毛深い原因は遺伝だけじゃない!生活習慣の改善と正しい脱毛方法


今まで気にしていなかったけれど、ふと自分の手や足を見た時になんだか毛深い?と思ったことはありませんか?または、彼氏や友達と比べて自分の方が毛深いと感じる人も少なくないのだとか。

できるのであれば、毛深いことは気にせずに過ごしたいものですよね?実は体毛が濃いと感じる人の中には、間違った脱毛方法や原因となる生活習慣が隠れている可能性があります。

ここでは女性の体毛が濃くなってしまう原因やその対処方法を幅広くご紹介します。予防方法もまとめていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

体毛が濃く毛深い原因

最近では脱毛を取り扱う脱毛サロンが多くなってきているのが現状です。女性の中でも体毛が男性よりも濃く毛深い人がいるのはなぜでしょうか?ここでは女性の体毛が毛深くなる原因をご紹介します。

溜まったストレスによるもの

まず女性の体毛が濃くなってしまう大きな原因として「男性ホルモンが優位になってしまうこと」があります。生物学的にも男性と女性を分けるものはホルモンの多さによってなので、男性にも女性ホルモンは存在し、女性にも男性ホルモンは体内に存在しています。

女性は女性ホルモンが男性ホルモンより多いので、女性らしい体質や身体の作りをしています。

しかし、ストレスが溜まってしまうと女性は特にホルモンバランスに影響を与えるので「エストロゲン」という女性ホルモンのバランスを取っている成分がアンバランスになり男性ホルモンが多くなってしまいます。その結果、毛深い体毛になってしまうことがあります。

加齢により男性ホルモンが増加するから

女性ホルモンが一番活発に分泌されているのは「20代~40代前半」と言われています。女性ホルモンは年齢とも関係があるので、40代半ばあたりから急激に女性ホルモンが減少することで体毛が濃くなり毛深くなってしまう可能性があります。

食事中のコレステロールの減少によるもの

女性ホルモンを生成したりバランスを取ってくれているエストロゲン成分は「コレステロールの一種」になります。過度な減量ダイエットを続けているとエストロゲン成分が不足するので男性ホルモンの増加に繋がってしまうのです。

間違った脱毛方法によるもの

ムダ毛がはえてくることを恐れて、頻繁に脱毛処理をしていませんか?ピンセットやカミソリなどを使って肌を傷つけながら剃る脱毛方法では、逆に毛深さを促進してしまいます。

特に肌にクリームなど何も付けずに剃る方法や深剃りは肌の刺激に繋がり体毛が濃くなってしまう原因になってしまいます。

親からの遺伝によるもの

自分の両親や血が繋がっている人で毛深い人がいると、遺伝によって自分も毛深い体質になることがあります。研究結果によると毛深さの原因の大半を占めるのが遺伝ということもわかっています。

毛深いことで生じるデメリットとは

人よりも毛深いことはそれだけで人目が気になるものですよね。では毛深い体質を放置してしまうと一体どのようなことになるのでしょうか?

まず考えられるデメリットとしては「男性や同性の視線が気になる」ということ。着たい服を着ることができないというのも人目が気になってしまうので海などのレジャーも嫌になってしまいますよね。

次に考えられるデメリットとしては「体臭が気になる」ということです。毛深さは放置してしまうと独特の体臭になってしまう傾向があるので、少しでも体毛が濃いなと思ったらそのままにせずに脱毛方法や予防策を試してみることをオススメします。

毛深い身体とはオサラバ!体毛を薄くする方法

ではここで、毛深いことも気にならなくなる毛深さを解消させる方法をいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

肌ストレスのない脱毛方法に変える

外部からの刺激としてカミソリやピンセットなどによって肌を傷つける脱毛方法を変えることが大切です。例えば、直接肌に刃を立てない「電動脱毛シェーバー」を使うなど肌に刺激の少ない脱毛をオススメします。

また、ムダ毛がどんどんはえてくることを恐れて毎日剃ったりしていませんか?想像以上に皮膚は毎日脱毛することに刺激を受けています。毎日剃ることで毛穴が開きやすくなり毛深く濃く見えてしまうので毎日の脱毛はやめましょう。

ストレスと上手に付き合うようにする

ストレスが女性ホルモンのエストロゲンを低下させるという原因をご紹介させていただきました。ストレスはどうしても毎日気づかないうちに溜まるものなので、これが私にとっての解消法だ、と言える気分転換方法をあらかじめ見つけておくことが大切です。

冷え性改善の温かいものを摂取する

冷え性は男性よりも女性の方が体質的に多いのですが、人は身体が冷えると体温を上げようとして体毛を増やす作用があるようです。その為、冷え性の人は日頃から身体を温めたり温かい食べ物・飲み物を摂取するようにして冷え性を改善させるようにしましょう。

毛深さを解消する5つの予防生活習慣

毛深さは人によってすぐに解消する対処方法もあれば、時間がかかることもあるので体質によって様々です。こちらでは、普段から少しずつ改善することができる生活習慣の予防方法をご紹介します。

女性ホルモンを助ける食事法にする

まず普段の食事から毛深さの予防をしていきましょう。前提としては規則正しい時間帯にバランスの取れた食事が理想ですが、「大豆イソフラボン」・「ビタミンB6」・「ビタミンE」・「タンパク質」の4種類の栄養素を積極的に摂取することによって体毛の濃さが薄くなる効果があります。

大豆イソフラボンは主に納豆や豆腐に含まれており、女性ホルモンと同じ働きをすると言われています。

ビタミンB6はマグロなどの魚類に多く含まれており、ビタミンEはナッツやアーモンドに含まれています。どちらも女性ホルモンのエストロゲンの量をコントロールしたり代謝を良くする効果を持っています。

タンパク質は身体を作ってくれる必要な栄養素ですが、エストロゲンをしっかりと分泌してくれる働きを持っています。主に卵やチーズなどの乳製品に多く含まれています。

質の良い睡眠を取る

栄養のある食事と同じくらい大切なのが「質の高い睡眠」です。長時間の睡眠ではなくあくまでも質の良い睡眠が必要になります。これは、成長ホルモンや女性ホルモンは睡眠中に多く分泌させるので体毛の濃さや身体の状態を整えてくれるので深い睡眠に注意するようにしましょう。

特に夜寝る前にスマホやゲームなどのブルーライトは深い睡眠の妨げになるので眠る1時間前は避けましょう。

正しい脱毛習慣で女性らしいキレイな素肌を手に入れましょう!

自分の毛深さから着たい服が着れなくなってしまったり、必要以上に脱毛処理をして素肌を傷付けてしまった女性は多いようです。毛深さの原因は遺伝以外にも日常の生活習慣の中にも隠れている可能性があるので、ぜひチェックして体毛の濃さを気にしないキレイな素肌を手に入れてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!