グルテンフリーダイエットの不思議な効果!正しい方法で体も快調

グルテンフリーダイエットとは、グルテンを摂らないで痩せる方法です。グルテンとは小麦や大麦、ライ麦などに含まれている成分でアレルゲンとなる物質でもあるため、グルテンフリーはダイエットの為では無くアレルギー反応を抑えるための食事療法でした。

グルテンはアレルギー以外にも体の中で様々な症状を引き起こす原因になっていると言われており、海外では積極的にグルテンフリーの食事に切り替える人が増えています。

グルテンフリーダイエットと呼ばれるようになったのは、グルテンフリーでダイエット効果が出たと海外セレブの間で話題になったことがきっかけなのですが、グルテンフリーダイエットをして、不快な症状が治まったという人が続出しているのです。

グルテンフリーダイエットのやり方

小麦や大麦、ライ麦などには、「グリアジン」と「グルテニン」という栄養成分が含まれています。この2つの栄養成分が水と交わる事でできるのがグルテンです。粘りや弾力をもたらせる成分なので、うどんやパン、パスタを作る際に必ず使われています。

グルテンフリーダイエットとは、グルテンが含まれているものを一切食べないというダイエット法です。では、パンや麺類を抜けばそれで良いの?と考えがちですが、実はそれだけでは無いのです。

グルテンフリーダイエットで食べてはいけないもの

パンや麺類さえ抜けばグルテンフリーダイエットになると考えている人が多い様ですが、実際はもっと多くの食品を抜く必要があります。グルテンは、私たちの身近な食品に含まれている事がかなり多いのです。

グルテンが含まれている可能性がある食品

パン・パスタ・うどん・中華麺・ピザ生地・シュウマイや餃子の皮・かまぼこ・麩・ソーセージ・天ぷらの衣・パン粉・たこ焼き・お好み焼き・シチューやカレーのルー・シリアル・ドーナツ・クッキー・しょう油・ソース・ビール・ケーキ・ブルーチーズ・植物オイル

いかがでしょうか。グルテンフリーダイエットとは、これらの食品を一切食べないダイエット方法です。しかも、グルテンが含まれている可能性がある食品はこれ以外にもまだまだあり、ここに全てを書き出す事はできません。

例えば、調理する過程でパン粉が使われているハンバーグや、乳化剤が入っているドレッシングなど、ここに挙げていくとキリが無いくらい膨大な種類の食品にグルテンが含まれているという事になるのです。

グルテンフリーダイエットで食べて良いもの

しょう油やソース、ドレッシングにまでグルテンが含まれている可能性があるとなれば、グルテンフリーダイエットで食べられるものは殆ど無いじゃない!と、落胆してしまいそうですが、グルテンが含まれていない食品もちゃんとあるので安心してください。

グルテンが含まれている可能性が無い食品

ご飯、お餅、ビーフン、フォー、十割そば、卵、魚介類、海藻、野菜、根菜、果物、片栗粉、チーズ、春雨、コーンスターチ、おにぎり、うな丼、親子丼、チャーハン、雑炊、プリン、チョコレート、マカロン、納豆、豆腐、あんみつ、お汁粉、ヨーグルト、大福、羊羹

これらもほんの一例ですが、ダイエットなのに食べて良い食品はこんなにあります。ちょっとホッとしたのではないでしょうか。主食はお米が中心になりますが、麺が食べたい時にはビーフンや十割そばを食べる事ができるので、炭水化物ダイエットよりはストレスが少なくなるはずです。

グルテンフリーの醤油

グルテンが含まれていない可能性がある食品をご紹介しましたが、気を付けておきたいところがあります。醤油にはグルテンが含まれているので、味付けに醤油を使うと、それだけでグルテンが含まれた食品になってしまうのです。

十割そば、親子丼、納豆にも醤油を使うのは一般的ですよね。素材そのものにはグルテンが含まれていなくても、調味料と合わせる事でグルテンフリーでは無くなります。

そこで、グルテンフリーの醤油で味付けする事をおすすめします。最近グルテンが注目されるようになり、日本人の食生活には欠かす事ができない醤油にも小麦が使われているので、グルテンフリーの醤油が販売されるようになりました。

スーパーなどでも醤油売り場に陳列されるようになったので、入手するのは簡単です。グルテンフリーダイエットをするのであれば、グルテンフリーの醤油は用意しておいた方が良いでしょう。

グルテンフリーダイエットをする時の注意点

グルテンフリーダイエットのやり方は、グルテンが含まれていない食品を食べない事です。これさえ守っていれば、グルテンフリーを実行している事になります。でも、グルテンフリーを実行するだけではダイエットはできません。

グルテンを省く食生活にすると言う事は、主食はお米中心の生活になるという事にもなります。ご飯やおにぎり、チャーハン、ピラフ、親子丼など丼物でもグルテンフリーダイエットの時は食べても良いのです。

ただ、これらの食品は糖質ダイエットの場合NGなものばかりですよね。食べたら太りやすい食品だという事は、常識の様に知れ渡っています。

グルテンフリーダイエットだから、お腹いっぱいご飯ものを食べて良い訳ではありません。あくまでも、カロリーには拘り、食べる物を普通の食事制限の様に気を付ける必要があるのです。

そもそも、何故、グルテンフリーダイエットが話題になったのかと言うと、パンが中心の外国ではグルテンフリーダイエットが日本の炭水化物ダイエットと同じような意味合いを持ちます。パン中心の主食が食べられなくなれば、ダイエットに成功しやすくなるのは当然です。

また、グルテンには食欲を増幅させたり中毒性がある事も分かっています。グルテンフリーの食事を続けていけば、食べ過ぎを抑える事が自然にできるという効果もあります。

グルテンフリーダイエットをする際は、グルテンフリーの食品を食べて、かつ、カロリーを抑えた食事をしていく事で効果が現れます。食べても良いダイエット方法では無いので、注意しましょう。

グルテンフリーダイエットの効果

グルテンフリーダイエットには、やり方さえ間違わなければ体重を落とす効果が大いに期待できるでしょう。食べ過ぎを誘発する恐れのあるグルテンを絶ち、一日のカロリー摂取を気にしながら運動も行うとなお一層効果的です。

ただ、グルテンには中毒性があると言われているので、最初から完全にグルテンを絶つのは少し大変かもしれません。慣れるまでは少しずつ減らす努力をするところから始めてみましょう。

さて、グルテンを絶つ事でダイエット以外にも様々な効果があると言われているグルテンフリーダイエットですが、一体どんな効果が期待できるのでしょうか?

腸の調子を整える

日頃から、お腹がくだりやすかったり便秘になりやすかったり、お通じの調子が良く無いと感じているのであれば、グルテンフリーダイエットをする事で悩みが解消するかもしれません。

グルテンが体に合っていなかった事で、腸に悪い影響を与えてしまっているの可能性があるからです。

特にいつもと違う食事をしたわけでも無いのに下痢をする事が多かったり、ストレスなどの心因性の原因も考えられない、また、しょっちゅう便秘するなどの症状もグルテンが原因で起こっていた症状であると考えられます。

グルテンが体に合わない人は、胃腸障害が出るケースが多いのです。また、下痢や便秘以外にも腹痛や腹部膨満感などの症状も挙げられます。グルテンフリーダイエットでこれらの症状が改善されたとしたら、グルテンが体に合っていなかったと考えても良いかもしれません。

疲労感が抜ける

毎日体がだるい、いくら寝ても疲れが取れないなど、グルテンが原因だとは到底考えもしない症状がグルテンフリーダイエットで改善されるケースがあります。グルテンが体に合わないと、体の中で炎症が起こり疲労を感じるようになるからです。

グルテンが体に合わない体質の人がグルテンの含まれているものを食べている限り、疲労も抜ける事はありません。グルテンフリーダイエットを始めて体調が良くなったと感じたり、体が軽くなったならグルテンが原因だった可能性が高いでしょう。

頭痛が改善される

気圧の変化などでも起こりやすくなる頭痛ですが、特に女性に多いと言われている偏頭痛で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ところが、これもグルテンの仕業だったとしたら、グルテンフリーダイエットで改善されるのです。

グルテンが体に合っていない場合、うつの症状や頭痛の症状が現れる事があります。特に偏頭痛の原因は特定される事が無いので、防ぐ方法がなかなか見つかりません。結局は頭痛が起これば薬を飲んで安静にするしか無いのです。

ところが、グルテンにより頭痛の症状が出てきているのであれば、グルテンフリーダイエットで改善される事は間違いありません。原因不明の頭痛でしょっちゅう悩まされているのであれば、グルテンフリーダイエットで試してみましょう。

更年期障害の症状が軽減する

ある程度の年齢になると、女性なら誰にでも更年期が訪れます。そして、人によって様々な不快な症状が現れ始め、更年期障害に苦しんでいる女性も多いのです。ところが、更年期障害までもが、グルテンフリーダイエットで症状が軽減されるケースがあるのです。

グルテンが体に合わない人は、ホルモンの分泌にも影響を与えてしまいます。グルテンフリーの食事に変えた事で、更年期障害以外にも生理前のイライラや憂鬱な気分、情緒不安定などの心の症状や眠気や腰痛などの体の症状が改善される事もあるのです。

更年期障害や生理前の不快な症状は仕方が無いと諦めている女性が多いのですが、グルテンフリーダイエットが救ってくれるかもしれません。女性特有の不快な症状も無くなり、ダイエットにも成功したら気持ちもスッキリしますね。

グルテンフリーダイエットは3週間を目安に!

タンパク質の一種であるグルテンは、パンや麺類だけでなく色々な食品に含まれています。日々、当たり前のように食べている食品にも含まれているので、「グルテンフリーで食事を始める」と言うのは簡単にはいかないかもしれません。

最初のうちは、食べる前にグルテンが入っているかいないのか、確認をする事から始めてみましょう。徐々にグルテンが含まれていない食品だけを摂るようにしていき、完全にグルテンフリーになったのなら3週間を目安に続けていきます。

グルテンフリーなら何を食べても大丈夫!とご飯をたくさん食べてしまうと逆効果です。あくまでもダイエットを目的としているので、一日の摂取カロリーには気を付ける事と運動も必要となります。

グルテンフリーダイエットにより、痩せる効果以外にも体の不調が改善された場合、グルテンはあなたの体には合っていないのかもしれません。ダイエットの効果はもちろん、体の変化にも注意してみましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!