ケシミンはシミを消すのではなく、シミ予防に効く!その効果とは

シミに効くと言われる化粧品の中でも小林製薬から発売されているケシミンは、価格帯も安く設定されており、スーパーやドラッグストアでも気軽に手に入れることが出来ます。

フルラインで揃えても他のシミに効果のある化粧品の中でもかなり安い方なので、ライン使いをしているという人もいるかもしれませんね。

実際にケシミンでシミが消えたという人もいれば、自分はまったく消えなくて期待外れだったという人、またはこれから使ってみようか迷っているという人もいることでしょう。

しかし、ケシミンで本当にシミを消すことって出来るのでしょうか?その疑問を探っていきましょう!

ケシミンは本当にシミに効果があるの?

シミに効くという口コミを見たり聞いたりしたら、自分も使ってみたい・試してみたいと思うのはシミに悩んでいる人なら共感できると思います。

使うなら本当に効果の実感できる化粧品を使いたいもの。実際にケシミンは効果があるのでしょうか?

ケシミンはシミ消しではない?

ケシミンは文字通り出来たシミを消す化粧品と思われがちですが、ケシミンはあくまでもシミの元となるメラニンの生成を抑えるためのものです。

ですから、ケシミンを使ってシミやそばかすの予防をすることは可能ですが、出来てしまったシミを消すことまでは出来ないのです。

製品の注意書きにも、シミを消すことが出来るとは一切書いておらず、ケシミンはあくまでもシミの予防用化粧品であることが分かります。

ケシミンに入っている有効成分とは?

ケシミンのシリーズには、美白に効果のある成分L-アスコルビン酸2-グルコシドが共通で配合されています。

ビタミンC誘導体であるL-アスコルビン酸2-グルコシドは、ビタミンCとブドウ糖が合わさって出来たものです。安定性に優れており、たくさんの医薬部外品や化粧水に配合されているものです。

L-アスコルビン酸2-グルコシドは肌に触れるとビタミンCとブドウ糖が切り離され、ビタミンCとしての働きをします。

ビタミンCとブドウ糖をグルコシダーゼという酵素が切り離す役割をするのですが、人の皮膚の細胞はグルコシダーゼがあまり存在しません。

ですから、皮膚の上でビタミンCに変換されるのは極めて乏しい量であることが分かっています。

そのため、美白に関してはそれほど強い効果を持っているわけではなく、シミを消して肌を白く出来るか?といえばそれほど期待できずにあくまでもシミを予防するためのものになるのです。

他には、アルブチンがもう1つの美白有効成分としてケシミンクリームEXにだけ配合されています。

しかし、アルブチンもあくまでシミを予防するための効果があるだけで、シミを消す効果はないのです。

これをふまえれば、ケシミンはシミを消すための化粧品ではなく、シミを予防するためのものだということが分かりますよね。

でも、ケシミンを使ったらシミが薄くなったり消えたりしたのはなぜ?

実際にケシミンを使っている人の中には、「ケシミンでシミが消えた」という人もいるでしょう。「私のシミは薄くなったよ」という人もいるかもしれませんね。

シミ予防は出来ても、シミを消す効果はないはずのケシミンで薄くなったり消えたりしたシミ。これは一体どういうことなのでしょうか?

シミにはいくつかの種類があり、そのなかでも加齢や紫外線に当たることにより出てくるシミ「老人性色素斑」は顔に1番出やすく、その他にも炎症の後に起こる色素沈着のシミや肝斑、そばかすなどがあります。

ニキビや虫刺されの後にシミになってしまうのは「炎症性色素沈着」と呼ばれるシミで、跡になったとしても1年ほど経つと目立たない肌色に戻っていきます。

そういった場所にケシミンを使うことでシミが薄くなった、消えたと思うこともあるかもしれませんが、これはケシミンを使わずとも自然に無くなるシミなのです。

では、シミが薄くなったというのはどういうことなのでしょうか?

肝斑など季節により濃さが変わるシミは、春から夏にかけての紫外線が強い時期には濃く、秋から冬には薄くなります。

肝斑はホルモンバランスにも関係しており、生理前にも濃くなります。時期によりシミの濃さが変わるので、ケシミンの効果で薄くなったと思っていても実はそうではない可能性があるのです。

ケシミンに配合されているL-アスコルビン酸2-グルコシドのようなビタミンC誘導体はシミを薄くする効果があるのですが、シミが消えるほどの劇的な効果は見られないのです。

ケシミンでシミ予防をしっかり行おう!

ケシミンにはシミを消す効果はないのですが、シミ予防の効果は期待できます。ケシミンが持つシミ対策効果できれいな肌を目指しましょう!

ケシミンのしみ予防有効成分とは?

ケシミンに配合されている有効成分は、シミを抑制するビタミンC誘導体と結構を促進するビタミンEです。

この2つが角質層の奥にまで浸透していき、シミの原因となるメラニンの生成を防ぐのです。

その他にもケシミンには小林製薬が独自に作り上げた成分であるバージニアホワイト成分を配合されています。

バージニアホワイト成分の原料は、漢方によく使われて葉は抗菌作用のあるホオノキエキスと

ネオクロロゲン酸を多く含み高い抗酸化作用があり、栄養素が豊富な果実を持つプルーン酵素分解物です。

シミの原因を探ろう

一言でシミと言っても、シミが作られる原因はさまざまです。シミの原因とシミが作られるメカニズムについて見ていきましょう。

4つのシミを作る原因とは?

シミの原因になってしまう主な原因は

  • 紫外線や乾燥によるもの
  • ビタミンが豊富なフルーツを摂りすぎること
  • 間違ったスキンケア
  • 妊娠によって起こるホルモンバランスの変化

が上げられます。

紫外線や乾燥がシミの元になるというのはよく知られていますが、メラニンを活性化させる紫外線は、市販されている日焼け防止グッズでのケアでは全てをカバーすることは不可能です。

ビタミンAとC、Eは紫外線対策に有効な成分です。これらの栄養素をしっかりと肌に補うことが日焼けには欠かせません。

フルーツに関しても、ビタミンCなどを多く含む柑橘類をたくさん食べているという人もいることでしょう。

しかし、柑橘類にはソラレンという紫外線に高く反応してしまう成分が含まれています。そのため、シミの元になってしまうと言われています。

スキンケアをきちんと行ってさえいればシミとは無縁だと思っていませんか?スキンケアは、強い力で角質に傷が付いてしまったり、肌の洗いすぎによって乾燥肌の人の皮膚が傷ついてしまいそこからシミになるといった事もあります。

スキンケアの方法は肌質によって様々です。色素沈着によるシミの原因を作らないためにも自分の肌にあったスキンケアを心がけましょう。

妊娠中は女性の体にたくさんの変化が起こります。エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが多く分泌されることで、メラニン色素を作るホルモンにも刺激が伝わるため、妊娠中は特にシミができやすいと言われています。

なぜシミは出来てしまうの?

 

夏場の紫外線対策は万全でも、冬場は全く何もしていないという人はいませんか?冬場の寒さは肌の代謝を低下させてしまいます。

冬場の寒さによる乾燥でダメージを受けた肌は、正しいケアを怠ると色素沈着によるシミが出来てしまう事があります。

メラニンが必要よりも多く生成されてしまう事でシミが出来てしまいます。紫外線や炎症・ストレスなどの刺激によって黒色メラニンになります。それが皮膚の表側に出て沈着するとシミになってしまうのです。

シミを作らせない・予防するためには1年を通じて紫外線対策を行い、ケシミンを使うことによってシミを事前に予防することが大事だということですね。

ケシミンでシミを予防して美肌になろう!

シミは出来る前に「作らない」ことが1番大事です。シミ対策・シミ予防がフルラインで出来るケシミンは価格帯もリーズナブルなのでとても魅力的ですよね。

ケシミンを使ったスキンケアを通じでシミを予防し、美しい肌を目指していきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!