グラノーラダイエットの効果とは。食事や間食におすすめ!

ダイエットというと、食事制限やカロリー計算、ちょっと面倒ですよね。

簡単にできるダイエット方法が知りたいという人におすすめなのが、女性に人気のグラノーラを食べるだけの「グラノーラダイエット」です。

グラノーラは、オーツ麦や玄米、トウモロコシに甘味をつけて加工した「シリアル」の一種で、ナッツやドライフルーツを加えたものもあります。

メープルシロップや蜂蜜で甘味がつけられているものが多いので、ダイエット中に甘い物が食べたい時にもおすすめですし、牛乳やヨーグルトをかけて食べれば栄養価もアップしますよ。

簡単に食べられて、ダイエット効果もあるグラノーラで健康的なダイエットに挑戦してみましょう!

グラノーラダイエットのメリットとは?

アメリカでは、19世紀から健康食品として食べられていたグラノーラ。

今のような甘味が付けられたり、ドライフルーツやナッツが加えられるようになったのは、1960年代の健康・自然食品ブームがきっかけで、多くの人がグラノーラを食べるようになったからです。

元々健康食品ということもあり、栄養価も高く。「食物繊維」や「鉄分」「ビタミン」「ミネラル」がたっぷり含まれていますよ。

ダイエット中に食べる量を減らすと気になるのが、栄養不足ですよね。
グラノーラは、ダイエット中に足りなくなりがちな栄養を補うのにもおすすめです。

ここでは、グラノーラダイエットのメリットについて説明しますね。

グラノーラのメリットは、コレステロールが含まれていないこと

グラノーラのよい所が、コレステロールがゼロということでしょう。

コレステロールの摂り過ぎは、悪玉コレステロールが増えるだけでなく、肥満や生活習慣病の原因になります。

グラノーラダイエットは、コレステロールが気になるという人にもおすすめです。

できるだけコレステロールの摂取を少なくしたいという人は、朝食や夕食をグラノーラに置き換えてみてもよいでしょう。

グラノーラのメリットは、食物繊維が豊富なこと!

食物繊維が多いこともダイエット中の女性にはうれしいですよね。

食物繊維を摂ることは、これらのメリットがあります。

  • 便秘解消
  • 肥満予防
  • 肌あれ解消
  • 生活習慣病の予防

食物繊維には、お腹の調子を整える「整腸作用」があることは知られていますが、便秘で腸に便が残っていると、お腹がぽっこりしてしまったり、太りやすくなってしまいます。

食物繊維は、便秘じゃなくても意識して摂取したい栄養素、グラノーラなら簡単に摂ることができて、お腹もスッキリしやすくなるでしょう。

グラノーラのメリットは、鉄分も含まれていること!

便秘と同じく、貧血に悩んでいる女性も多いですよね。

ダイエット中に極端な食事制限をすると鉄分が不足して、貧血だけでなく、疲れやすくなったり、肌荒れの原因にもなります。

鉄分は、レバーやホウレン草を食べなきゃダメというイメージがありますが、忙しいと料理する時間も取れませんよね?

グラノーラなら、食事やおやつで手軽に食べられるので、鉄分も簡単に摂取できます。

葉酸も同時に摂れるので、貧血が気になる人にもグラノーラはおすすめですよ。

グラノーラはよく噛んで食べるので、満腹感も感じやすい!

グラノーラダイエットを効果的にするには、ゆっくり時間をかけて食べることです。
グラノーラはそのままだと固いので、よく噛まないと食べられません。
しっかり噛むと消化がよくなるだけでなく、満腹感も感じやすくなるので食べ過ぎを防ぐこともできますよ。

グラノーラを朝食に食べるという場合、牛乳や豆乳をかけて食べるという人もいるでしょう。
なにもかけずに食べるよりも、グラノーラは柔らかくなるので、噛むことを意識しながら食べてくださいね。

グラノーラダイエットを行う時の注意点

グラノーラダイエットの注意点は、カロリーの摂り過ぎです。
グラノーラを加工する際に植物油や甘味を使っているので、カロリーは高めになります。

ドライフルーツやナッツを加えたものは、グラノーラだけよりも栄養価は上がりますがさらにカロリーはアップします。

たくさん食べればダイエットにはなりませんよ。

朝食や夕食でグラノーラを食べる場合は、ごはんやパンは食べずにグラノーラだけにする。
おやつでグラノーラを食べる時は、牛乳やヨーグルト、豆乳はかけずにそのままで食べるというようにしましょう。

グラノーラで手軽にダイエット!

グラノーラは、コンビニやスーパーで買うこともできるので、グラノーラダイエットをしようと決めたら、即挑戦できますよね。

ダイエット方法も簡単なので、忙しい女性におすすめです。

カロリーハーフや糖質オフのグラノーラもあるので、色々試してみて、自分に合うグラノーラを見つけてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!