100均メイクスポンジは使い勝手が優秀!特徴とおすすめの使い方


使いやすいメイクスポンジを、プチプラで手に入れたいと考え中の方も多いのではないでしょうか?メイクスポンジは何度も使うから、メイクには欠かせない必須アイテムですよね。

お手入れが少し面倒だと感じている方でも、100均のメイクスポンジなら、使い捨てタイプもあるので手軽で便利ですよ。

それでは、メイクスポンジの使い方などを紹介していきます。

100均メイクスポンジの使い方のコツ

メイクスポンジを使ってファンデーションを塗る時は、まず手の甲にファンデーションを適量おいてからスポンジに吸収させましょう。ファンデーションを毛穴に叩き込むようにして、メイクスポンジを使って顔全体にパッティングしていきましょう。

つけすぎるとメイクがヨレてしまうので注意して下さいね。

メイクスポンジに水気を含ませる

メイクスポンジの使い方のポイントは、顔全体に塗っていく前に、スポンジに水分を含ませていきましょう。水でメイクスポンジを湿らせたら、ギュッと水気を絞り出します。

水分が残っていると、ファンデーションの油分と水分が反発し、上手く塗れなくなってしまいます。

メイクスポンジに水分を与えることで、スポンジの表面が柔らかくなり、肌を傷つけにくくしてくれます。それにより、ファンデーションが上手く密着してくれます。

ファンデーションでムラのない仕上がりに

  1. まずは、ファンデーションを指の腹を使って、顔全体に伸ばしていきます。
  2. 肌に均等に伸ばしたら、次にメイクスポンジを使います。最初からメイクスポンジで伸ばすと、肌にムラができてしまう為、指で伸ばすようにして下さいね。
  3. 水で湿らせたメイクスポンジでポンポンと軽く叩きながらファンデーションを伸ばしていきましょう。小鼻周りや目のキワなどの細かい部分もキレイに塗りこみましょう。

メイクスポンジで化粧崩れ防止

メイク後に時間が経過してテカリが気になってきた場合は、ティッシュオフの代わりとしてメイクスポンジを使うこともできます。メイクスポンジで小鼻やTゾーンにポンポンと叩きます。

皮脂と余分なファンデーションを、メイクスポンジが吸収してくれます。気になるファンデーションのヨレも防ぎ、メイクスポンジだけで、お直しが叶います。

100均メイクスポンジの種類とは?

100均のメイクスポンジにはいくつも種類がありますよ。素材や形が違ったり、ファンデーションに合わせて選ぶこともできます。

どの様なメイクスポンジがあるのか見ていきましょう。

100均メイクスポンジの素材は?

100均メイクスポンジの素材は、ウレタン・天然ゴム(ラテックス)・シリコンなどです。一般的にはウレタン製品が主流となっています。

最近ではシリコンタイプのメイクスポンジも増えてきています。また、キメの細かさによっても使い心地が変わってきます。

キメが粗いと、ファンデーションがムラになりやすいというデメリットもあります。敏感肌の方は、ウレタンやラテックス素材の物だと、アレルギーが起こることも考えられる為、注意して選ぶ必要があります。

100均メイクスポンジが人気の理由は?

100均のメイクスポンジが人気な理由には、コスパの良さと使いやすさが挙げられます。一袋に10ピースも入っている物もあり、使い捨てできて価格を気にせず、清潔な状態で使えます。

100均のメイクスポンジは、小鼻や目のキワなどの細かい部分までキレイに塗ることができます。手にフィットしやすいサイズで、メイクもツヤ肌に仕上がります。

100均のメイクスポンジの魅力

100均のメイクスポンジは使い捨てできるのが魅力でもあり、毎日ポーチに入れて使えます。雑菌の繁殖や、洗って乾かす手間も省けます。

100均メイクスポンジは気軽に使えるので便利ですよ。

化粧浮きを押さえる

メイク直しには、メイクスポンジでファンデーションを押さえ、肌表面を均一にしましょう。肌が整ってから、さらにファンデーションを重ねると、つるんとした肌へと仕上がります。アイメイクの崩れなどは、メイクスポンジの角を少し湿らせ、優しく拭き取るようにしてお直ししていきましょう。

リップ&チークブラシとしても使える

メイクスポンジにチークをつけてポンポンと叩きながら、肌へのせていくと、自然な血色感のあるメイクができます。リップも同じ様にのせていくとジュワッとした仕上がりになります。

ブラシでは出せないナチュラルな印象に変わりますよ。

100均メイクスポンジはどんな形?

以前までは、平たい形のメイクスポンジが多かったのですが、最近は立体的な物が色々と販売されています。台形であったり、角があるタイプや厚みのあるメイクスポンジも存在します。

自分にあった使いやすい物を選んでみて下さいね。

しずく型メイクスポンジの特徴と使い方

3Dパフは、立体的なしずく型をしたメイクスポンジです。手へのフィット感が良く、使いやすさも抜群です。

  1. ファンデーションを顔全体にのせていきましょう。Tゾーン・両頬・顎にのせ、スポンジで馴染ませていきます。
  2. 額や両頬などの広い箇所には、メイクスポンジの面積の広い部分を使って伸ばしましょう。
  3. 目のキワや小鼻周り、口元などには先端の細い部分を使って伸ばしていきます。

シリコンタイプの特徴と使い方

シリコンタイプのパフは、主にリキッドファンデーションに使用します。仕上がりは薄付きで、自然な印象になりますよ。

  1. ファンデーションを顔全体に伸ばしていきます。Tゾーン・両頬・顎にのせ、少しだけ折り曲げるようにしてパフを使って、ファンデーションを伸ばします。
  2. 普通のメイクスポンジと同じ量のせてしまうと、量が多くなりすぎる為、少なめにのせていきましょう。
  3. 使用後はクレンジング剤などで丸洗いし、タオルやキッチンペーパーで拭き取れば完了です。

三角メイクスポンジの特徴と使い方

三角メイクスポンジは水を使っても、使わなくても使用できます。どのタイプのファンデーションでも使用可能です。

使い方は、しずく型メイクスポンジと同様です。注意したいのは、水分を含ませる場合に、十分に水気を切ることです。

100均のメイクスポンジは強い味方

メイクスポンジも種類が豊富だということですね。100均のメイクスポンジも、なかなか侮れません。

メイクスポンジの使い方次第でメイクのノリも違ってきます。メイクスポンジを使いこなせると、ファンデーションが肌へピタッと密着してくれます。

メイクスポンジを活用してキレイなベースメイクを完成させましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!