥されずに翌日履くことになります。

そのため1日以上休ませることが必要です。3足以上の靴をローテーションで履くようにすることで、乾燥させることができ、雑菌の増殖を防ぐことができます。

体質を改善してニオイ対策

長期的に考えると、体質を変えていくことはニオイを根本から解消するためには大切になってきます。即効性はありませんが、ニオイが少ない身体作りをしていきましょう。

健康的な食生活を変えていく

食生活が欧米化したことで、体臭が変化したとも言われています。動物性タンパク質が多い食生活や脂っこい食生活を行っていれば、皮脂の分泌を促すため、足のニオイが強くなってしまいます。

大豆など良質なタンパク質やビタミンなどを多めに摂るように心がけましょう。基本的には和食中心の食生活を意識することがニオイ対策になりますよ。

ストレスを溜めないようにする

ストレスには発汗作用があるため、ストレスが多いと言うことは、汗の分泌も増えていきます。

足のニオイを気にすることもストレスになります。必要以上に神経質になりすぎないように心がけてくださいね。

しっかり睡眠を取り、身体を休ませることもストレスを溜めないことに繋がります。規則正しい生活を送るようにしましょう。

病気かも?注意してもらいたいニオイ

水虫や多汗症、糖尿病、自律神経失調症など様々な病気が原因で足のニオイが強くなることがあります。少しでも体調が悪いと感じていれば、早めに病院を受診してください。

特にニオイ対策をしても改善がみられないときは、別の原因が考えられます。その場合も早めに診察を受けることをオススメします。

ニオイ対策でいつでも脱げる足へ

足が臭いと悩むことでストレスが溜まってしまい、ニオイが強くなる悪循環に陥ってしまいます。

その悩みを早く解決するためには足、靴、靴下に対して同時に対策することが大切です。日々意識して対策することで、靴を脱ぐ不安は解消されるはず。

いつでも靴が脱げるようになるために、実践してみてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!