髪の自然乾燥は絶対NG!髪を美しく保つなら必ずドライヤーで乾かそう


髪の毛を洗った後、乾かす時に使用するドライヤー。

ドライヤーの熱風は髪が乾燥したり、痛んだりするから髪の毛は自然乾燥をしているという人はいませんか?

しかし、髪の毛を自然乾燥させることは髪の毛にとっても頭皮にとっても良いことではありません。髪の毛のダメージを回避したいと思ったら、ドライヤーできちんと乾かすことが大切。

今回は髪の毛の自然乾燥をすることによって起きてしまうトラブルと、ドライヤーを使った方がいい理由について学んでいきましょう!

髪の毛の自然乾燥はNG?

髪を洗った後、タオルドライで水分を吸収してからその後はどうしてますか?

めんどくさいから、夏場は暑いから、髪の毛が痛みそうだからと言って自然乾燥をしている人はいないでしょうか?

髪の毛の自然乾燥、実はとっても危険です。

一体なぜなのでしょうか?

髪を乾かさないと不潔につながる

顔を洗ったり、体を洗った後は清潔なタオルで水分を拭き取りますよね。

頭皮や髪の毛を清潔にするために行ったシャンプーのあと、水分を拭き切らずに濡れたままになっていると、雑菌の繁殖しやすい不潔な状態になります。

それだけではなく、濡れたままの頭皮や髪の毛を放置すると外部刺激に弱くなり、寝ぐせが付きやすくなるなんてことも。

頭皮や髪の毛の事を考えるなら、自然乾燥はやめてドライヤーで乾かすようにしましょう。

自然乾燥はトラブルと隣り合わせ

髪の毛を乾かさずに濡れたまま寝てしまうと、髪や頭皮に残った水分が寝具に移ってしまい、雑菌が繁殖しやすくなるため、頭皮のトラブルを起こしてしまいます。

フケやかゆみ、皮膚病を引き起こす原因となり、枕と髪の毛の摩擦によって髪の毛にダメージを与えることに繋がります。

髪の毛は、濡れていると水分を含んでキューティクルが立ち上がっています。

そのため、キューティクルがはがれやすい状態になっていて摩擦や刺激などに弱くなっているのです。

髪の毛の乾燥にドライヤーを使った方がいい理由とは?

ドライヤーの熱は、髪の毛を傷めてしまう原因ではありますが、自然乾燥はもっとNGです。

自然乾燥で乾かした髪の毛は、キューティクルの表面が立ち上がったまま乾くので、艶が無くなりダメージを受けやすい状態になってしまいます。

自然乾燥を繰り返していると、ダメージを受けた毛が乾燥し、絡まりやすくなることで枝毛につながってしまいます。

ドライヤーを上手に使いこなすには?

ドライヤーで乾かす時に気になってしまう髪の毛の乾燥。

でも、ちょっとした工夫で髪の毛の乾燥を防ぐことが出来ます。

ドライヤーを使う前に保湿しよう

シャンプーのあと、タオルドライで髪の毛と頭皮の水分を吸収したら、髪の毛に洗い流さないトリートメントか髪の毛用の保湿オイルをつけて髪の毛をケアしましょう。

1回分の使用量は大体1プッシュ程度が目安です。

手のひらに伸ばして、毛先を中心にトリートメントかオイルをなじませます。

頭皮につけてしまうと、毛穴つまりなどの原因になるのでやめましょう。

ドライヤーは頭皮に近づけすぎないようにしてかける

ドライヤーをかけるときは、頭皮から20センチほど離して根元の方からかけるようにします。

根元を乾かす時は、片方の手で髪の毛の中に空気を送りながら、頭皮まで乾かしましょう。

ある程度乾いたら今度は指を優しく通して温風を根元から毛先に向かい当てます。特にサイドや額の周り、襟足のあたりなどは乾かし方が甘くなりがちなので気を付けましょう。

髪の毛から水分が完全に無くなったら完了です。

髪の毛をドライヤーで乾かすことにより、キューティクルがキュっと閉まるのでつやのあるサラサラの手触りの髪になります。

髪の毛のキューティクルは濡れたままだと開いているため、刺激に弱くなるのですが、乾いていると強くコシのある髪の毛を作ることができるのです。

ドライヤーで髪を乾かす時は、髪の毛の水分を事前にタオルドライで十分に取り去っておくことが大切です。

髪の中の水分が必要以上にある状態でドライヤーをかけてしまうと、ドライヤーの熱で熱せられた髪の中の水分が沸点に達して蒸発するので、乾燥やくせ毛が出やすくなってしまいます。

最後は冷風で髪を落ち着かせる

ドライヤーで熱風を当てて髪を乾かした後は、冷風を当てて仕上げをしましょう。

冷風を当てることで髪の毛の乾燥や痛みを和らげることができますし、キューティクルが閉じて髪の毛にツヤを出すこともできます。

熱風で乾かすことでもキューティクルは閉じますが、冷風を当てるともっと効果的なのです。

その他にも、髪のくせやボリュームを抑えるなどの効果も期待できるなどのメリットがあります。

熱風をかけたら冷風で仕上げをすることを習慣にするようにしましょう。

髪の毛を早く乾かしたい!時短テクニックはあるの?

夏場の暑い時期や、早く寝てしまいたい時などのドライヤーは面倒ですよね。

もっと手軽に髪を乾かすには、ドライヤーのワット数の高いものを使う事です。

ドライヤーのワット数は高いほど風量が強いので髪が早く乾きます。

美容院などで使うようなプロ仕様の数万もするドライヤーでなくても、今は量販店に行けば安い値段で1200ワットから先のドライヤーを手に入れることができます。

ドライヤーをかける時間が短ければ短いほど髪の毛の乾燥対策にもなりますし、乾かす時間の短縮にもつなげることができます。

速乾性のタオルを使って髪の毛をタオルドライする方法もあります。

ただし、マイクロファイバーで出来たタオルは髪の毛をゴシゴシ擦ってしまうと、研磨効果によって髪の毛が痛んでしまいます。

ターバンのように巻いておくことが出来るタイプのタオルを使って、しばらく待ってからドライヤーをかけるようにしましょう。

どうしても乾かすことができないときはどうする?

髪の毛の自然乾燥は髪の痛みの原因や頭皮に細菌が繁殖してしまう原因になってしまうのでNG。

しかし、どうしても髪の毛を乾かすことができないほど疲れていて、ドライヤーまで到達できないときは、タオルを巻いて就寝しましょう。

タオルを巻いて就寝すると、翌朝になっても完全に髪は乾いておらず若干湿った状態になっています。

水分が髪に残っているので寝ぐせもつきにくいですし、タオルで覆っているので枕と髪の毛が擦れることで起きる摩擦ダメージの軽減にもつながります。

これはあくまでも緊急時の緊急時のメンテナンスです。朝起きたらきちんとドライヤーで髪を乾かしましょう。

湿ってしまった枕や寝具は雑菌が増えてしまうので、洗濯をして乾燥することで清潔を保つようにします。

タオルとドライヤーをうまく活用して髪を乾かそう!

 

髪を乾かすってなにかと面倒ですよね。

しかし、面倒だから・髪の毛が痛むからといった理由で自然乾燥に任せるのはいいことではありません。

夏の暑い時期は髪の毛が早く乾くスプレーなどの時短アイテムの力を借りるのもいいですね。

また、タオルドライをしている時にスキンケアなどを行ったりしておくという手もあります。

タオルに十分に水分を吸わせることでドライヤーの時間も短くなりますし、熱風による乾燥から髪を守ることができます。

ドライヤーを上手に使いこなして、清潔できれいな頭皮と髪の毛を守っていきましょうね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!