アイクリームで目元ケア!効果的な正しい塗り方


目元のシワ・クマ・くすみ・たるみは女性にとっての大敵です。

目元ケアに欠かせないスキンケアアイテムの中に、アイクリームがあるのはご存知ですか?目元の乾燥が気になる方にとっても欠かせないアイテムです。

目元ケアができると話題のアイクリーム。使い方が分からず、お困りの方も多いのではないでしょうか?塗り方を知って効果を引き出しましょう。

アイクリームの基本的な使い方とは?

アイクリームを使う際は、リンパをこめかみへと流すようにして、筋肉を動かすように意識しましょう。たるみや小ジワの予防には、目の周りを囲んでいる眼輪筋を弾力のある状態でキープする必要があります。

アイクリームの正しい塗り方

  1. アイクリームは、まず手の甲で温めておきます。冷たい状態で使うと、肌への刺激となってしまうことも考えられますので注意しましょう。手の甲で温め、テクスチャーが柔らかくなってきたら、肌へとのせていきます。
  2. アイクリームが温まったら、一点に集中してしまわないように、肌へと塗っていきましょう。上下3箇所ぐらいに分けて塗りましょう。気になるポイントには多めに塗ってみて下さいね。
  3. 全体的に塗ることができたら、トントンと優しく叩くようにして、肌に馴染ませていきます。シワの間にも丁寧に塗っていきます。
  4. 目元へ馴染んできたら、外側から内側へ向かって指を滑らせながら、軽く伸ばします。
  5. 最後は、肌へとしっかり浸透するようにハンドプレスして下さい。目元が温まってきたら完了です。

アイクリームを使う順番

まず最初にスキンケアを行い、化粧水や美容液で肌が整った後に、油分と美容成分を与えます。スキンケアの正しい順番は、洗顔・クレンジング→化粧水→美容液→乳液→アイクリーム→保湿クリームです。

この順番で、ぜひ試してみましょう。乳液や美容液を使わない場合は、必ず清潔な肌に化粧水で保湿をしてから塗って下さいね。

アイクリームを使うタイミング

アイクリームは基本的には、朝晩のスキンケアで使います。朝のメイク前につけると、日中の乾燥対策にもなります。

しかし、美容成分によっては紫外線に当たると、肌に負担となる場合もあります。また、朝用と夜用に用途が分かれている物もありますので、購入前に予めチェックしておきましょう。

アイクリームとフェイスクリームの違いは?

アイクリームは、顔の部分で特に乾燥しやすい目元専用に作られたクリームです。フェイスクリームに比べると油分の量が多く含まれ、さらに美容成分も配合されています。

無添加で低刺激処方の物が多く、肌に優しいクリームです。フェイスクリームだけでは不足しがちな目元の栄養を補ってくれる役割もありますよ。

アイクリームの選び方と保湿成分

アイクリームは、目元の周りに潤いを与え、滑らかにしてくれます。

アイクリームにも沢山の種類があり、美容成分にもそれぞれ特徴がある為、自分の肌に合った物を選ぶ事が大切ですね。その中でも特にオススメの美容成分を紹介します。

シワやたるみに効果的な美容成分

コエンザイムQ10・レチノール・コラーゲン

クマに効果的な美容成分

トラネキサム酸・ビタミンC誘導体

乾燥に効果的な美容成分

セラミド・ヒアルロン酸・グリセリン・レシチン・アミノ酸・スクワラン

アイクリームを使ったマッサージ方法

アイクリームを使った簡単にできるマッサージ方法の紹介です。

  1. まず薬指を使って、まぶたと目の下にアイクリームを点置きします。
  2. 血行が良くなるように指の腹でトントンと外側へ向かって軽く叩いていきます。
  3. 目の下、目の上部に指を滑らせるようにして伸ばします。2~3回往復させて行いましょう。

目の周りのツボを刺激してみよう

目の周りのツボで、眉頭の内側の少しへこんだ部分を押さえると血行を良くし、くすみや小ジワの改善にもなります。親指や人差し指で上へ向かって持ち上げるように押さえるのがポイントです。

眉尻の上のくぼみの部分にもツボがあります。中指の腹で押さえてみて下さい。眼精疲労に効果的で、小ジワやたるみの予防にもなります。

アイクリームを使う時のポイント

アイクリームを塗る時は、力を入れすぎないように注意しましょう。力を入れて塗ると、色素沈着やクマの原因となる場合もあります。

目元周りは肌が薄くデリケートな為、負担がかかると刺激となるので気を付けましょう。

スキンケアアイテム選びが大切

アイクリームを効果的に使う為には、化粧水や美容液選びも重要です。アイクリームが肌へとピタッと密着するには、水分量が必要となります。

中でも、セラミド配合のスキンケアアイテムは、肌のバリア機能を正常に保ってくれる作用が働き、乾燥しやすい目元を潤ってくれます。

アイクリームを使い始める年齢は?

アイクリームは年齢に関係なく、目元の乾燥や小ジワなどが気になってきたら使い始める事をオススメします。特に、アイメイクに力を入れている女性は、クレンジングもしっかりと行っているでしょう。

若くても目元は乾燥しやすくなるので、アイクリームを使って目元の潤いをキープしましょう。

継続して使って効果を実感

アイクリームは、一時的な乾燥による小ジワであれば早めに効果を実感できます。ですが、シワやクマ、くすみなどへの効果を感じる為には、最低でも3ヶ月は続けて使ってみる事が大切です。継続して使えば美肌効果にも期待ができますよ。

上手にケアして明るい目元を目指しましょう

目の周りは、とってもデリケートな部分です。お手入れを続けることで目元の保湿になり、少しずつ目元の疲れも改善されていきますよ。

綺麗な目元を保つ為には、正しく使うことが重要です。また、長く使うことで効果が得られるようになりますよ。

目元専用のアイクリームで、若々しさを取り戻しましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!