セルライトの潰し方はコレ!改善すべき生活習慣もお教えします

太ももの気になるお肉をつまむと、なんだかでこぼこしている…そんなことはありませんか?そのでこぼこの正体は「セルライト」。

できはじめはつまんでみないとわかりませんが、大きくなると見た目にわかるようになってきます。

この記事では、セルライトを“潰して”解消する方法を見ていきましょう。

そもそも、セルライトって何?

セルライトとは、皮下脂肪組織に溜め込まれてしまった脂肪や老廃物、水分がコラーゲンの繊維と絡み合い、大きくなって固まった状態のこと。
日本人の約8割にセルライトがあると言われています。

セルライトができやすい場所

セルライトができやすいのは、太ももの裏側・二の腕・お腹。太っている人にあるというイメージを持ちがちですが、痩せている人でも太ももの裏には実はセルライトがある、という人もいます。

セルライトが自分の体についているかどうか確かめる方法は簡単。気になるところを指と指でつまんだとき、でこぼこしていたらそこにはセルライトがあるということ。気になる部分があったらすぐにチェックしてみましょう。

できはじめのセルライトは触っても痛くありませんが、放置していると大きくなって痛みが出てくることもありますので、早めにケアしておきたいものですね。

セルライトができる原因

セルライトができる大きな原因は、体が冷えることと代謝が低下すること。

体が冷えると、体を守ろうとして脂肪がどんどん蓄えられてしまう上に血液の循環も悪くなっていきます。結果として代謝が悪くなることで老廃物の排出が妨げられてどんどん蓄積されていきます。

このようにして溜まってしまった皮下脂肪と老廃物が合体することでセルライトが生み出されてしまいます。

セルライトができてしまうとどうなるか

セルライトができても命に別状はありませんが、代謝が下がってしまうので脂肪の燃焼効率が悪くなり痩せにくい体になってしまいます。

セルライトが大きくなると、海外では「オレンジピール」と呼ばれる皮膚の表面がボコボコした状態になるため、何より見た目が良くありません。

自分で潰す方法は

自分でセルライトをケアする基本は「適度な力でほぐしたら、リンパを流す」ということ。マッサージの方法を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

マッサージの方法

ふくらはぎや太ももについてしまったセルライトを解消するためには、下記のようなマッサージを行います。

  • リンパの流れを良くするために足の裏、膝の裏、太ももの付け根をほぐす
  • ふくらはぎを足首側から膝に向かって、リンパを流すイメージでさする
  • 太もものセルライトが気になる部分を、手のひらと指の腹を使ってつまみ上げるようにもむ

たったこれだけです。お尻も同様にマッサージしていきましょう。ただし長い時間マッサージするというのではなく、短い時間でも毎日続けることが大事。

注意点

マッサージする前には、まずはお風呂に入って体を温めましょう。足が冷たいまま強い力でマッサージをするとあざができてしまいます。

そして、クリームやオイル、ジェルなどを塗るのをお忘れなく。あまり強い刺激は逆効果なので、摩擦を和らげるために必要です。優しくなで上げるようにマッサージを行ってくださいね。

また、足をマッサージするのであれば、「ふくらはぎだけ」ではなく足全体をケアしてあげましょう。

エステでセルライトを潰す

自分でセルライトを潰していくのも一つの方法ですが、エステに通ってプロにケアをお任せするという手もあります。

エンダモロジー

専用のボディスーツを着て、その上からローラーで吸引や揉みほぐしを行います。

機械によって、吸引しながらもみほぐすことで凝り固まってしまったセルライトのケアをするほか、コラーゲンやエラスチンなどを増やしてくれるなど、痩せやすい体質を作るとともに美肌も目指せる施術です。

老廃物を流してくれる作用が強いため、全身の血行が良くなり太りにくい体質に。

キャビテーション

超音波を用いて脂肪を分解していく施術。皮下脂肪だけではなく、凝り固まってしまったセルライトにも働きかけ、分解して排出できます。

即効性が大きな特徴。すぐに効果を実感できるので人気の施術です。

サーモシェイプ

高周波やラジオ波によって体内の温度を上げるもの。
体の深部で熱が発生することで代謝が促されるので、リンパの流れが良くなり、老廃物を汗や尿と一緒に外に出してくれます。

また、コラーゲンやエラスチンの生成を促してくれるので弾力とハリがある肌をよみがえらせることができますし、体の冷えによる不調の改善も目指せます。

リンパドレナージュ

自分でもマッサージはできますが、エステのリンパドレナージュはリンパの滞りを除去することに特に着目。ハンドマッサージによってリンパの滞りを解消し、少しずつセルライトをほぐしていきます。

セルライトを作らないためにできること

せっかくセルライトを潰しても、今までと同じ生活をしていたらまたセルライトができてしまいます。セルライトを作らないためには、生活を見直す必要があるかもしれません。心当たりがあったら、まずはその部分から直していきましょう。

体を冷やさない

体が冷えると血行が悪くなるので、セルライトができやすくなります。

例えばお風呂に入るときには、シャワーだけで済ませずに夏でも湯船に入ることや、冷房で冷えそうなときは長袖を着るようにしたり、レックウォーマーやネックウォーマー、ひざ掛けなどをつかうこと。

ほんの少し気をつけるだけで、体を冷えから守ってあげられます。

食べ過ぎに注意する

高脂肪・高カロリーなものを食べ過ぎると、体内で脂肪に変わりますが、その脂肪が多ければ多いだけ、セルライトができやすくなってしまいます。

バランスの良い食事を摂ることは、セルライト予防だけではなく健康な体を作るのにも必要です。

適度な運動

有酸素運動は、セルライトをなくすのにも効果的ですが、セルライト予防にも効果があります。例えばウォーキングやスロージョギングなど、体に負担をかけすぎない運動でOK。

続けることができるような運動を選ぶことが大切です。

睡眠をきちんととる

不規則な生活の毎日や、寝不足が続いてしまうと、ホルモンバランスが乱れたり、自律神経が乱れてセルライトができやすい状態に。
睡眠はこんなところにも影響を与えてしまうのですね。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まることでも代謝は落ちてしまいます。

でも、生きている以上はストレスを完全になくすのはとても難しいもの。ストレスが溜まっているなと感じたら、早めに休んだり、趣味に打ち込んだりしてストレスの解消をすることが大切です。

セルライトは早めに”潰して”しまいましょう!

セルライトができてしまうと見た目も良くありませんし、痩せにくい体になってしまっているということ。早いうちにケアをしてあげることが美しいボディラインに近づく第一歩。自分でケアするのもよし、プロに任せるのも良し。自分で続けられる方法を見つけてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!