脇汗が止まらない!汗ジミができる原因と目立たなくさせる対策


脇の汗ジミって困りますよね。上着を脱ぎたくても、脱げないなんてことの経験がある人もいるはずです。脇は汗をかきやすいからと言って諦めていませんか?

脇の汗ジミは対策することによって、予防をすることができます。悩んでいる人は、諦める前に一度試してくださいね。

脇の汗ジミができる原因とは?

人間の身体のあらゆる部位は必ず発汗しています。その中でも脇は「エクリン腺」と呼ばれる汗腺が集まっており、他の部位よりも汗をかきやすいと言われています。

さらに「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺もあり、汗をかいた後に特有のニオイの原因に繋がります。またこの汗腺から出る汗が黄色の汗ジミを作ると言われています。

ワキガが原因

「エクリン腺」から分泌される汗はほとんどが水分のため汗ジミは残りません。反対に「アポクリン腺」は水分以外にもタンパク質や脂質など様々な成分が分泌されています。その成分の中に「リポフスチン」と呼ばれる色素が含まれており、この色素が原因で脇汗が黄ばんでしまいます。

汗腺の数や成分には個人差が大きいため、汗ジミの状態が人によって異なります。

汗そのものが原因

汗をかく機会が少ないばあい、汗腺の機能が低下してしまいます。汗腺の機能低下が起きると、汗の中にミネラルが混ざってしまうと言われています。その汗をそのままにする事で、皮脂や埃などと混ざってしまい細菌が繁殖する原因になります。

また精神的発汗も同じようにミネラルが混ざりやすいと言われています。例えば緊張やストレスなどの原因の汗は細菌が繁殖する原因になります。

これらの汗は、汗ジミを作りやすいため注意が必要です。

制汗剤が原因

体質によって制汗剤が肌に合わない人がいます。肌に合わないと、汗ジミが強くなる可能性があります。制汗剤を使い出してから、汗ジミが気になってきた場合は、制汗剤を別のアイテムに変更した方がいいかもしれません。

汗ジミを根本から対策する

汗ジミを作らせないようにするためには、汗の量を抑えることが大切です。汗の量は、メンタルや食生活に影響していると言われています。汗の量を減らすためにも生活習慣を見直すようにしてください。

リラックスする

ストレスや過度な緊張は、汗腺から汗が出やすくなると言われています。ひどい場合には、ニオイの原因になることも。

ストレス発散の方法は人によって違います。自分にあったストレス発散の方法を見つけてくださいね。

  • 適度な運動をする
  • 一人の時間を過ごす
  • 睡眠をしっかりとる
  • 趣味の時間を確保する
  • 安心できるものを身につける(お守りなど)

心を落ち着かせるアイテムや香りなどがあれば、緊張を和ませる効果があります。自分にあった何かを探してくださいね。適度な運動もストレスを緩和する効果があると言われています。特にリズムに合わせて動くようなダンスなどは更にリラックス効果が期待できるため試してくださいね。

発汗作用のある食事を避ける

刺激の強い食べ物や脂っこい食事は汗腺を刺激し、汗が出やすくなると言われています。また肥満になってしまうと、体温が上がりやすくなり脇汗が増えてしまいます。

栄養バランスを考えて食事を摂るように心がけてください。

  • 野菜
  • 果物
  • 大豆製品

など積極的に多く摂るようにしてくださいね。また香辛料などの刺激物やジャンクフード、脂っこい食事などはできるだけ避けるようにしてください

制汗剤で汗を抑える

汗ジミを作らせないようにするためには、制汗剤で汗やニオイを抑えるやり方があります。制汗剤にはニオイを抑えることもでき、また外出先などでも手軽に使用できます。

  • スプレータイプ
  • ロールオンタイプ
  • スティックタイプ
  • シートタイプ

など様々な制汗剤が販売されています。それぞれメリットやデメリットがあるため自分が使いやすいアイテムを選んで使用してくださいね。

ただし、肌質によっては制汗剤が刺激となり汗が増える場合があると言われています。少しでも汗の量やニオイなど気になる症状があれば、そのアイテムの使用を中止してくださいね。

汗ジミを目立たなくさせる

汗がシャツなどにつくことで、汗ジミとなり目立ってしまいます。そのため、シャツにつかないように脇汗パットの使用がおすすめです。

最近では、汗取りパットがついたインナーも販売されています。脇汗パットの部分がしっかり肌に密着するようにしてください。パットの部分がズレてしまうと汗ジミを予防できなくなってしまいます。

もっと予防したい!そんなときは防水スプレー

汗取りパットは、直接脇の汗を吸収します。それでもパットがしっかり密着できていなくて、汗ジミがつかないか不安になるときがありますよね。そんなときは、防水スプレーを使ってください。

汗ジミができる前に、服の外側から防水スプレーを吹きかけます。そうすることで、汗ジミを作らせないように予防することができます。

汗ジミを作らせたくない!そんなときはベビーパウダー

ベビーパウダーの使用もおすすめです。汗ジミはシャツなどに汗が染みこむことでできてしまいます。そのため、汗自体がシャツに染みこまなければ、汗ジミはできません。

シャツなどを着る前に、汗ジミができやすい部位にベビーパウダーを塗り込んでください。パウダーが汗を染み込ませないようにクッションの役割をしてくれますよ。

汗ジミができてしまった!簡単な落とし方

いろいろな対策をしても、できてしまった汗ジミ。脇の下のできる黄ばんだ汗ジミは普通に洗濯しても、なかなか落ちません。そのためつけ置き洗いをすることが大切です。

◯やり方

  1. 40度くらいのお湯をバケツに溜めます。
  2. その中に洗濯用洗剤と酸素系漂白剤を入れます。
  3. そこに黄ばんだシャツを15分~30分程度つけ置きします。
  4. 次に取り出し、あとは普通に洗濯します。

できればその日のうちに、洗濯をするようにしてください。時間が経ってしまうと、このやり方でも落ちない場合があります。

このやり方でも落ちない場合は、つけるお湯の温度を50度くらいの少し熱めにしてください。また重曹を少し追加することで、黄ばみが落ちやすくなります。

もう怖くない!美しい脇で夏も楽しく乗り切ろう

脇の汗ジミは、様々なやり方で予防することができます。自分に合った対策を見つけてくださいね。それでも汗ジミができてしまう場合は、早めに洗濯するように心がけてくださいね。

外出先でも焦らなくていいように、汗ジミ対策をバッチリ行いましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!