免疫力を高める食べ物。身体の力を目覚めさせるパワーフード10選

免疫を高める方法は、有酸素運動をすることだけではなく「食べ物」でも高めることができます。普段の生活を不自由なく快適に過ごせるのも身体の中に病原体が入って来ないように免疫が活動してくれている証拠です。

病気になったら薬や抗生物質で治すよりも、気候が変化したり外部環境が変化しても元の身体を強くして予防する方が風邪も治りやすく美肌にも繋がります。

「免疫」はよく聞く言葉ですが、実際に免疫はどのように身体の中で作っていくのでしょうか?また、普段の生活の中で習慣化しやすい食べ物のポイントもご紹介します。

免疫って何?

風邪をひいた時や足の血流が悪く、むくんでいる時などはよく「免疫が低下している」と言われますが、免疫の正体とは一体何なのでしょうか?

免疫とは主に「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類があります。わかりやすく言うと、体の異物がないかパトロールするのが自然免疫でパトロールした情報から攻撃体勢に移る働きをするのが獲得免疫です。

人間の体には「自分」と「異物」を見分ける能力が元々備わっています。自然免疫は毎日体に何か異物がないかパトロールしてくれているので、私たちは食べ物を食べたり運動したりしていても痛みなどを感じずにどこも異常がなく生活することができるのです。

異物を発見すると自然免疫が反応して最初の攻撃をします。様子を見て、異物が大きければその情報を獲得免疫に伝達し、獲得免疫がさらに異物に攻撃を開始します。

免疫は私たちを風邪や病原体から常にパトロールして先回りで守ってくれている大切な存在なのです。

免疫を高める・強くするメリット

免疫は風邪をひきにくくするだけではありません。ここでは体の免疫を高めるメリットをご紹介します。

食中毒を防止するなど胃腸が強くなる

夏場や冬場に流行することが多い「食中毒」ですが、人によって症状に差があるのは個人の免疫の強さにも大きく影響していることが多いようです。

アルコール摂取時や油ものを食べる時だけでなく、普段の胃腸を元から強くすることが大切です。胃腸を強くするということは免疫を強くしていくことに繋がります。

風邪をひきにくくする

免疫強化は季節の変わり目に風邪をひいてしまうことが習慣になっている人にもオススメの方法です。

毎日普通に生活していても気候が変わったり花粉の季節になると調子が悪くなってしまう人の内側から強くすることでいつもの体調を取り戻すことができます。

血行促進し肌ツヤが良くなる

免疫を強くすることは肌の血行も良くなるので健康的な表情で肌ツヤも良くなる特徴があります。健康維持にもできるので温活効果もあります。

免疫を高めるパワーフード10選

では、免疫を強くするパワーフードをご紹介します。ぜひ普段の料理や食事をする前に少し意識してみてくださいね。

1. ヨーグルト

整腸作用のビフィズス菌や乳酸菌が有名ですが、胃腸を大切にすることは免疫強化のサポートに繋がるのでぜひ、積極的に毎日食べて欲しい発酵食品です。

2. 野菜

野菜の中でも「キャベツ・じゃがいも・さつまいも」などのビタミンCが含まれる野菜や「にんじん・ほうれん草・カボチャ」などのビタミンAが豊富な野菜を摂取するように心がけてください。

ビタミンCは強い抗酸化作用(アンチエイジング)があることや老廃物をデトックスする作用があるので体を温めながら免疫を強化してくれる働きがあります。

また、ビタミンAには病原体を作る活性酵素の発生を抑えてくれたり予防にも効果を発揮します。

3. チーズ

少量摂取することで乳酸菌の整腸作用で免疫強化のサポートをしてくれる食材です。また、抗酸化作用のポリフェノールが含まれているのでナチュラルチーズを選ぶことをオススメします。

4. 緑茶

飲み物では、緑茶がオススメです。ビタミンCやカテキンの抗酸化作用は食事と一緒に摂取するとさらに効果が高まります。

5. 焼き魚や鶏ささみ

私たちを病気から守ってくれている免疫細胞の原料は「たんぱく質」です。その為、酵素を持つたんぱく質を焼き魚や鶏ささみなど力の付く食材から日頃摂取しておきましょう。

たんぱく質は免疫以外にも身体の筋肉や血などを作ってくれる大切な栄養素の1つです。

6. にんにく・アボカド・梅干し

食物繊維は「デトックス効果」や「善玉菌で整腸作用効果」があります。

特に、にんにくや納豆・アボカドや梅干しなど白ごはんに合う発酵食品も含めて免疫細胞を強化してくれる働きを持ちます。いつもの食卓に少し添えるだけでも身体には嬉しいパワーたっぷりなのでオススメです。

7. 卵黄・牛肉・豚肉

食べ物を食べる楽しみである味覚細胞は「亜鉛」によって作られていることをご存知でしょうか?舌にある機能も大切にしながら免疫も強化していきたいですよね。

特に卵黄や牛肉・豚肉に豊富に含まれています。

8. アーモンド・いくら・ひまわり油

最近では酵素生活で腸内環境を整えて美容ダイエットしている人が多くなってきていますが、酵素には良い酵素と体に害のある活性酵素の2種類があります。

その活性酵素を予防したり抑制するアンチエイジング効果があるビタミンEも料理と一緒に摂取することが大切です。

ビタミンEはアーモンド・ひまわり油・いくらなどに含まれています。

9. バナナ

バナナに含まれるオリゴ糖はビフィズス菌を増やしてふれる整腸作用に効果的な栄養素になります。これも免疫を強くする上で腸内を掃除するのに大切な働きをしてくれます。

バナナはヨーグルトに入れたり温めて柔らかくして食べることも効果が増します。

10. イチゴ・柿

ビタミンAが豊富なフルーツであるイチゴと柿は、活性酵素を抑える効果があることや水分豊富なのでデザートや食欲が無い時でも食べやすい食材です。

もちろん干したイチゴや干し柿でも効果は同じなので食べやすい方法を探してみても良いですね。

免疫を高める効果のある食事方法

体を強くする免疫を高める食品は多くありますが、気を付けて欲しいことは「必ず継続させて食事をする」ということです。

そこで、たんぱく質やビタミンなどすべてを1日に摂取することは難しいので、「1日ごとに栄養素に注目した食卓作り」を意識してみることをオススメします。

毎日忙しいので家でゆっくりご飯が作れない人でも、外食の際に免疫強化の栄養素を含む食材メニューを選んで意識することでも継続すると効果が違ってきます。

免疫を低下させてしまう行動

意外と普段の食生活や生活習慣の中で、免疫が強い人と弱くなってしまう傾向にある人と別れてしまうことが現状です。その違いはどこにあるのでしょうか?ここでは、免疫を低下させてしまう生活習慣をご紹介します。

「喫煙や飲酒」

ニコチンを常に取っている喫煙や過度な飲酒は免疫を低下させてしまいストレスの原因になると言われています。身体に負担をかけてしまう過度なストレスを感じることも心身共に弱ってしまう原因なので吸い過ぎや飲み過ぎには気をつけましょう。

「部屋の空気汚れ」

インフルエンザやウイルスは湿気ている空気の入れ替えがない場所では特に繁殖しやすいと言われています。冬は特に、少し寒いですがたまには喚起をして空気の入れ替えを行いましょう。

「満腹までたっぷり食べる」

満腹まで食べてしまうことは、生活習慣病になる可能性が高まってしまうので特に注意です。満腹が毎日続くと満腹中枢が麻痺してしまうので体のバランスが悪くなるので意外と免疫を低下させてしまう原因になってしまいます。

「冷たいものを食べる」

氷菓やアイスクリームを毎日のおやつにしている人は気を付けてください。アイス以外にも飲み物や冷蔵商品を冷たいまま食べることは、胃腸を冷やすきっかけになってしまうのでなるべく常温で免疫を上げていくことをオススメします。

身体の免疫を高めることは年齢に関係なくいつでも始めることができます!

いかがでしょうか?免疫には私たちが普段の快適な生活を続けていくのに大切な体の機能になります。それを維持し向上させるように食べ物のナチュラルパワーから活かしていきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!