寝る時の髪の扱い方で、朝のスタイリングが劇的にラクになる!


寝ぐせや髪のうねりって、凹みますよね。

寝ぐせや髪の毛のダメージは、寝るときの髪の扱い次第で変わってきますよ。くせっ毛で悩んでいる人も、ボサボサだけどあきらめているという人も、寝る時のケアの仕方を知っておくと、きれいな髪になれるかもしれませんよ。

今回は寝ぐせや髪のダメージで悩んでいるという人のために、寝るときの髪の扱い方をお話します。

寝るときの髪の扱い方をマスターして、朝のスタイリング時間を短縮しましょう。

寝ぐせや髪のダメージの原因とは?

まずは、寝ぐせや髪のダメージの原因を見ていきましょう。

髪が生乾きの状態だと

シャンプーの後、ドライヤーで表面だけ乾かして終わりにしていませんか?

表面や毛先の部分だけでなく、髪の根元からちゃんと乾かしましょう。

濡れたままの状態だとキューティクルが剥がれやすいので、寝ている間に髪がこすれたら傷んでしまいますし、生乾きの状態だと地肌に雑菌が繁殖しやすくなるので、ニオイ、ベタつき、フケといった頭皮トラブルの原因にもなりますよ。

ショートヘアの人のなかには、髪が短いからすぐ乾くと思って自然乾燥にしてる人もいるかもしれませんが、そのまま寝るのはダメですよ。

寝ぐせがつきやすい人や髪のダメージが気になる人は、シャンプー後のドライヤーのやり方を見直してみましょう。

就寝時に髪が摩擦起こすことも

寝ている間に寝返りの回数が多い人は、髪の毛が傷みやすいかも。

寝ている間に髪がこすれると摩擦を起こしやすくなりますよ。

夜シャンが髪にダメージを与えるという説は、寝ている間の髪の摩擦なんです。

髪の摩擦を予防するのにおすすめなのが、流さないタイプのトリートメント。

髪の毛を乾かした後に、毛先や乾燥が気になる部分に流さないトリートメントをつけるだけでも髪の摩擦や静電気を防げますし、キューティクル保護成分入りの流さないトリートメントなら、寝ながら髪の毛のケアもできますよ。

寝ぐせやダメージから髪を守るのにおすすめなのがナイトキャップ

ナイトキャップというと、昔の外国の映画でしか見たことがない人もいるかもしれません。

寝る時にナイトキャップをかぶるだけで、美髪効果が期待できるんです。

ナイトキャップがおすすめな理由と選ぶ時のコツを見ていきましょう。

ナイトキャップは髪の毛の長さに関係なく使える

ショートヘアの人や髪を結ぶのには少し短いボブの人は、寝ぐせがつくと大変ですよね。

ナイトキャップは髪の毛を全部入れることができるので、髪が短い人の寝ぐせ対策にもなるんです。

ナイトキャップは、ロングやミディアムの人の髪の毛の摩擦対策にもおすすめ。

寝ぞうが悪い人や寝つきが悪くて寝がえりを打つ回数が多い人ほど、ナイトキャップをかぶって、髪を守りましょう。

素材や形にもこだわろう!

ナイトキャップを使う時の注意点から書いていきます。

  • 頭のサイズに合う物を選ぶ
  • サイズ調整ができるものを選ぶ
  • ロングやミディアムの人は、サイズに余裕を持って

ナイトキャップは、ゴムがきつかったりゆるいと使わなくなってしまうので、サイズは重要です。

ナイトキャップをはじめて買う時は、ネットよりも試着ができる、店舗で選んだほうが失敗は少ないですよ。

ナイトキャップに使われている素材は、肌にやさしいものを選ぶのがおすすめ。

ナイトキャップで人気があるのが、コットンとシルク。

どちらも肌触りがよいので、寝る時でも安心して使えます。

コットンとシルク、それぞれの特長を書いていくので、好みのものを選んでください。

  • コットン…通気性が良いのでムレにくく、肌にもやさしい
  • シルク…美髪効果があり、髪の摩擦が起きにくい

お手入れのしやすさではコットンに軍配があがりますが、寝ている間もヘアケアにこだわりたいのであれば、シルクのナイトキャップがおすすめですよ。

ロングやミディアムの寝るときのダメージ予防策!

ロングやミディアムならナイトキャップ以外にも、髪のダメージや寝ぐせを予防する方法がありますよ。

それでは、ロングとミディアムの寝るときの髪のダメージ対策を見ていきましょう。

頭頂部よりも上に髪を上げる

髪を下ろした状態で寝るのって、邪魔と感じたことはありませんか?

夏場などは暑いので、余計に邪魔に感じますよね。

そこでおすすめしたいのが、頭頂部よりも上に髪の毛を上げて寝る方法です。

この方法だと寝ぐせも付きにくいので、朝のスタイリング時間も短縮できますよ。

朝の時間を大切にしたい人におすすめの、髪のダメージ予防策です。

お団子も寝ぐせ防止におすすめ!

髪がからみやすいという人は、ただ上に髪をあげるよりもお団子にして寝た方が、朝のスタイリングがラクになりますよ。

お団子にすることで寝がえりをした時の髪の毛の摩擦が防げますし、髪がボサボサにもなりにくいんです。

髪の毛をお団子にするときは、頭のてっぺんでまとめると寝る時も邪魔になりませんよ。

寝ぐせ直しのコツも知っておこう!

ナイトキャップをかぶったり、髪の毛をお団子にまとめれば、寝ぐせも髪のダメージも少なくできますが、それでも寝ぐせの直し方は知っていた方が役に立ちますよ。

寝ぐせ直しのコツを書いていきますね。

濡らすのはハネている部分ではなく、髪の毛の根元!

寝ぐせを取ろうと、はねている部分ばかりブラッシングして、余計にハネがひどくなった経験はありませんか?

寝ぐせがついている髪の毛というのは、根元からうねっていることも。

寝ぐせも、シャンプー後のドライヤーと同じで根元からケアしないときれいにならないんです。

寝ぐせを直す時の手順も教えますね。

  • 髪のもつれやからまりを手ぐしでほぐしておく
  • ウォータータイプのスタイリング剤を髪の根元を中心に全体につける
  • ブラッシングをしてスタイリング剤をなじませる
  • ブローをする時は、髪の根元から毛先まで髪の毛の流れに沿ってブラシを動かす

また、ブローをする時は、温風と冷風を交互にかけることと、髪のダメージを防ぐためにも、長時間同じ場所にドライヤーを当てないようにしてくださいね。

寝ぐせはコテではなく、ドライヤーを使って直す

寝ぐせの部分だけヘアアイロンで直すのはNG、髪の根元から伸ばしていかないときれいな髪にはなりませんよ。

ストレートでも巻き髪でも、髪がボサボサの状態でヘアアイロンをかけるのはダメ!

ヘアアイロンを使う時は、ブローをして髪を整えてからにしましょう。

就寝時間を使って、きれいな髪になろう!

きれいな髪は夜に作られるといいますが、寝るときの髪の扱い方ひとつで朝の髪のコンディションは変わってきますよ。

きれいな髪というと「シャンプー」や「トリートメント」ばかりに目が行きがちですが、寝る前のドライヤーや就寝時のヘアケアにも気を配ると、寝ぐせもつきにくくなって、髪のダメージも予防できます。

寝ている間もヘアケアには大事な時間と思ってくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!