オーガニック素材のリップクリームで唇をじっくりケアしよう!

口紅を塗る前や唇の荒れを防ぐために使うリップクリーム。唇につけるものだから、使われている素材や成分にはこだわりたいですよね。

できれば、天然素材が使われているリップクリームが知りたいという人におすすめなのが「オーガニックコスメ」です。

ただ、オーガニック素材のリップクリームを使ってみたくても、どこのブランドがよいのか、何を基準に選んだらよいのかわからないという人もいるでしょう。

今回は、オーガニックのおすすめリップクリームと選ぶポイントを説明します。

オーガニックのリップクリームがおすすめな理由

唇のケアをするなら「薬用リップ」や化粧品として使うリップクリームでもいいんじゃないと思いますが、コストや効果を考えると天然の植物由来成分を使ったオーガニックのリップクリームのほうがおすすめです。

ここでは、オーガニックのリップクリームがおすすめな理由を2つお伝えしますね。

自然由来の成分が使われている

オーガニックというと無農薬や有機栽培で育てられた野菜や植物をイメージするので、環境にも体にも良さそうですよね。

実際にオーガニックのリップクリームに使われている成分の多くは、植物に由来したもの。

例えば、オーガニックの場合、香料に関してもケミカルなものではなく植物に含まれている精油を使用するなど、自然由来の成分が使われています。

自然の力で唇のケアを行う

オーガニック化粧品が作られているヨーロッパは、昔から自然療法で体のケアをしていました。

オーガニック化粧品も、ホリスティックな考えをもとに自然の力で肌をケアします。

唇が荒れやすい人や乾燥がひどい人は、時間をかけて唇をケアするオーガニックのリップクリームの方が合うこともあります。

オーガニックのリップクリームを選ぶポイントである認証制度とは?

オーガニックの農作物や食品は、日本ならJAS規格によって決められており、こちらは国際基準に合わせて制度化されていますが、リップクリームをはじめとする化粧品には明確な基準はありません。

オーガニック化粧品のブランドが多い、アメリカやヨーロッパではそれぞれで基準を決めて認証制度を設けています。

  • USDA(アメリカ)
  • ACO(オーストラリア)
  • demeter(ドイツ)
  • BDIH(ドイツ)
  • ECOCERT(フランス)
  • 英国ソイルアソシエーション(イギリス)
  • SoCert(イタリア)
  • AIAB(イタリア)
  • NaTrue(EU)

ここで挙げた団体は、それぞれに厳しい基準を設けており、基準をクリアしたもののみ認証しています。

BDIH、ECOCERTや英国ソイルアソシエーションは、COSMOSという「オーガニック化粧品」に関する統一基準を設けています。

オーガニックのリップクリームを選ぶ際は、パッケージにオーガニック化粧品の認証マークが付いているものが安心です。

オーガニックリップクリームのおすすめ5選!

オーガニック認証だけではリップクリームが選べないという人のために、オーガニックのリップクリームのおすすめを5つ紹介します。
それぞれのリップクリームの特徴とともに、どこの認証を受けているかも記載していますので、リップクリーム選びの参考にしてくださいね。

ニールズヤードレメディズ ローズヒップ&シアバター 1,700円(税込)

  • 英国ソイルアソシエーション認証

オーガニック原料にこだわって化粧品を作っているニールズヤードレメディズ。

ビタミンCがたっぷりのローズヒップと日焼け止めにも使われるシアバターを配合したリップクリームは、口紅の下地として使うのがおすすめです。

レモンの爽やかな香りで気分もリフレッシュしますね。

Drハウシュカ リップバーム 2,052円(税込)

  • BDIH認証
  • Natrue認証

ハリウッド女優やセレブ達も使っているというDrハウシュカの化粧品。
ドイツの自然農法であるバイオミック農法やリズム農法で育てたオーガニックの植物を使用していることでも有名ですよね。

リップバームはアンチエイジング効果もあるヒマシ油を配合しています。

唇が割れているときでも使えるので、唇が荒れている時のスペシャルケアにもおすすめです。

メルヴィータ アルガンビオ オイルイン リップバーム 1,404円(税込)

  • ECOCERT認証

メルヴィータといえばアルガンオイル。リップバームにもオーガニックのアルガンオイルを配合しています。

柔らかいテクスチャーのリップバームは、口紅の下地としても使えます。

甘いバニラの香りにも癒されますよ。

WELEDA リップクリーム 972円(税込)

  • Natrue認証

ロフトやハンズといったバラエティショップでも取り扱いがあるWELEDAは、創業当初から有機バイオミック農法を取り入れた植物を使用しています。

バニラとバラという甘い香りが人気のリップクリームは、ホホバオイルの天然のミツロウを配合しているので保湿効果抜群です。

しっとりした質感が長続きするので、お休み前のケアに使いたいですね。

LOGONA リップクリーム(キャレンデュラ)800円

  • BDIH認証
  • NaTrue認証

LOGONAの定番商品で、殺菌力や抗炎症作用があるキャレンデュラにビタミンA、ビタミンEを含むホホバオイル、天然のミツロウを使用した保湿効果が高いリップクリームで、唇が荒れている時や夜寝る前のリップケアにおすすめです。

オーガニックのリップクリームを使う時の注意点

一般的なリップクリームと比べると少しお高めなオーガニックのリップクリーム。
オーガニックの効果を実感するためには、使われている成分を理解することや使用期限を守ることも必要ですよ。

アレルギーや敏感肌用ではない

オーガニックの化粧品というと、自然派や植物由来のイメージもあり、アレルギーや敏感肌用と思われがちです。
肌本来が持つ自然治癒力を蘇らせるという点は、どんな肌の人にも共通しますが、必ずしも全ての人に合うわけではありません。

オーガニックのリップクリームに配合されることが多い、キャレンデュラやカモミールはキク科のアレルギーがある人は使えませんし、植物由来のエッセンシャルオイルが合わずに唇の荒れがひどくなることもあるでしょう。

オーガニックのリップクリームを使う時は、必ずパッチテストをして唇に合うか確認をすることや、唇に合わない時は使用をやめて医師に相談することも必要です。

保存状態にも注意する

添加物があまり含まれていないオーガニックのリップクリームは、開封したら一般的なリップクリームよりも酸化しやすいので早めに使い切りましょう。
気温の変化に影響されやすいので、保存状態によってはドロドロになって使えなくなってしまいます。

自然の効果でツヤツヤ唇を目指そう!

唇が乾燥していると口紅のノリも悪いですし、不健康な感じがしますよね。

唇がボロボロな人は、オーガニックのリップクリームでじっくりケアをしたほうがツヤツヤの唇が手に入れやすいかも!

オーガニックの化粧品ブランドは、体質改善やアンチエイジングというようにブランドごとに特徴があるので、目的に合わせてリップクリームを選びましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!