アロマオイルの使い方。心地よい香りで心身ともに健康で美しく!


ナチュラル志向が高まりを見せている中、香りも人工的なものから、より自然なものが求められています。

天然の植物を原料としたアロマオイルは、美容や健康、精神の安定はもちろん、消臭や虫よけなど、生活の様々な場面で効果が認められています。

アロマオイルを正しく使って、美しく健康的な暮らしを楽しみましょう。

自分の好きな香りのタイプを知ろう

アロマオイルと呼ばれる精油には実にたくさんの種類があります。これらの香りには特徴があり、大きく分けると7つのタイプに分けることができます。

同じタイプの精油は香りの印象も似ているのでブレンドしやすく、オリジナルのオイルも作りやすいでしょう。

ますは香りのタイプを知って、お気に入りの精油をみつけましょう。

<7つの香りのタイプ>

1・かんきつ系
レモン/グレープフルーツ/マンダリン/ベルガモットetc.
さっぱりとした果物をベースにした香りです。気分を高め、明るくポジティブに保つ作用があります。

2・フローラル系
カモミール/ジャスミン/ゼラニウム/ネロリ/ラベンダー/ローズetc.
フェミニンで華やかな香りです。長持ちするので広い用途で使われます。花から抽出しているものが多く、甘い香りが女性に人気です。

3・ハーブ系
クラリセージ/バジル/フェンネル/ペパーミント/スイートマジョラムetc.
呼吸器系に作用するものが多く、スッキリとした香りが特徴です。

4・樹脂系
乳香/ベンゾイン/ミルラetc
木の樹脂が原料で、独特の香りが特徴的です。粘度が高く、肌荒れの治癒効果があるので、ハンドクリームやかかと用のクリームに使われます。

5・樹木系
サイプレス/シダーウッド/ユーカリ/ジュニパー/プチグレインetc.
森の中を連想させる、爽やかな香りです。ストレス解消やリラックス目的での使用が人気です。

6・スパイス系
クローブ/シナモン/ジンジャー/ブラックペッパーetc.
香辛料が原料のスパイシーな香りです。体を温める作用があり、やる気や元気を取り戻したいときにおすすめです。刺激が強いので取り扱いには注意が必要です。

7・エキゾチック系
イランイラン/サンダルウッド/パチュリー/ヘチパーetc.
異国を思わせる個性的な香りです。ブレンド向きで、不安感や動揺を鎮める作用があります。

アロマの力で綺麗に。ラベンダーオイルは美容効果抜群!

アロマオイルといえばラベンダーが最も有名なのではないでしょうか。穏やかで心安らぐ香りは安眠効果も高く、リラックス作用があるのでポプリやルームスプレー、生活用品など様々な場面で取り入れられています。

ラベンダーは抗炎症作用や殺菌作用が優れている為、原液で使える数少ないオイルのひとつです。

美肌効果が非常に高いので、ニキビやダメージ肌の皮膚を修復するだけでなく、エイジングケアはもちろん火傷や傷にも有効な万能オイルと言えるでしょう。

保湿効果が高く、肌にハリとうるおいを与えるのでボディソープやハンドクリームに入れて使うと効果的です。

アロマオイルのパートナー、キャリアオイル

アロマの精油はラベンダーなどのごく一部を除いて、殆どが直接肌につけられないため、マッサージに使用する際にはキャリアオイルに希釈した上で使用します。

キャリアオイルもアロマオイルと同様に天然の植物から抽出されており、それぞれに特徴や効能があり、ブレンドして使うことで精油の成分を体内に浸透する手助けをしてくれるのです。

キャリアオイルもたくさんの種類がありますが、マッサージなどに使いやすい12種類をご紹介します。

<マッサージにおすすめのキャリアオイル>

1・スイートアーモンドオイル
スキンケアに使われるオイルの中では最もポピュラーなオイルです。肌なじみが良いのでボディマッサージにおすすめです。オレイン酸が多く含まれ、肌を柔らかに保ち、乾燥による痒みや炎症を鎮めます。

2・ホホバオイル
フェイスケアや髪のお手入れ向きのオイルです。肌に浸透しやすく効果も持続します。保湿効果が抜群であらゆる肌質に対応OKのオールマイティなタイプです。

3・セサミオイル
老化防止の効果があり血行を促進させ、体内の毒素を排出します。傷ついた神経を癒して心身に力強さを与えてくれます。

4・グレープシードオイル
さっぱりとした感触が特徴で、刺激の少ないオイルです。繊細なお肌のケアに向いています。殆ど無臭なので、色々なアロマオイルを組み合わせて香りを楽しめます。

5・オリーブオイル
オレイン酸とビタミンEが豊富で、肌にうるおいを与え皮膚の再生を促進します。しわの予防や血行不良、ひび割れのケアにもおすすめです。

6・ココナッツオイル
水のようにさらっとした軽い感触で、ヘアケアにもよく使われます。紫外線から肌を保護する役割を持つオイルです。

7・アボカドオイル
オレイン酸に加え、ビタミン、レシチンと栄養豊富なオイルです。高い保湿力で乾燥肌に効果があります。若々しい肌を保ち、かゆみや炎症も鎮めます。

8・マカデミアナッツオイル
別名「若返りオイル」とも呼ばれるバルミトレイン酸を含んでおり、皮膚を若々しく保つ効果に優れています。ビタミンA、B、Eも入っているため、傷んだ髪のケアにもおすすめです。

9・カメリアオイル
椿油としておなじみのオイルです。髪だけでなく皮膚への浸透も良く、髪や肌を紫外線から守り、健やかに保ちます。長期保存が可能なのも利点です。

10・ローズヒップオイル
リノール酸を豊富に含み、しわ、しみ、ニキビのケアに効果的な美肌のためのオイルです。ニキビの炎症や日焼け跡の肌にも効果的です。

11・月見草オイル
皮膚細胞に不可欠なrリノイン酸が若々しい肌を保ちます。痒みを伴うような乾燥肌や炎症にも効果的です。

12・小麦胚芽オイル
香りと粘り気の強さが特徴です。酸化防止、老化防止に効果があり、冷え性のマッサージにおすすめのオイルです。

キャリアオイルに対し、精油が何パーセント入っているかを表すのが希釈率です。
精油の一滴はだいたい0.05mlで、顔用のマッサージオイルには1パーセント以下、ボディ用は2パーセント以下で希釈するようにしましょう

敏感肌の人や子供やお年寄りはこれよりも低い希釈率にします。全ての人に合うわけではないので、事前に必ずパッチテスト(肌の内側にオイルを適量塗って、一定時間置いて異常が出ないか様子をみること)をしましょう。

アロマオイルは芳香浴・アロマバス・マッサージで使い分けて

アロマオイルには大きく分けて、芳香浴・アロマバス・マッサージなどの使い方が一般的です。それぞれの特徴を踏まえ、より効果的に活用しましょう。

*芳香浴
アロマテラピーを手軽に効果的に楽しむ方法と言えば芳香浴です。室内ではオイルウォーマーやディフューザーで精油の香りを拡散させ、外出先などではハンカチにしみこませたり、気軽に香りの効能を楽しめます。

*アロマバス
お風呂のお湯などに精油をたらして入るアロマバスは、香りを楽しむ芳香浴の効果に加え、精油が皮膚から浸透する効果もあります。血行がよくなり身も心もリラックスできるので、日々の生活に取り入れるとベストです。

*マッサージ
アロママッサージは香りによるリラックス効果だけでなく、精油とキャリアオイルの成分を直接肌から浸透させることが出来ます。マッサージをすることで心身ともにリラックスでき、健康促進効果が期待されます。

症例別・困ったときはこのオイルを使おう

アロマオイルは体内に有効成分が浸透し、種類によって様々な効能があります。薬に頼る前に、天然のオイルを使って対応してみるのもおすすめです。

いくつかの症例と対処法をご紹介します。

Q:イライラするときは
A:イランイラン、ゼラニウムを使って芳香浴。怒りを鎮め、心のバランスを取り戻します。アロマバスに使うならラベンダーでリラックス、マッサージにはネロリを使って興奮した心を落ち着かせましょう。

女性特有の悩みであるPMSによる不快感にはレモンやグレープフルーツなどの柑橘系でスッキリしたり、マッサージにベルガモットやクラリセージを使って不安定な感情をほぐしてリラックスするのがおすすめです。

Q:冷え性には
A:保湿効果の高いローズマリーでじっくり半身浴がよいでしょう。天然塩を入れると温まります。ジンジャーやユーカリを使っての足浴もおすすめです。
マッサージにはローズマリーやスイートマジョラムをブレンドし、血行促進のツボを指圧しながら行うと効果的です。

Q:眠れいないときは
A:ベッドルームの芳香浴にはオレンジスイートやサンダルウッドで、こころを癒し、落ち着いた気分で過ごしましょう。
アロマバスやマッサージにはラベンダーを取り入れてリラックスすると眠りが訪れやすくなります。

Q:ダイエット
A:グレープフルーツの香りには利尿作用や脂肪の分解を早め、食慾を抑える効果があります。芳香浴やアロマバス、マッサージに取り入れると効果が期待されます。

この他にも、アロマオイルの効果は万能で、乗り物酔いや花粉症、頭痛やむくみに効く組み合わせもあります。専門店や、本、インターネット上でも様々な症状に対応した精油のブレンド方法が公開されていますので参考にしてみてください。

香りは見えないインテリア。お掃除もオイルで効果的に

お気に入りの香りに包まれることで、心身に様々な良い作用が現れますが、香りは見えないインテリアでもあります。

アロマオイルは香りを楽しむだけでなく、頑固な油汚れを落とす掃除用スプレーも作れてしまうのです。天然の成分で作られているので安心ですし、スッキリ爽やかな香りで気分よく掃除が出来るのもうれしいですね。
スプレーを作るのはとても簡単で、いつでも手軽に使えるのが利点です。

まずは使用する材料と道具を揃えましょう。

*掃除用スプレーに必要なもの

  • 精油・・10滴程度
  • 無水エタノール35ml
  • 精製水65ml
  • ビーカー、かくはん棒、保存容器など

キッチン用であれば、オレンジスイートやグレープフルーツを5滴程度、リビングであればラベンダーを8滴、ペパーミントを2滴程度使用するのがおすすめです。
いずれも一か月をめどに使い切るようにしましょう。

アロマオイルで虫よけスプレーも手作りOK

化学物質を使った虫よけスプレーはなるべく使いたくない、天然の成分であるアロマオイルで自分に合ったオリジナルの虫よけスプレーを作りたい・・という場合も、アロマオイルなら安心です。

効果抜群の虫よけスプレーが簡単に作れます。虫よけには、ユーカリ・レモングラス・シトロネラ・ゼラニウム等の精油が有効です。

精製水と無水エタノール、スプレーボトルがあれば後は混ぜるだけ。材料も薬局などで簡単に手に入るので作りやすいです。

基本的な作り方

1・スプレー容器に無水エタノールを5ml程度入れる
2・アロマオイルを10滴(敏感肌や子供用には1~5滴)入れてよく振って混ぜ合わせる
3・精製水45mlを加えてよく混ぜ合わせたら完成です

アロマオイルを購入するときは純度の高い本物を

精油は専門店だけでなく、様々なお店で置いてあるのをみかけるようになりました。値段も手ごろであったり、インターネットでも希望のオイルが簡単に手に入ります。
しかし中には化学物質で人工的に作られたものであったり、アロマオイル本来の植物の効能が抽出されていないものもあるので注意が必要です。

<良いアロマオイルを購入するポイント>

★精油を購入する際にはラベルの表記を確認しましょう。学名が表記されていて、原産地が書かれてあれば、きちんと管理されている精油であることがわかります。

★精油のボトルの口の部分である、ドロッパーが国際規格のものであるかどうかにも注目しましょう。国際規格のものは通常1滴が0.05mlで出るように設定されています。

★アロマオイルを購入する際にはやはり専門店で選ぶのがよいでしょう。知識の豊富なスタッフさんに話を聞いたり、アロマオイルひとつひとつに成分表がついていたりと、専門店でならではのサービスは安心です。

結構危険!?アロマオイル使用時のNG行為と注意点

幅広い用途や様々な効能が期待されるアロマオイルですが、個人で楽しむ場合には良くても、香りの好みや濃度の強弱などは人によって感じ方は千差万別です。家族のいる場合には十分注意して使用するようにしましょう。

ペットのいる部屋では使わない方がよい場合もある

アロマオイルは心身に良い作用をもたらしますが、必ずしも自宅で飼っているペットにも良い、というわけではありません。

犬や猫は嗅覚に対する感受性が人間よりも非常に高く、オイルが及ぼす作用が人間とは異なることを意識することが重要です。

ペットも今や多種多様ではありますが、ここでは一般的な犬・猫・鳥などを例にあげて、アロマオイルを使う際の注意点を挙げていきます。

♠犬・・犬には使用してはいけないと言われるオイルはいくつかあるものの、一般的な精油の室内での芳香浴程度であれば、殆ど問題ないでしょう。

ただし、犬は人間の100万倍もの嗅覚を持つと言われていますので、合成香料や不純物を含んだものを排除したり、濃度や香りの好みにも注意するなどの十分な配慮が必要です。

♣猫・・猫の体は精油の成分を代謝できないため、中毒を起こす可能性が高いといえます。

皮膚や肺からアロマオイルの成分が吸収されることによって、運動失調や流涎などの症状が出る場合もあるので、猫のいる空間ではアロマオイルの使用は控えましょう。

万一異常がみられた際には動物病院に速やかに連れていき、オイルを使用したことを伝えてください。

♥鳥・・小さな体の鳥にとって、アロマオイルの成分はかなり刺激が強いため、鳥のいる部屋でのオイルの使用はおすすめできません。ペットのいる部屋でのアロマオイルを使用すると衰弱したり、命の危険もあるのです。

アロマオイルを使用する際は、鳥を離れた部屋に移す、鳥のいる部屋は十分な換気を行うなどアロマの香気を落とす配慮をしましょう。

♣フェレット・モルモット・ウサギなど
猫や鳥同様、アロマオイルの揮発成分が何らかの中毒症状を引き起こしたり、衰弱を招いたりする危険があります。室内飼いのペットのいる部屋では使用を控えましょう。

アロマオイルはペットのいる空間での使用に関しては、安全性の認められているものであっても、出来るだけ控えた方がよいでしょう。

別の部屋でオイルを使った場合には、着替えたり、香気を十分に落とすように配慮してください。

また、オイルのボトルの蓋はしっかりと閉め、オイルの原液がペットに触れることのないように十分に注意しましょう。

直塗りはNG。妊娠中や高血圧の人は使えない場合も

ラベンダー以外の精油は植物の成分が凝縮されているため、直接肌につけるには刺激が強すぎます。使用の際はキャリアオイルや水で必ず希釈してから使いましょう。

オイルを塗る前にはパッチテストをして、肌に異常が出ないか事前にチェックしておくことも必要です。もちろん、有効成分が含まれているからと言って飲むのも禁止です。

精油の作用によっては妊娠中や高血圧の人にとって悪影響を及ぼす場合もあるので、使用を控えるか、十分に安全に配慮された精油だけを少量使用するに留める方がよいでしょう。

もったいなくても使用期限を守って使おう

アロマオイルを使用する際には必ず記載されている使用期限を確認しましょう。通常柑橘系であれば1年未満、それ以外の精油は2~3年持ちますが、開封したらなるべく早く使い切るようにしましょう。

アロマオイルは光や熱、空気や湿気の影響を受けやすく、成分が変化してしまうので、開封後は速やかに使い切ることが望ましいです。

残ったオイルはバスルームなどに置かずに冷暗所で保管するようにしてください。

アロマオイルを正しく使って、心身ともに健康で美しく

アロマオイルは正しい容量・用法を守れば、私たちの暮らしの中で美容や健康、掃除のお供にと衣食住全てのシーンで活躍してくれる優れものです。組み合わせによって用途の可能性は更に無限に広がります。

お気に入りの香りに包まれることはとても心地よく、特に女性にとってはうっとりとするような香りをまとうことで、どんどん美しくなっていくことでしょう。

アロマオイルを使って気分も軽やかに、心地よい香りに包まれて、健康的で美しい毎日を過ごしましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!