ほうれい線をケアする方法。原因や正しい化粧品の選び方


ほうれい線は多くの女性の悩みの一つですよね。なるべく早い段階で予防を心がけていくようにしましょう。

特に30代を過ぎたあたりから目立ち始めます。ほうれい線が目立つと5~10歳老けて見えてしまうのです。

日常生活にも気をつけながら、ほうれい線の原因にしっかりとアプローチした化粧品を選んでみて下さい。化粧品を上手く使えば、ほうれい線を解消できるようになります。

化粧品を活用してほうれい線対策

ほうれい線を目立たなくさせる為には化粧品から見直すことが重要です。できるだけ乾燥を防ぎしっかりと保湿を行って下さい。

乾燥すると、ほうれい線が目立ちシワやたるみが出てきてしまいます。化粧品選び次第で、ほうれい線の予防や解消に繋がります。

ほうれい線ケアに効果的な化粧品の特徴

乾燥によるほうれい線を目立たなくさせるには、保湿成分が配合されている化粧品を使うことがポイントです。まずは、自分の肌に合うかどうかを試してみて下さい。

肌質との相性により使い心地も変わってきます。肌の状態を把握して、ほうれい線対策を行っていきましょう。

ほうれい線の主な原因とは?

ほうれい線の主な原因は顔のたるみです。顔のたるみは肌の老化です。

真皮の衰えや表情筋の衰え、皮下組織の肥大化などが肌に現れてきます。これらの原因には乾燥・加齢・紫外線によるダメージ・肌の酸化など様々な肌の状態が考えられます。

ほうれい線ケア化粧品を使うことで、ほうれい線の進行を防ぐことができます。

ほうれい線と肌年齢

歳を重ねるごとに肌のコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸や皮脂などの成分が減少してしまいます。悩みを解消するには保湿力の高い化粧水で、たっぷりと肌に潤いを与えます。

その後にオールインワン化粧品や保湿クリームを使いましょう。潤いを閉じ込めてケアしておくことが肝心です。

ほうれい線ケアできる化粧品の選び方

ほうれい線ケアしてくれる化粧品は種類が多く、デパコスからプチプラまで価格も様々です。化粧水や美容液、クリームなどアイテムも豊富です。

また肌の状態によって効果も変わってくる為、気になる方はサンプルやトライアルキットを使ってスタートしてみてはどうでしょうか?

保湿成分が配合されているのか?

主な基礎化粧品に配合されている保湿成分には、水分を保持する水溶性成分と水分の蒸発を防いでくれる油溶性成分とに分けることができます。水溶性成分のセラミドは保湿力が高く注目されています。

油溶性成分のシアバターはオレイン酸・リノール酸を多く含んでおり、体温で溶け浸透性にも優れています。

美容液から試してみる

初めて、ほうれい線ケア化粧品を使う方には美容液がオススメです。水溶性・油溶性の保湿成分が凝縮されていて、さらに時短アイテムとしてもほうれい線ケアに適しています。

目元や口元部分の気になる箇所に集中ケアすることができ、効果としても優秀です。

ほうれい線ケア化粧品の持続効果は?

ほうれい線ケア化粧品の効果を実感できるようになるには、目安として1週間は使い続けてみて下さい。刺激がないか肌トラブルが生じないかなどを確かめる必要があります。

潤いやハリ・ツヤが感じられるようになれば継続して使ってみましょう。

ほうれい線対策はオールインワン化粧品

オールインワン化粧品は、通常の基礎化粧品よりも肌への摩擦が少なく肌荒れの心配も防げます。濃厚なジェルは、肌トラブルを起こしやすい方にもオススメです。

ほうれい線の気になる部分へと入り込み肌へと馴染んでくれます。

オールインワン化粧品に期待できること

歳を重ねると肌のコラーゲンが減っていき、ほうれい線などのシワが気になるようになってきます。ヒアルロン酸やコラーゲンで生成されるタンパク質のエラスチンも減少することで、肌のハリも感じられなくなってしまうのです。

オールインワン化粧品なら浸透力が良く、コラーゲンを取り入れつつ自分で肌を再生させる力をアップさせることができます。

オールインワンジェルは一つで効果大

オールインワンジェルには美容成分がたっぷりと配合されています。一つ持っているだけで化粧水・乳液・美容液などの効果を発揮してくれます。

また、美容対策に時間を掛けられない方でも時短で使いやすく素早くスキンケアができ美肌が手に入ります。

オールインワンジェルでマッサージ

ほうれい線を重点的にマッサージする方法を紹介します。

  1. オールインワンジェルをほうれい線の上から少し厚めに塗ります。
  2. 手の平全体でほうれい線をリフトアップさせるようにマッサージします。
  3. ほうれい線をなぞりながら、指で円を描くように塗り込んでいきましょう。

浸透力をアップさせ保湿効果も上がります。

保湿クリームを使ってほうれい線ケア

老けて見られがちなほうれい線を失くすには、保湿クリームを使う方法もあります。保湿クリームはスキンケアの仕上げとして使いましょう。

乾燥しやすいパーツには二度塗りするなど工夫してみましょう。

保湿クリームの塗り方

保湿クリームを塗る際は、下から上へと向かって押し上げるように塗りましょう。皮膚を引っ張りすぎないように注意して下さい。ほうれい線の溝の部分に塗り込んで浸透させていきましょう。頬骨と鼻周りの筋肉をほぐすようにマッサージしながら塗り込むと、同時に肌の新陳代謝もアップします。

保湿クリームに期待できること

保湿クリームは乾燥を防ぐ効果があります。乾燥で目立つほうれい線や小ジワを目立たなくしてくれます。

残念ながら顔のたるみを改善することは難しい為、予防的に口元のケアを行うことを目的として使って下さい。

保湿クリームの保湿成分

保湿クリームに使われている主な成分には肌の潤いと保湿力を上げてくれるコラーゲン・プラセンタ・ヒアルロン酸などが多く含まれています。他にも抗酸化作用や美白効果のあるビタミンC誘導体も含まれています。

ビタミンC誘導体には皮脂分泌をコントロールし、シミの原因となるメラニン色素沈着を防いでくれたりコラーゲンの生成をサポートする役割があります。

ニベアを使ってほうれい線を消す方法

最近話題となっているニベアもほうれい線を軽減するのに一役買ってくれます。ニベアとは保湿性の高いスキンケアクリームです。

青缶が最もポピュラーでリーズナブルにドラッグストアなどでも簡単に購入ができますよ。

ニベアはほうれい線ケアに期待できる?

ニベアにはミネラルオイル・グリセリン・スクワラン・ホホバオイルなどが配合されています。肌の潤いをキープしてくれる成分が詰まっています。

保湿効果が抜群で肌の乾燥を防いでくれます。肌の乾燥によるほうれい線に効果的です。

ニベアの効果的な使い方

ほうれい線の改善にニベアを使う際は、化粧水の後の保湿クリームとして使うことがオススメです。化粧水で肌に水分を補給し、ニベアを手で薄く伸ばして付けていきましょう。ほうれい線のシワの奥まで届くように伸ばして塗り込むことがポイントです。

ほうれい線予防で若返りアップを狙いましょう

目立った肌のたるみやほうれい線を化粧品だけで全て失くすことはできません。ですが、肌への乾燥対策をきちんと行って予防をすることで解消しやすくなります。

保湿成分や肌の状態、年齢などを考慮して自分に合ったほうれい線ケアを賢く行っていきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!