生姜はちみつの魅力と簡単レシピ。温活だけじゃなく美容にも!


生姜と聞くと、身体を温めてくれるというイメージが強いのではないでしょうか。確かに生姜は身体を内側から温めてくれる冬の季節にピッタリな食材として有名ですよね。また、味もサッパリとしているので調味料としても使いやすいと人気の食材のようです。

そんな効能の高い生姜ですが、はちみつを入れるとさらに健康+美容効果が高くなることをご存知でしょうか?

ここでは、最近少しずつ浸透してきている「生姜はちみつ」の人気のワケや効果・作り方を具体的にご紹介します。ぜひ冬の季節が来る前に参考にしてみてくださいね。

なぜ今生姜はちみつが人気なのか?

ではここで、生姜はちみつが少しずつ人気を呼んでいる理由を4つご紹介します。

保存食にできる

生姜はそのままであれば冷蔵庫や冷凍庫で保存することができるのですが、一度切ったりスライスしてしまうと酸化が進み、賞味期限が短くなってしまうというデメリットがあります。

それに比べてはちみつは常温保存ができることや賞味期限が長期間なので、生姜はちみつとして作っておくだけでスライスした生姜も長期間保存することができます。

長く漬ければ漬けるほど、生姜もはちみつとしっかり味が混ざり合うので一石二鳥ですね。

身体の芯から温めてくれる

実は、生姜だけではなくはちみつにも「身体を温めたり疲労を回復させるブドウ糖やポリフェノールの力」が含まれています。

その為、生姜単体で摂取するよりも、より身体の吸収率が高まることでも人気が出ているようです。

少しで豊富な栄養を摂ることができる

なんと、はちみつには「有機酸・酵素・ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノール」といった多くの栄養素が含まれています。

砂糖よりも胃腸のへの負担が少ないので、少量で栄養と低カロリーを手に入れることができるのです。

いろんなレシピを作ることができる

また、生姜はちみつには料理や朝ごはんのパン・おやつ・プレゼントなど、様々な使い方ができるのも人気の秘密です。

朝や夜など時間帯を気にせず摂取することができるので、生姜はちみつを使って自分のペースでダイエットや美容に生かすことができる継続性も人気となっているようです。

女性必見!生姜はちみつの効果・効能

生姜はちみつの人気の秘密はわかったけれど、実際の効果はどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、生姜はちみつの美容や健康効果を具体的に5つご紹介します。

1. ダイエット効果

まず生姜はちみつで一番効果を発揮するのが「ダイエット効果」になります。これは、生姜の「血行促進効果」とはちみつの「疲労回復効果」が上手く混ざり合うことによって新陳代謝がアップして痩せ型の身体を作るものになります。

人の身体は、栄養が全体に上手く行き渡らなかったり老廃物が溜まりやすい身体になると太りやすいという特徴を持っています。

生姜はちみつはそんな流れの鈍くなった血液や栄養をスムーズに全体に循環させることができるので、早い脂肪燃焼効果が期待できると言われているのです。

2. 免疫を高くする健康効果

免疫が低くなると風邪をひきやすいということを聞いたことがあるでしょうか?免疫が強いと疲労感を感じにくくなり調子が良いので免疫力を日頃から高めておくことは大切です。

生姜はちみつには「殺菌効果」もあると言われています。その為、「喉や鼻がなんだか変だな」と感じる風のひき始めには、生姜はちみつを使用する人も多いと言われています。

3. ポカポカの冷え性改善効果

生姜には「便秘解消や冷え性改善効果」もあります。生姜には胃腸の調子を整える効果があるので冷え性や便秘に悩む人をサポートしてくれます。

指先までポカポカ温まって便秘も改善できるのは嬉しいですよね。

4. 抗酸化作用で美肌効果

また、生姜はちみつには美容効果も高いことが知られています。美肌の元となる「皮膚を作るアミノ酸」が生姜やはちみつには豊富に含まれているので真冬の乾燥しやすい季節柄もツルンとしたきめ細かな肌を内側から作ってくれる嬉しい効果が隠れているのです。

5. 二日酔いや頭痛を予防する効果

「あれ、なんだか頭痛がひどい・・・」ついアルコールを摂り過ぎた翌朝に二日酔いで後悔したことはありませんか?二日酔いは頭痛やだるさが出るのでなるべく早く治したいですよね?

こんな二日酔いの時も生姜はちみつはおすすめです。生姜の鎮痛作用やはちみつの吐き気を和らげる作用によって、二日酔いが早く解消するという嬉しい効果もあるのです。

美容や健康だけではなく、薬なしで体調も整えてくれるのは嬉しいですよね。

簡単にできる!生姜はちみつレシピ3選

ではここで、簡単に作ることのできる生姜はちみつレシピをご紹介します。作りやすいものを選んでぜひ試してみてくださいね。

ほっと一息!生姜はちみつココア

ではまず始めに、生姜はちみつをチャレンジする人におすすめな生姜はちみつココアをご紹介します。

用意するものは「ココア大さじ1」・「豆乳200ml」・「はちみつ小さじ1」・「生姜1欠片」です。

① まず生姜をすりおろします。鍋に豆乳とはちみつを入れて煮立たせておきましょう。
② そこにココアを入れてよく混ぜ合わせていきます。
③ ココアが馴染んできたらすりおろした生姜を加えて混ぜ合わせれば完成です。

豆乳を牛乳に変更しても美味しく作ることができます。コツとしてはココアは純ココアではなく飲料用のココア粉末を使うと溶けやすくおすすめです。

また、夏はココアや豆乳をジンジャーエールに変更してもスッキリ楽しむことができます。

保存できる!生姜はちみつ漬け

こちらは一番オーソドックスな生姜はちみつの作り方になります。慣れてきた時はぜひアレンジして作ってみましょう。

まず、用意するものは「生姜1欠片(100~200g)」と「はちみつ200ml」です。

① 生姜は良く洗ってからスライスします。水を張ったボウルにスライスした生姜を入れて事前にあく抜きをしておきましょう。その際、できるだけ薄めにスライスしておくとはちみつとの混ざりが良くなります。
② 保存用の容器にスライスした生姜を入れ、その上からはちみつを入れてフタをします。保存はなるべく涼しい場所で1時間ほど寝かせて完成です。

この生姜はちみつ漬けは一番保存ができることや、パンに塗ったりそのまま食べることもできるのでおすすめです。

カンタン!生姜はちみつクッキー

生姜はちみつは飲んだりパンなどに付けたりだけではありませんよ!実はお菓子にもヘルシーに使うことができます。

用意するものは「ホットケーキミックス150g」・「生姜はちみつ漬け20g」・「オリーブオイル40g」・「牛乳大さじ3」になります。

① 材料をすべてボールに入れて混ぜ、丸めて平たくして天板に並べます。
② 180℃に予熱したオーブンで20分焼きます。焼き色を少し見ながらキツネ色になればOKです。

手軽に作ることができるので、毎日のちょっとしたポカポカおやつを楽しんでみませんか?

自宅で作れる生姜はちみつで美容+健康のレベルアップを目指そう!

いかがでしょうか?生姜やはちみつ単体よりも生姜はちみつは美容にもダイエット・健康にも良い優れた食材です。レシピによっては持ち運びもできるので、ぜひ楽しみながら温活にチャレンジしましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!