正しいパフの洗い方。汚れたままでは肌荒れの原因にのなる!


毎日メイクするときに必ず使うパフ。気がつくと真っ黒になっており、汚れが気になりますよね。パフを洗った方が良いとはわかっていても、どんな風に洗ったらいいかわからない人もいるはず。

正しい洗い方や乾かし方をしないと、せっかく洗ったのにパフがボロボロになることもあります。

パフを洗うとき、どんな洗剤を使えばいいの?

パフを洗いたいと思っても、どんな洗剤を使ったらいいか迷いますよね。水洗いだけではメイクの汚れはなかなか落ちません。パフの汚れを落とせる洗剤を紹介します。

パフの汚れを落とせる洗剤

  • クレンジングオイル
  • 石鹸
  • 洗顔料
  • パフ専用のクリーナー
  • ボディソープ
  • ハンドソープ
  • 食器用洗剤

などを使用することができます。これらの洗剤は汚れの落ちやすさやパフの負担などが異なります。自分が使いやすそうなものを選んで使用してください。

とにかく汚れを落としたいなら・・・

汚れの落ちやすさで言うと石鹸やクレンジングオイル、食器用洗剤です。それぞれには使うときの特徴があります。

・石鹸
もともと肌に使うものなので比較的安心して使用することができます。泡切れも良く、汚れも落ちやすいため最もおすすめです。

・クレンジングオイル
パフの汚れは、基本的に化粧品の汚れなのでクレンジングオイルでもキレイに落とせます。ただパフにオイルが吸われてしまうため、量を多く使う必要があります。

・食器用洗剤
食器用洗剤の多くは中性洗剤のため汚れは落ちます。しかし本来は顔に使うものではないため、丁寧にすすぎをしないと肌にダメージを与えることもあります。

またパフがボロボロになりやすいという口コミもあります。長くパフを使いたい場合は、あまり使用することをおすすめできません。

パフに負担をかけずに洗いたいなら・・・

洗うことでパフがボロボロになったりする場合があります。パフに負担をかけずに洗うなら、専用のクリーナーが一番です。

専用のクリーナーなので汚れもキレイに取れ、パフがボロボロになる心配はありません。化粧品メーカーや100円ショップで販売されているため気になる人は一度試してくださいね。

パフの洗い方

使う洗剤が決まったら、次に洗い方です。ポイントさえ押さえれば比較的簡単に汚れを落とすことができます。

パフを洗う手順

  1. パフをぬるま湯に浸けます
  2. 洗剤をパフに馴染ませます
  3. 優しくもみ洗いし、洗剤を染みこませます
  4. 丁寧に流水ですすぎます
  5. タオルやキッチンペーパーなどで軽く押さえるように水気を切ります

パフを洗うときは、ぬるま湯を使うようにしてください。お湯だとパフを痛めやすくなり、水だと汚れが落ちにくいです。

また強い力でギュッと握ったり、こすったりするとパフの形が変形しやすくなります。ぺたんこのパフにならないためにも、パフは優しく扱うようにしてください。

もし洗い残しがある場合は、再度汚れの場所に洗剤をつけて洗い直してくださいね。

専用のクリーナーを使う場合は手順がアイテムによって異なるため、説明書を確認するようにしてくださいね。正しい手順で洗うことで、キレイに汚れを落とすことが出来ますよ。

パフを乾かす手順

しっかり乾かさないと、せっかく洗ってキレイになっても雑菌が増える原因になります。

  1. 洗ったあとはタオルなどで挟み軽く押さえて、ある程度水気を取ります
  2. キレイに形を整え、タオルの上などで自然乾燥させます
  3. 持ち手の紐やリボンなどがついている場合は、洗濯バサミを用いて干しても構いません

乾かす時間は半日から1日程度です。朝洗えば、翌日のメイクには使用できます。また乾かす場所は、日陰や室内で乾燥させてください。直射日光に直接当てるとパフにダメージを与える可能性があります。

パフを洗う頻度や注意点

パフを洗う頻度は、毎日洗うことが理想的です。でも忙しく毎日洗うのは大変ですよね。その場合は、最低でも1週間に1回のペースで洗うようにしてください。

なかなかパフを洗えない時の対処法

忙しくて洗えない場合もあるはずです。そんなときは、使う日によってパフの使用する場所を変えるようにしてください。一度使った面を使わないだけで、肌のトラブルは避けやすくなります。

またパフを何個か持つというやり方もあります。数個持っていれば、週末などにまとめ洗いができます。常に清潔なパフも使えるのでメリットが多くなりますよ。最近では、まとめ売りのパフも比較的安価で売られているため、忙しい人は試してくださいね。

いつ新しいパフに買い替えたらいいの?

パフを洗って清潔に保ったからと言って、ずっと使えるものではありません。ある程度汚れてきたら交換するようにしてください。

*パフを買い替える目安

  • 肌触りが悪くなる
  • ゴワゴワする
  • ボロボロになっている
  • パフが硬く弾力がない

などの状態の場合は、パフを買い替える時期です。メーカーによっては2~3ヶ月に一度の交換を推奨している場合もあります。

少しでもパフの痛みがある場合は新しいものを使うようにしてください。

パフを洗わなかったら、どうなるの?

パフを洗わないで使用するとメイクののりが悪くなるだけではありません。肌トラブルを招く可能性が高くなります。

汚れたままのパフは雑菌が・・・

パフにはメイクの油分や皮脂がついており、雑菌が増えやすい状態になっています。そんなパフを数日洗わないだけで、数万個の雑菌が繁殖していると言われています。トイレよりも不潔という話もありますよ。汚れたパフを使っていると肌トラブルの原因になってしまいます。

  • ニキビ
  • 毛穴が詰まる
  • 肌荒れ

などの症状が起こる可能性があるため肌にとってもパフを清潔に保つことが大切です。

メイクの仕上がりがアップ

メイクの仕上がりはパフの状態で変わってきます。例えば清潔なパフだと3倍程度ファンデーションの伸びが良くなるとも言われています。メイクをキレイに仕上げるためにもパフを洗うようにしてくださいね。

  • ファンデーションの伸びが良くなる
  • 滑らかに仕上がる
  • メイクのりが良くなる

などメイクの出来にも影響があります。

清潔なパフでメイクの仕上がりもアップ!

毎日のメイクで使うパフは雑菌が多く繁殖しています。肌トラブルを起こさないためにも清潔なパフを使用することが大切です。こまめにパフを洗って、丁寧に乾かすようにしてください。

それだけでいつも以上にメイクの仕上がりがアップしますよ。清潔なパフで気持ちの良いメイク時間を作りましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!