ストパーと縮毛矯正の違い。それぞれの特徴と効果、髪への負担とは


女性ならだれもが一度は憧れたことのある、さらさらなストレートヘア。梅雨など湿気の多い季節は、髪がまとまらなかったり、うねうねとしてしまったりしてストレスを感じる方は多いと思います。

そんな時、挑戦したくなるのがストレートパーマ。

ですが、ストレートパーマといっても、美容室には「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」という2種類のメニューがあります。

この「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」、いまいち違いがよくわからないけど…今更なかなか聞きにくい…と感じている方は少なくないと思います。

そこで、ストレートパーマと縮毛矯正の違いをしっかり知って、自分の髪にあった、自分が目指すストレートヘアになるためのストレートメニューをチョイスしましょう!

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

ストレートパーマと縮毛矯正、同じように髪をストレートにする「パーマ」ですが、一体違いは何なのでしょうか?

それぞれの特徴や違いを詳しく説明します!

ストレートパーマって??ストレートパーマの特徴

ストレートパーマは、もともとかけていたパーマを落とすためにかけるパーマのことです。つまり「パーマを落とすためのパーマ」です。

そのため、ストレートにする、というよりは、髪のウェーブを落とす、といったイメージになります。

また、パーマがかかっていない状態でストレートパーマをかけると、髪のボリュームダウンになったり、自然なストレートヘアになります。

縮毛矯正?!なかなかわかりにくい縮毛矯正の特徴

縮毛矯正とは、本人が生まれ持ったくせ毛(縮毛)を、ほぼ完璧な状態のストレートにするパーマのことです。

一昔前は、ストレートにするには「ストレートパーマ」しかなく、縮毛をストレートにするには難しかったのですが、1990年代中盤にストレートアイロンを使った施術が登場、これまで難解と考えられていた縮毛をストレートにする技術が登場しました。

縮毛矯正は、ストレートにするパーマ液での施術に加え、髪の成分のひとつであるタンパク質に、アイロンの熱(高熱)を加えることでタンパク質の熱変成を起こし、髪の形状を固定するものです。そのため一度、縮毛矯正をかけたところは、半永久的にストレートになります。

ストレートパーマと縮毛矯正、施術の違いはココ!

ストレートパーマは、「ストレートなパーマをかける」という施術になるため、通常のパーマをかけるのと同じで、髪をまっすぐにした状態で髪にお薬をつけて、時間を置いてパーマをかけていきます。

縮毛矯正は、このストレートパーマの工程にプラスして、アイロンでの熱処理が加わります。先ほどお話ししたように、髪のタンパク質変成を起こすために、縮毛をかける部分全てに高熱のアイロンの施術を行います。

このアイロン処理が大きな施術の違いです。

髪への負担は違うの??

できるだけ髪への負担は減らしたい、髪が傷むのはいや、と思っている方は多いと思いますが、ストレートパーマも縮毛矯正も、「パーマ」なので、どうしても痛みは出てしまいます。

縮毛矯正は高熱でのアイロン処理が加わるため、ストレートパーマより髪への負担は重くなってしまいます。

ストレートパーマも縮毛矯正も、仕上がり後の見た目も触った感じは、傷んだように感じず、さらさらヘアに仕上がる事が多いと思います。ですが、実は熱処理やお薬で傷みは伴っているのです。

やっぱり気になる料金の違い

美容室では、カフェやレストランと違って料金表を出されることはほとんどないと思います。そのため、一体いくらかかるの?と不安になる方も多いはず。

そこでこれだけ覚えておけば大丈夫!なのが、ストレートパーマと縮毛矯正とだど、確実にストレートパーマの方が安い!ということ。

アイロン処理が加わる分、縮毛矯正の方が数千円高い場合がほとんどです。

何時間あれば大丈夫?それぞれの施術時間

髪の量や長さ、質によって、かかる時間は変動するので、一概に「○時間」と言い切るのは難しいですが、おおよその目安として、ストレートパーマで2時間程度、縮毛矯正はストレートパーマのプラス1時間から1時間半、と考えておくとよいでしょう。

美容室によって、かかる時間は違うので、要注意です。

アフターケアって必要?

ストレートパーマも縮毛矯正も、「パーマ」の施術なので薬剤や高温のアイロンを使用します。先ほどもお話ししましたが、髪への痛みは避けられません。

その痛みを最小限に抑え、なるべく長く美容室での仕上がりの状態を保つためには、家でのアフターケアは必須です。

まずは、美容室でいつから髪を洗えばいいかを確認しましょう。使用している薬剤や髪の状態によって異なるので、ここは確実に確認しておきましょう。

そして、おうちで髪を洗った後は、なるべく早くドライヤーで乾かすようにしまよう!髪の濡れた状態が長くなると、ストレートパーマも縮毛矯正も持ちが悪くなり、痛みの原因になります。

結局…自分にはどっちの方が向いているの?ストレートパーマと縮毛矯正

ストレートパーマと縮毛矯正の違いについてお話ししてきましたが、さてさて、あなたに向いているのはどちらになるのでしょうか?

ストレートパーマに向いているのはこんな人

ずばり、ストレートパーマに向いているのは、パーマによるウェーブをとりたい方!パーマスタイルに飽きた方や、パーマスタイルからのイメージチェンジを考えている方にオススメです。

また、髪の痛みを最小限に抑えたい方や、髪のボリュームをダウンしたい方、ナチュラルなストレートヘアにしたい方が、ストレートパーマに向いています。

縮毛矯正にはこんな人が向いている!

縮毛矯正は、くせ毛をまっすぐなストレートにしたい方、とにかくストレートヘアにこだわる方に絶対にオススメです!

筆者もくせ毛で、雨の時や湿気の多い日はストレスを感じて、朝の時間の多くを取られていましたが、縮毛矯正をするようになって、その時間とストレスの大部分を削る事ができました。

くせ毛で悩んでいる方が、縮毛矯正に向いています。

憧れのストレートヘアで、人生を楽しみましょう!

ここまで、ストレートパーマと縮毛矯正についてお話ししてきましたが、ご自分がしてみたいのは、ストレートパーマと縮毛矯正、どちらだったでしょうか?

昔から「女性は髪が命」と言われるほど、髪は「美」の象徴と考えられてきましたが、現在は多くの技術や薬剤が開発され、より自分の憧れるヘアスタイルに近づけるようになってきました。

ぜひ、ご自分の望む「ストレートヘア」に挑戦して、人生をもっともっと楽しみましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!