歩き方次第で足が綺麗に見える!パンプスの正しい歩き方


歩き方と聞くと、「パンプスに正しい歩き方ってあるの?」と疑問に思うかもしれません。実は、歩きやすいパンプスでも歩き方一つでヒップアップや足をキレイに魅せることができるのです!

ここでは、簡単にできるパンプスの美シルエットを作る歩き方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

パンプスを履いた時によくなる足トラブル

今では様々なデザインや多くのヒールの高さがあるパンプスですが、まずはじめにパンプスを履いた時によく起こってしまうトラブルを2つご紹介します。これは、パンプスの間違った歩き方にも繋がるので、ぜひチェックしておきましょう。

脚が痛くなる

パンプスの歩き方が間違っている際によくなってしまうのが「脚の痛み」です。これは、普段あまりパンプスやヒールを履かない人によく起こりがちなトラブルとなります。

特にパンプスは、スニーカーやスポーツシューズと同じ歩き方をしてしまうと脚にかかる負担が大きくなってしまうのです。

よく靴擦れする

パンプスを履くとすぐに靴擦れしてしまうのでパンプスは敬遠しがち・・・という人も多いのではないでしょうか?
靴擦れの主な原因としては、つま先に力が入ってしまっていることや踵にわずかなすき間ができることでそれが擦れてしまうことにあります。

靴擦れは「靴が足に合っていないこと」と「歩き方が間違っている」の2つあります。歩き方を変えると靴が足に馴染むこともあるので歩き方は重要になってきます。

3ステップ!パンプスの正しい歩き方

ではここで、パンプスの正しい歩き方の3ステップをご紹介します。慣れてくると自然とできてくるので、ぜひできるところから始めてみましょう!

1. 姿勢はまっすぐでいること

まず歩き方を覚えていく前に大切なことが「立ち方」です。ヒールもそうなのですが、パンプスも姿勢がまっすぐでないと疲れやすかったりすぐに足が痛くなる原因となってしまうのです。

まず天井から頭のてっぺんまで1本の糸が吊るされているイメージを持ってピンと立ちます。背筋を伸ばしてあごを少し引きます。肩の力を抜きつつ下腹にキュッと力を入れると立ちやすくなります。

上手くピンと背中がならない場合は「お尻の筋肉を意識する」とシャキッと上手く立ちやすくなりますよ。

2. リズム良く歩くこと

次に大切なことは「リズム良く歩くこと」です。ヒールやパンプスを履きこなしているカッコいい女性は、歩く時のリズムを大切にしています。

リズム良く歩くことと同時に大切なのが「膝を曲げない」ということです。パンプスを履いて歩く際、足首の力を抜くように次の足を出しますが、その際に膝をガクんと曲げないように注意して歩きましょう。

歩くスピードが速くなくても大丈夫です。

自分の踏み出すペースに合わせることが足と姿勢の良さにも繋がってくるので、ぜひテンポの良い自分のリズムを見つけてみてくださいね。

3. 階段を使う際は「つま先」を意識すること

平面を歩くにはリズム感や姿勢が大切ですが、最後のステップとして大切になってくるのが「階段での歩き方」です。

階段の上りでは「つま先だけを使って着地」するようにします。この時、ヒール部分は地面に付けずにつま先か土踏まずを意識して着地させます。

階段の下りでは「前に出す足と上半身を同時に前に出して着地」するようにします。これは、足の負担が階段では上りよりも下りの方が負荷がかかってしまうので、そのバランスを保つための歩き方となります。

この時、足だけを前に出してしまうと足に負担がかかってしまうだけではなく、身体全体のバランスも取りづらくなってしまうので、必ず上半身と一緒に前に出すようにしましょう。

はじめは慣れないかもしれませんが、つま先に意識を傾けることによってシルエットも足の負担も軽減されるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

これらをまとめると、「シャキッとした姿勢+リズム+つま先着地」の3つのポイントを意識することがパンプスの正しい歩き方のコツとなります。
歩き方が変わってくると歩く際の美シルエットにもなりヒップアップもできるメリットがあります。

チョイスも大切!あなたに合ったパンプスの正しい選び方

パンプスの正しい歩き方を身に付けるのももちろん大切ですが、自分に合った靴選びも歩きやすい長持ちするパンプスにも繋がるので重要なポイントとなります。
ではここで、あなたに合ったパンプスの正しい選び方をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ヒール部分が太いものを選ぶこと

まず大切なことの1つに「ヒール部分の太さ」があります。パンプスはヒール靴に比べると高さが低いヒールのものが多いのですが、その分、太さが細いものも多いことが特徴となっています。

パンプスを履いていて、長時間経つとしんどい・・・と感じたことはありませんか?それはつまり、高さが低いパンプスでも細めのヒールでは重心が1点に集中してしまうので足指の負担が大きくなってしまうということなのです。

パンプスを選ぶ際は高さばかりに注目せずに「ヒール部分が太いこと」に意識して選ぶことをおすすめします。

革など「生地が柔らかいもの」を選ぶこと

パンプスはヒール靴に比べてヒールの高さだけではなくデザインや生地の種類も多いという特徴も持ち合わせています。歩きやすいパンプスを選ぶ際は「生地が柔らかいもの」を選ぶことが大切です。

生地が柔らかいことは、足を守ることにも繋がります。逆にデザインが良くても硬い生地であると、知らないうちに足に負担をかけることに繋がるので、ぜひ足の筋肉を動かしやすい柔らかい生地選びをするようにしてくださいね。

甲の高さが合っているものを選ぶこと

甲の高さとは「かかとの高さやフィット感のこと」です。足にしっかりフィットしていなければ、どれだけ良い歩き方をしてもパンプスがパカパカと脱げやすくなってしまいます。

選ぶ際は「足指が前に行かないような少しすき間のあるフィット感」で選ぶようにしましょう。

サイズとワイズの2つに注目して選ぶこと

「ワイズ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ワイズとは「足囲という親指・小指の付け根を通った周りの長さのこと」を言います。よく外反母趾と言われる人はワイズが広い靴選びをおすすめしています。

ぜひサイズ選びをする時に「サイズ」と「ワイズ」の両方をチェックしてみてくださいね。

気持ち良い正しい歩き方でパンプスからキレイをアップ!

いかがでしょうか?ヒールの靴が痛い!と言って代わりにパンプスに変える人も多くなってきましたが、パンプスも歩き方次第では足に負担がかかりやすくなってしまうこともあるのです。ぜひパンプスの正しい歩き方で美シルエットも叶えるカッコいい女性を目指していきませんか?

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!