お葬式のメイクマナー。大人として恥ずかしくない装いを!

歳を重ねていくと、知り合いや親戚の訃報を聞いて葬儀に参列する機会も多くなってきます。

しかし、葬儀に参列するのも、慣れるまでは服装や作法などマナー違反になっていないか心配になることは多いと思います。特に髪型やメイクは個人の裁量が問われるため、どのようにしたらよいのか悩みますよね。

今回はメイク方法について、どのようにしたらマナー違反にならないのか、何に気をつけたら良いのかを解説します。

お葬式のメイクは故人を偲ぶ気持ちを表す

大人の女性であれば、公の場に出るときはメイクをするのがマナーとされています。

しかし、葬儀に参列するとなると日頃のメイクと同じで良いのか悩んでしまいますよね。

葬儀に参列する際の服装やメイクは、個人を偲ぶ気持ちを表しています。

そうなると、派手できらびやかなメイクは葬儀には適さないということがわかるかと思います。

では、葬儀の席にはどのようなメイクがふさわしいのでしょうか。

基本は薄化粧

葬儀に参列する時のメイクは薄化粧が基本です。

薄化粧といっても、個人によって薄化粧の基準は異なりますよね。

具体的には

  • パールNG
  • ラメNG
  • 華やかな色NG
  • マットな仕上がりを意識する

と覚えておきましょう。

それでは各パーツごとに詳しく見ていきましょう。

ベースメイク

ベースメイクの方法は普段のメイクと同じ方法で大丈夫です。ただし厚塗り感が出ないように注意しましょう。

ベースメイクの注意点としては、使用する下地やファンデーションはパールやラメの入っていないものを使用するようにしましょう。

「ツヤ肌」を意識した商品にはパールが入っているものが多くあります。パールやラメの入ったファンデーションは光を集める効果があるため、明るくツヤのある肌に仕上がります。

日頃のメイクでしたら「ツヤ肌」できれいに見せたいところですが、葬儀の席では浮いてしまうので避けるようにし、ファンデーションはマットな質感に仕上げるようにしましょう。

  • パールやラメはNG
  • ベースメイクはマットな仕上がりに

眉毛

薄化粧でも、眉は整えておかないとノーメイクかと思われてしまいます。

しっかりとした眉は快活な印象を与えるので、眉は自然な雰囲気に整えるようにしましょう。

  • 眉は自然な仕上がりに整える

アイメイク

葬儀に参列する時にはアイメイクは必要ありません。

日頃からしっかりとアイメイクをしていて何もしないと逆に不自然だと感じる人は、いつもよりも薄くするように心がけましょう。アイメイクをする場合でも、しているかしていないかわからない程度にするのがよいでしょう。

アイシャドウをつける際には

  • ピンクやブルー、パープルといった華やかに見せる色は使わず、ブラウン系のものを使用する
  • パールやラメの入っているものは避け、マットな仕上がりのものを使用する

ということを覚えておきましょう。

アイラインは目尻に細く入れる程度にし、ビューラーやマスカラは使用しないようにしましょう。つけまつげも葬儀の場にはふさわしくないのでNGです。

また、葬儀では涙を流すこともあるので、アイライナーはウォータープルーフのものを使用するようにしましょう。

日頃カラーコンタクトをしている人もいるかもしれません。カラーコンタクトは付けることで瞳を大きく見せ、顔を華やかに見せるものです。ブラックやブラウンなどの自然な色であっても、カラーコンタクトは付けない方が無難です。

  • アイメイクは基本的に無し
  • ビューラー・マスカラ・つけまつげ・カラーコンタクトはNG
  • アイライナーはウォータープルーフのものを使用し細く入れる
  • アイシャドウはブラウン系のマットなものを薄く付ける程度にする

チーク

チークは付けると健康的で血色が良く明るい感じに仕上がるため、葬儀の席では必要ありません。

チークを付けないとどうしても顔色が悪く見えてしまうという場合は、ブラウン系の、肌になじむものを使用しましょう。

チークもベースメイクと同じく、パールやラメの入っているものはNGなので注意しましょう。

  • チークは基本的に無し
  • 使用する場合はブラウン系でパールやラメの入っていないものを使用する

リップ

薄化粧でもリップを塗らないとノーメイクのように見えてしまうため、リップは塗るようにしましょう。

ただし、リップグロスのようなツヤのあるものや、パールやラメの入っているものは避けましょう。また、レッド系やピンク系の華やかな色も葬儀の席にはふさわしくありません。

落ち着いたベージュ系やブラウン系のものを選ぶようにしましょう。

どうしてもツヤがでてしまう場合は、リップを付けた後にティッシュで軽く押さえるようにしましょう。

色つきのリップクリームも、ほんのりと自然な程度に色が乗るのでおすすめです。

  • リップは塗るようにする
  • リップグロス・パールやラメ入りのもの・華やかな色のものはNG
  • ベージュ系やブラウン系のものを使用する
  • マットに仕上げる

ノーメイクもマナー違反

顔を華やかにするメイクは葬儀の場ではマナー違反ですが、ノーメイクも冠婚葬祭に出席する際にはマナー違反となります。

  • ベースメイク
  • リップ

はちゃんと整えるように心がけましょう。

マナーに則したメイクは大人の女性のたしなみ

葬儀は故人を送るしめやかな場です。

悲しみに暮れている親族や知人の集まりであることをしっかりと理解しておきましょう。

葬儀の場では日頃のメイクへのこだわりは置いて、故人への気持ちを表したメイクを心がけることが大切です。

また、葬儀は様々な年代の人が集まる席でもあるので、大人の女性として恥ずかしくないようにメイクをはじめ、服装や作法についてもしっかりと確認をしておくようにしましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!