化粧崩れしない方法は、メイクの前段階からが重要だった!


張り切って化粧をしたのに、数時間後には化粧崩れが…そんな失敗を経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

メイクは外出する時には必ずと言っていいほどしますから、なるべく崩れない方法を知りたいものですよね。

特に夏場は汗をかきますから、どうしても化粧崩れが起こっていまいがちです。
こちらでは化粧を長時間キープするためにも、化粧崩れしない方法をまとめていきます!

そもそも、化粧崩れってどんな状態?

化粧崩れはメイクをして時間が経つと発生してしまうものですよね。
メイク初心者の方であれば「化粧崩れってどんな状態なの?」と思う方もいるかもしれません。

化粧崩れを知らないなんて、うらやましい…そんな声も聞こえてくるかもしれませんが、もしかしたら、化粧崩れに気づいていない場合もあるかも?

化粧崩れをしない方法について解説していく前に、化粧崩れとはどのような状態なのかをまとめていきます。

化粧崩れの状態とは

  • 顔全体が粉っぽい
  • くすんだ印象になる
  • ファンデーションが取れている
  • Tゾーンや口の周辺にムラが発生する

ざっと挙げてみると、上記のような状態が化粧崩れと言えます。

化粧をした時は完璧だったのに、時間が経って鏡を見ると出かけた状態と違っている。そんな時は化粧崩れをしているのです。

「時間が経てば、化粧は崩れるもの…。」そうあきらめて化粧直しをする方も多いかもしれません。

でも、仕事中だとなかなか化粧を治すことができませんし、化粧崩れしないなら、その方が良いですよね。

化粧崩れしない方法をご紹介する前に、化粧崩れが起こってしまう原因についても見ていきましょう。

どうして化粧崩れが起こってしまうのか

化粧崩れしない方法を知る前に、その原因を理解する必要があります。
原因を知っていれば、化粧崩れを防止する手助けとなるからです。

化粧崩れにお悩みのあなたも、まずは原因をチェックしてNG行動をしてしまってはいないか確認してみましょう。

化粧崩れが起こってしまう原因

  • 汗をかいたり、皮脂が分泌されることで、ファンデーションとの密着性が失われる
  • 顔をさわってしまうことで、ファンデーションが剥がれる
  • 汗または皮脂によってファンデーションの顔料に偏りが発生する
  • ファンデーションが肌にうまく馴染んでいない

化粧崩れの原因は上記のようなことが言えます。化粧崩れの一番のポイントは、汗や皮脂だと分かりますね。

汗や皮脂によって浮いてきたファンデーションは剥がれやすくなっていますから、そんな時に顔を触ると化粧が崩れてしまうのです。

また、ファンデーションが肌にうまく馴染んでいるかが、メイクをキープできる鍵になってきますよ!そのため、あなた自身の肌に適したファンデーション選びも重要になります。

化粧崩れしない方法はこちら!

それでは実際に化粧崩れを引き起こさないためには、どんな方法があるのかをご説明します。

化粧する前にしっかりと保湿をする

なぜ保湿?と思う方もいるかもしれませんが、肌が乾燥することで皮脂の分泌が促されてしまう恐れがあるのです。

皮脂は化粧崩れを招いてしまいますから、肌が乾燥しないようにしっかりと保湿を行うようにしましょう。化粧をする前に最も大切となるアイテムが、化粧水です。化粧水で肌にしっかりと水分をチャージしましょう。

そして保湿効果を高めてくれるのがクリームです。メイク前のスキンケアでは、化粧水とクリームの2つを使うようにしてくださいね。

普段の洗顔でしっかりと汚れを落とす

化粧崩れを防止するには、普段の洗顔を見直す必要もあります。洗顔をすることによって、お肌にとって不要となる皮脂を落としてあげる必要があるでしょう。

皮脂をちゃんと落とすことができれば、その後のスキンケアにて十分に保湿することができるようになります。

保湿をすることで皮脂の分泌を抑えることができますから、その結果化粧崩れを防ぐことができます。

スキンケア後、少し待ってから化粧をする

スキンケアをしたすぐ後に化粧をすると、崩れてしまうことがあります。なぜならスキンケアを行った直後は、肌に水分が染み込みんでいる途中となっているからです。

そのためスキンケアをしてから数分待って、化粧をすることをお勧めします。

肌質に合ったファンデーションを使う

化粧崩れしない方法として、ファンデーションをしっかり選ぶことも重要となります。ファンデーションが肌に合っていないと、うまく馴染ませることができないためです。

例えば肌が乾燥しがちな方はリキッドタイプのダンデーションが適しています。リキッドタイプは油分が多めに配合されているため、肌に潤いをチャージしてくれるような効果があるでしょう。

皮脂で肌がテカリがちの方は、油分があまり含まれていないファンデーションがオススメです。また、しっかりと肌をカバーしてくれるタイプを選ぶと良いでしょう。

化粧崩れしない方法としてポイントとなるのが、スキンケアでしっかり保湿すること、スキンケアの直後に化粧をしないこと、自分の肌に適したファンデーションを選ぶこととなります!
このポイントを守り、化粧崩れを防ぐようにしましょうね。

厚塗りはNG?崩れない化粧のポイント

「今日はメイクでバッチリ決めよう!」と思った時ほど、数時間後に化粧が崩れてしまったことはありませんか?

その原因は「厚塗り」にあります。シミなどのお悩みをカバーしたいがために、ファンデーションを塗りすぎることがありますよね。それが化粧崩れを招いてしまうのです。

そのため化粧ではファンデーションを塗りすぎず、悩みを上手くカバーすることがベストとなります。

シェーディングとハイライトを使う

輪郭やフェイスラインが気になる方は、シェーディングとハイライトを活用してみましょう。

もしも面長な印象にしたいのであれば、顔の側面にシェーディングをのせると良いでしょう。立体感が生まれますから、顔をシュッとしたイメージに近づけることができます。

ほうれい線や目尻のシワが気になる場合には、ハイライトでうまくぼかしてあげることをオススメします。ファンデーションを厚く塗りすぎる必要が無くなりますから、化粧崩れを防ぐことができますよ。

化粧崩れしにくいアイメイクのポイント

アイメイクは時間が経つと崩れてしまうことも多いですよね。鏡を見てパンダ目になっていることに気付くこともあるでしょう。

パンダ目になってしまう大きな原因は、皮脂だと言えます。そのためパンダ目を防止するには、皮脂対策をしっかりと行うと良いのです。

皮脂対策として一役買ってくれるアイテムが、パウダーです。パウダーは皮脂を吸収してくれますから、化粧崩れしない方法として最適なのです。

また、マスカラが皮膚に落ちてしまうこともありますよね。こちらを防ぐには、マスカラ下地を使用すると良いでしょう。

また、まつ毛がしっかりカールしていないことでマスカラが皮膚につきやすくなってしまいます。そのためマスカラを使う時にはビューラーでしっかりとまつ毛を上げるようにしましょう。

化粧崩れ防止の強い味方が「下地」

あなたはベースメイクに下地を使っていますか?下地を使うことでメイクの仕上がりが良くなるだけでなく、化粧崩れを防ぐこともできますよ。

化粧下地はファンデーションが肌に馴染みやすくなるような効果をもたらしてくれます。他にも皮脂によって肌がテカってしまうのを防いでくれるのです。

でも、化粧下地があれば安心、というわけでもありません。化粧下地によって化粧崩れを防ぐには、ご自身の肌質に適した化粧下地を選ぶ必要があるのです。肌に合わない下地を使うことで、化粧崩れの原因を作ってしまうこともありますよ。

乾燥肌の方は、クリームタイプの下地でしっかりと肌に潤いをチャージしましょう。皮脂の分泌が多いオイリー肌の方は、「テカリ防止」の下地がオススメです。

テカリ防止下地と言っても、様々な商品があります。選ぶときには価格や成分を見て、あなたに合ったものを選んでくださいね。

中には美容成分が配合されている製品もありますから、ベースメイクをしつつ肌のケアもしたい方は、美容成分が入っている下地を購入してみてはいかがでしょうか。

化粧が崩れてしまったら…そんな時の化粧直しの方法

化粧崩れに気をつけていても、化粧が崩れてしまうことはありますよね。そんな時のためにも、化粧直しの方法を知っておくと良いでしょう。

化粧直しをする時には、まずは顔の汗や皮脂を取り除く必要がありますよ。汗や皮脂がついた状態でファンデーションを塗り重ねると、すぐにまた化粧が崩れてしまうためです。

まず、皮脂が発生している時には「あぶらとり紙」を使うようにしてください。あぶらとり紙を使うときは、顔に押し当てるようにして使いましょう。

汗をかいている時には、ミストタイプの化粧水をお顔に噴射し、軽くテッシュでおさえつけることをオススメします。化粧水をつけることで、肌に潤いを補充することもできます!

ファンデーションが剥がれてしまった部分を中心に、化粧直しをしていきましょう。この時は鏡でよく確認しながら、肌に馴染むようにファンデーションを重ねてくださいね。

化粧崩れしない方法のまとめ

頑張って化粧をしたのに、崩れてしまったら残念な気持ちになりますよね。化粧直しをする時間があまり取れない方もいるでしょう。

そんな方は、上記で紹介した方法を試してみてくださいね。長時間でも崩れない化粧をするためには、化粧崩れの原因を取り除く必要がありますよ。

ポイントを押さえてメイクするだけでも、化粧崩れを防ぐことができるはずです!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!