水素バスでアンチエイジング!水素の抗酸化力で美肌になろう


老化や病気の大きな原因が、活性酸素であることはよく知られていますが、ストレスや紫外線、添加物や食べ過ぎなどによって、どうしても日々活性酸素は発生してしまうものです。

そのため、活性酸素を除去してくれるポリフェノールやリコピンなどの抗酸化物質が重宝されていますが、水素にはそれらの抗酸化物質をはるかに上回る抗酸化力持っていると言われています。

活性酸素と結びついて無害な水に変えてくれるいま大注目の水素。今回は、そんなアンチエイジングの強い味方である水素を大量に、しかも気軽に取り込むことができる水素バスについて紹介していきます!

飲むよりもしっかり水素を取り込め、しかも特にお肌に効果が高いと言われているので、肌にトラブルを抱えている人や、アトピー性皮膚炎の方は必見です。

水素バスとは?

水素バスとは文字通り、高濃度の水素を発生させたお風呂のことで、副作用はなく、赤ちゃんや妊婦さんでも安心して入れます。

水素は分子の大きさが他のどの物質よりも小さいため、皮膚からも体の中に入っていくことができる物質です。

そのため、水素バスに入れば、全身から水素を取り入れられるというメリットがあります。

水素はもちろん水素水として飲用することでも体内に取り込むことができますが、

  • 全身から水素を取り込むことができること。
  • 発生した水素を、呼吸からも体の中に入れることができること。

から、普通に水素水を飲むより、約100倍もの水素を体に取り入れることができるとの意見もあるほどです。

主に皮膚トラブルに高い効果を発揮する方法なので、お肌のアンチエイジングを望む人には特におすすめです。

水素の持つ強力なアンチエイジングパワー

水素バスの魅力は何といっても、水素の持つパワーで活性酸素を除去してくれることです。

活性酸素とはDNAを傷つけ、シミ、シワ、白髪、たるみなど様々な老化現象の原因となる物質のこと。その発生を自分の力だけで完全に抑えることは不可能

活性酸素の研究が進んだ結果、活性酸素はあらゆる老化現象だけでなく、がん・心臓病・脳卒中や糖尿病、アトピー性皮膚炎や白内障など全ての病気の90%に関係していることがわかっています。

もちろん、体の中には活性酸素を除去してくれるシステムが備わっていますが、自分の体の働きだけで完全に活性酸素から身を守ることは難しいですよね。

抗酸化物質が注目を集めているのはこの活性酸素を除去してくれる働きがあるからです。

しかも、水素はそんな抗酸化物質の中でも、最も優れた活性酸素を除去効果を持つ抗酸化物質の1つと言われてるのです。

その理由は3つあります。

抗酸化力がずば抜けて強い

1つめは、単純に抗酸化力が強いからです。

水素の抗酸化力は、

  • コエンザイムQ10の863倍
  • ビタミンCの176倍
  • ポリフェノールのコエンザイムQ10の863倍
  • ビタミンCの176倍
  • ポリフェノールの221倍
  • カテキンの290倍
  • ビタミンEの431倍

と言われています。

そのパワーの強さが分かりますよね。

水素は脳にまで入りこんで活躍できる

2つ目は、しっかり脳まで届き、脳内の酸化も還元してくれることです。

それって当たり前のことではないの?と思われるかもしれませんが、実はこれってとてもすごいことなのです。

脳というのは、人間の体の中でも最も精密で繊細な部分です。

変な物質が入り込んで悪さをしないように、脳と体をつなぐ部分には、BBB(脳の血液脳関門)と呼ばれる高度なセキュリティーシステムが搭載されています。

そのため、他の抗酸化物質の多くは、ここで足止めをくらってしまい、脳まで入り込むことができません。

ところが、物質の中で一番小さな水素は、このセキュリティーを通り抜けることができることが確認されているのです。

活性酸素はもちろん、脳にも発生します。

脳の疲労や活性酸素もしっかり除去してくれるのが、水素の大きな魅力の1つです。

不必要な活性酸素のみを無効化してくれる

3つ目の特徴は、2種類ある活性酸素のうち、悪玉活性酸素のみを取り除くという性質です。

活性酸素には2種類あり、1つは悪玉活性酸素と呼ばれるもの。

細胞・遺伝子を酸化させ、細胞の働きを弱め、多くの不調や病気の原因となる活性酸素で、アンチエイジングのためにはぜひ除去しておきたいものです。

そしてもう1つは、ウィルスや雑菌を除去するために活躍する活性酸素で、体のためには必要なものだと言われているものです。

他の抗酸化物質が両方を除去しようと働くのに対し、水素は悪玉活性酸素とだけ結びつき、無害な水に変えてくれるのです。

水素をしっかり取り込める!水素バスの効果

体の不調にしっかり聞いてくれる水素のパワーですが、水素バスによってその力を取り込むことでさらに素敵な効果が期待できます。

シミを予防してくれる

シミはメラニンと呼ばれる色素が沈着することで起こりますが、水素にはチロシナーゼと呼ばれるメラニンを合成する酵素を抑制する作用があります。

そのため、肌からしっかりと水素を取り込むことでで、メラニンの過剰生成を防ぎ、その結果シミを予防してくれるのです!

日焼けしてしまった後には心強いですね♪

シワを改善してくれる

また、水素にはシワを改善する作用があるとも言われています。

広島県立大学の研究グループが発表した臨床試験データによると、14〜65歳のスタッフに3ヶ月間毎日水素ブロ入浴に入浴してもらった結果、なんとシワが平均40%改善したそうです。

アトピーなどのトラプル肌にも

水素には抗酸化・抗炎症・抗アレルギー作用があることがわかっています。

順天堂大学の臨床実験で、水素ブロによるアトピー改善が報告されたということがテレビで報道され、話題になりました。

血流が大幅にアップする

水素風呂に入ると、体がポカポカするということがよく口コミで書かれています。

水素バスによって血流が良くなる理由は、水素により細胞内のミトコンドリアが活性化し、代謝があがるためではないかと言われています。

そのほかにも、活性酸素が除去されることで疲れが取れ、質の良い睡眠が取れるようになった人もいるようです。

また、水素は残留塩素と結びついて無害化してくれる効果もあります。

どんな種類があるのか?

それでは、そんな大注目の水素ブロを日常に取り入れるためには、どんな手段があるのでしょうか?

入浴剤で手軽にスタート♪

入浴剤状になった、粉末状の水素発生材を浴槽に入れるという方法が一番手軽で、始めやすい方法です。

コラーゲンなどの肌に良い成分が添加されているものもあるので、求める効果に沿って色々試してみるのも楽しいかもしれません。

水素を発生し続ける時間は、製品によって差があります。

ただ、ほとんどの入浴剤は数時間水素が発生し続けるため、工夫すれば一袋で家族全員が湯船に浸かることもできそうですね。

ただ、気軽に始められる反面、水素発生器に比べると長期間続けた時のコストは割高になります。

水素バス発生器

お湯を電気分解して水素を発生させる機械を使って、水素バスを楽しむ方法もあります。

機械を浴槽に沈めて使うタイプのもので、長期的にみるとコストパフォーマンスは良いでしょう。

ただ入浴剤と逆で、初期費用がかかるため気軽に始められないのが欠点です。

タブレット

袋に入った水素発生剤を専用のケースに沈めて使用するタイプの水素バスです。

水素の発生時間はだいたい5時間程度と言われいます。

安い値段で水素ブロを楽しめられますが、使用時にケースが熱を持つため、直接肌に触れると低温やけどをする恐れがあるので注意が必要です。

子供がいる家には不向きでしょう。

使用する際には、メーカーの案内と注意をよく読み、それに従うようにしましょう。

水素の効果をしっかり引き出す!正しい入浴方法

それでは、そんな水素バスの効果をしっかり引き出すためには、どのように入浴するのがいいのでしょうか?

入浴時間

水素バスに入浴すると、およそ10分で水素が全身に行き渡ると言われています。

水素を全身に取り込むためにも、少なくとも10分以上は湯船に浸かりたいところです。

水素バスは、普通のお風呂に比べて体が温まりやすくなっています。

できるだけ長く楽しむためにも、お風呂の温度は低めに設定して、ゆっくりと湯船に浸かるようにしてみてください。

理想の入浴頻度

水素バスには、特に副作用というものが存在しません。

そのため、本気で肌質を変えたい場合は、できれば毎日水素バスに浸かるのが理想的です。

ただ、普段からあまり入浴習慣がなかったり、どうしても時間が取れなかったり場合もありますよね。

それでも効果を感じたい場合は、できれば3日に1度は水素バスに入るようにしてみてください。

効果を実感する期間の目安

肌が生まれ変わるサイクルを目安にすると、肌への効果が実感できる期間がわかります。

肌の新陳代謝は、普段の生活や年齢によって幅がありますが、大体早い人で1ヶ月、遅くとも2ヶ月半程度です。

水素バスの効果がしっかり実感できるのも、だいたいそのくらいが目安です。

水素バスで超強力な抗酸化パワーを味方につけよう!

水素は、ストレスも紫外線も添加物も気になる今の時代、私たちの美を守ってくれる心強い味方です。

そんな水素を手軽に、しかも大量に取り込める水素バスで、疲れた体をぴかっと更新していきませんか?

体や細胞の疲れがしっかり取れれば、日々はますます輝いていくことでしょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!