髪を洗う頻度を工夫するだけ!頭皮トラブルを改善する方法


オシャレなヘアスタイルを楽しみたいけれど、髪の状態が悪くてどうすれば改善できるのかわからない・・・ダメージヘアや薄毛といった頭皮トラブルで悩まれている方もいるのではないでしょうか?

トリートメントや育毛剤でケアしても髪の状態が改善されないときは、髪を洗う頻度を工夫してみましょう。フケやかゆみ、抜け毛・薄毛、枝毛・切れ毛といった髪トラブルは頭皮環境の悪化が影響していることがあります。美しい髪を手に入れるためにも、髪を洗う頻度を見直して頭皮環境を改善しましょう!

ここでは理想的な髪を洗う頻度、頭皮タイプ別のおすすめ頻度、間違った頻度による頭皮トラブルなどをご紹介しますので、頭皮トラブルを予防・改善して魅力的な髪美人を目指したいときにお役立てください。

髪を洗う頻度で頭皮トラブルを予防&改善できる

美しい髪を手に入れるためには、日頃の洗髪方法や回数を工夫して、頭皮を清潔な状態に保つことが大切です。良質なシャンプーを使用しても、髪の洗い方や頻度を間違えると頭皮トラブルにつながってしまう可能性があります。

フケ・かゆみ、枝毛・切れ毛、薄毛・抜け毛、ゴワつき・パサつきといった頭皮トラブルでお悩みの方は、髪の洗い方を見直して頭皮環境を改善しましょう。

正しい洗髪方法と頻度のメリット

洗髪には、ホコリや余分な脂分といった頭皮の汚れを落として、地肌を清潔に保つ役割があります。頭皮が清潔になると健やかな髪の成長も期待できるため、理想的な美髪を手に入れることも可能になります。

正しい洗髪方法では細菌(カビ)の繁殖抑制、乾燥予防、外部刺激予防、汚れの洗浄といった効果が得られます。反対に、髪の洗い方や頻度があっていないと頭皮環境が悪化して、フケや抜け毛、枝毛といったトラブルの原因につながります。

髪の毛を洗う理想的な頻度は、髪質や頭皮状態によって個人差があります。

たとえば、皮脂が多い方の場合、なるべく頭皮を清潔な状態にするため、毎日洗髪することがおすすめになります。一方、皮脂が少ない方の場合、毎日洗髪すると頭皮の乾燥が悪化してしまう可能性があるため、髪を洗いすぎることはおすすめできません。

頭皮や髪のトラブルが気になる方は、洗髪方法や頻度があっていない可能性があります。ご自身にふさわしい洗髪ペースを知って、理想的な美髪に近づきましょう。

髪を洗う頻度があわない場合のトラブル

髪の洗い方や頻度を間違えたまま放置していると、さまざまな頭皮トラブルにつながる恐れがあります。いくら洗髪してもフケやかゆみが治まらなかったり、抜け毛や切れ毛が増え続けていたりする場合は、何かの原因で頭皮トラブルが起こっている可能性があります。

ここでは、髪を洗う頻度があわない場合のトラブルを3つご紹介します。

1. 抜け毛・薄毛

頭皮が不潔だったり、乾燥していたりすると、抜け毛や薄毛が起こる可能性があります。頭皮を不潔な状態にすると細菌が繁殖して炎症したり、毛穴に汚れがつまったりして毛の成長を妨げます。また、頭皮が乾燥していると薄毛につながることがあります。

毎日髪を洗っても抜け毛が増えることはありませんが、洗髪方法や頻度を間違えると頭皮環境が悪化して抜け毛や薄毛をまねくことがあります。育毛トニックやヘッドマッサージを続けても抜け毛や薄毛が改善しないときは、洗髪頻度や洗い方を見直してみましょう。

2. 切れ毛・枝毛

髪の毛を洗わない状態が続くと、毛穴に汚れがつまって切れ毛などが起こる可能性があります。一方で、髪の毛を洗いすぎると切れ毛が増えることもあります。そのため、ご自身の髪質や頭皮状態にふさわしい頻度で髪を洗って、キューティクルを傷めない方法で洗髪しましょう。

キューティクルとは、髪の表面にあるウロコ状の物質です。美しい髪はキューティクルがしっかりと保たれた状態であり、ツヤとハリがあります。反対に、キューティクルがはがれてしまうと、切れ毛や枝毛といったダメージヘアにつながります。髪が傷んでしまうと毛にまとまりがなくなり、見た目の印象も悪くなってしまうので注意しましょう。

3. フケ・かゆみ

髪を洗う頻度があっていないと、頭皮環境が悪化して外的刺激に過敏になり、フケやかゆみが起こりやすくなる可能性があります。また、不潔な頭皮で増殖した細菌は外的刺激となってフケやかゆみの原因につながります。

フケには、乾燥性フケと脂性フケの2種類があります。

乾燥性フケと脂性フケは頭皮の状態を知る目安になり、理想的な洗髪頻度を知る手掛かりになります。フケの状態から、ご自身の頭皮タイプを確認しておきましょう。
  • 【乾燥性フケ】・・・皮脂が少ない方に見られる、サラサラした小さいフケ。頭皮の乾燥を防ぐためにも洗髪しすぎないように注意しましょう。
  • 【脂性フケ】・・・皮脂が多い方に見られる、湿った大きいフケ。頭皮の余分な脂分を落とすためにも毎日洗髪しましょう。

頭皮タイプ別・理想的な髪を洗う頻度

理想的な洗髪の頻度は、個人の環境によって異なります。ただし、何日も髪を洗わないでいると頭皮が不潔になりますし、頻繁に髪を洗いすぎると頭皮が乾燥することがあります。頭皮の汚れや乾燥は、フケやかゆみ、薄毛などのトラブルにつながる可能性がありますので、偏った洗髪頻度には注意しましょう。

髪を洗う頻度は、髪質や頭皮状態だけでなく、季節や生活環境も影響します。

汗を多くかきやすい夏は、こまめに髪を洗って頭皮を清潔に保つことがおすすめです。また、エアコンを使っている場合など、乾燥しやすい環境で生活しているときは、頭皮の乾燥対策として保湿性に優れたシャンプーを毎日使うこともおすすめです。このほかにも、外仕事でホコリやチリを浴びやすい環境にいる方は、汚れを落とすためにも毎日洗髪した方がよいでしょう。

ここでは、頭皮タイプ別に理想的な洗髪頻度をご紹介します。

皮脂分泌量の少ないタイプ

皮脂の分泌量が少ない方は、頭皮が乾燥しやすく、乾燥性のサラサラした小さなフケが出ます。そのため、毎日髪を洗うと頭皮の乾燥が悪化してしまう可能性があります。乾燥肌の方は頭皮の皮脂分泌量も少なくなり、頭が乾燥しやすいといわれています。

皮脂の分泌量が少ない方は、髪を洗いすぎないように注意しましょう。

皮脂分泌量の多いタイプ

皮脂の分泌量が多い方は、頭皮があぶらっぽくなりやすく、脂性の湿った大きなフケが出ます。そのため、こまめに髪を洗わないと頭皮が不潔な状態になり、フケやかゆみといった頭皮トラブルにつながる可能性があります。脂性肌(オイリー肌)の方は頭皮の皮脂分泌量も多くなり、頭がベタつきやすいといわれています。

皮脂の分泌量が多い方は、こまめに髪を洗うように心がけましょう。

髪に優しい洗髪方法として話題を集めている「湯シャン」

ツヤとハリのある美髪を手に入れるためには、頭皮状態を改善して健やかな髪が成長しやすい環境に整えることが大切です。髪を洗う頻度だけでなく、洗髪方法を工夫して頭皮に優しい環境作りを心がけましょう。

ここでは、髪に優しい洗髪方法として話題を集めている「湯シャン」をご紹介します。

湯シャンとは

湯シャンとは、シャンプーやリンスを使わずにお湯だけで髪を洗う方法です。湯シャンをすることで頭皮本来の機能を取り戻し、かゆみや炎症といった頭皮トラブルを予防・改善する効果が期待できます。

シャンプーには界面活性剤などの成分が含まれているため、皮膚トラブルにつながる可能性があります。特に、敏感肌の方はシャンプーの刺激によって、おでこや頬にニキビや赤みが発生することがあります。敏感肌や乾燥肌の方には、頭皮への刺激が少ない湯シャンがおすすめです。

湯シャンには頭皮本来の機能を取り戻し、皮膚への刺激も最低限に抑えられるなど多くのメリットがありますが、誰にでも効果的な洗髪方法ではありません。湯シャンはシャンプーよりも皮膚への刺激が少ない分、洗浄力が下がるので、頭にゴミやホコリがつきやすかったり、整髪料などの汚れがしっかり落とせなかったりすることがあります。また、皮脂分泌量が多い方が湯シャンする場合は、頭皮が不潔にならないように毎日洗わなければなりません。

湯シャンを始めた頃は、まだ頭皮の皮脂分泌量がコントロールできていないので、強いかゆみやフケ、ニオイが起こることがあります。湯シャンを導入するときは、ご自身の頭皮状態と生活環境にふさわしいか考えてから決めましょう。

湯シャンのやり方

湯シャンは正しい方法でおこなわないと頭皮が乾燥したり、フケやかゆみが多くなったり、毛穴に汚れがつまったりして頭皮トラブルにつながる可能性があります。湯シャンの正しい方法で覚えて、効果的に頭皮環境を整えましょう。

湯シャンの正しいやり方は、以下のとおりです。

  1. 洗髪する前に、獣毛ブラシで髪をよくとかします。頭皮の汚れを浮かせるように、上下左右に髪をブラッシングしましょう。
  2. シャワーを手にして、40度未満のぬるま湯で髪を根元から優しく洗っていきます。指の腹で頭皮をマッサージするように丁寧に洗いましょう。
  3. 湯シャンの時間は、最初は10分くらい、慣れてきたら5分くらいを目安にします。髪の毛を洗いすぎて頭皮の脂分を落としすぎないように注意しましょう。
  4. お湯で髪全体をまんべんなく洗い終えたら、完了!

40度以上の高温で髪を洗うと洗浄力はアップしますが、頭皮が乾燥する可能性があるので注意しましょう。また、シャンプーから湯シャンに切り替えるときは、一度におこなわないで、少しずつ慣れさせていくように移行しましょう。

整髪料やトリートメントを使用した場合、湯シャンだけでは汚れが落ちないことがあります。整髪料などを使ったときは、シャンプーでしっかり汚れをとりのぞきましょう。

正しい髪の洗い方

正しい髪の洗い方を覚えて、効果的に頭皮環境を整えましょう。間違った洗髪方法を続けているとフケやかゆみ、抜け毛・薄毛、切れ毛・枝毛といったトラブルが悪化する可能性があります。

「女性の命」ともいわれる髪の毛を美しく保ちたいときは、正しい洗髪方法で頭皮と髪をいたわりながらヘアケアしましょう。

正しい髪の洗い方は、以下のとおりです。

  1. 髪を洗う前に、髪をブラッシングして頭皮の汚れを浮かします。
  2. シャンプーをする前に、40度未満のお湯で髪をしっかり洗います。
  3. シャンプーをてのひらに出して、よく泡立ててから髪につけます。
  4. 髪の生え際から頭頂部に向かって、指の腹で頭皮をマッサージするように洗っていきます。
  5. お湯で髪をよくすすぎます。シャンプーが残ってしまうと毛穴につまることがあるので、すすぎは時間をかけて丁寧におこないましょう。
  6. シャンプーのぬめりがなくなったら、完了!

髪を洗うときは、頭皮に爪を立てたり、強くこすったりしないように注意して優しくおこなうことがポイントです。

シャンプーの使用量や回数は、髪の長さや状態にあわせて調整しましょう。整髪料がついていたり、汚れが気になったりするときは2度洗いすることもおすすめです。

髪を洗う頻度を工夫して魅力的な髪美人になりましょう

いかがでしたか?

理想的な髪を洗う頻度は、髪質や頭皮状態によって変わります。一般的に、髪を洗う頻度が多すぎても少なすぎても、毛穴の汚れや頭皮の乾燥といったデメリットが起こる可能性があるので注意しましょう。

乾燥性のサラサラした小さいフケが出ている方は、頭皮が乾燥しやすいので、髪の洗いすぎに気をつけましょう。脂性の湿った大きいフケが出ている方は、頭皮がベタつきやすいので、こまめに髪を洗って頭を清潔に保ちましょう。

美しいツヤとハリ、なめらかさのある髪は、美意識の高い女性にとって憧れの的です。しなやかでキレイな髪を手に入れるためにも、髪を洗う頻度を見直して、理想的な髪美人を目指してみませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!