みかん肌の改善方法!ブツブツの治し方とおすすめメイク法


ほっぺにブツブツとした凹凸ができる「みかん肌」。

手で触れたときにも気になるし、見た目にも美しくないから、早く治したい!ということはありませんでしょうか。

ここでは、みかん肌を治していくために気をつけることと、みかん肌が目立たないメイク法をご紹介いたします。

みかん肌を治すためにすること

ブツブツしたみかん肌を治したい!そう思っている方は、まず以下のことを実践してみましょう。

きちんと洗顔をする

「きちんと」=「しっかりこすって洗う」ではありません。

クレンジングオイルなどを使う場合は、手に取り、ゆっくりと肌になじませて、メイクを落としていきましょう。

この時、ごしごしと肌をこすってはいけません。

洗顔料を使用するときは、しっかりと泡だてましょう。

泡には、汚れを吸着するはたらきがあるため、泡を肌に乗せるように、やさしく洗っていきましょう。

毎日のスキンケアを正しく行う

みかん肌の方はベタつきを気にして、化粧水や乳液を少なくしていませんか?

化粧水や乳液が少なすぎると、乾燥肌の原因になります。

肌の乾燥は皮脂を増やす原因となってしまいますので、化粧水をたっぷりと肌に馴染ませ、乳液で薄い膜を張るように、スキンケアをしてください。

みかん肌を隠すメイク法

みかん肌を隠すためにベタベタと厚塗りになっていませんか?

みかん肌に厚塗りは逆効果です。

みかん肌にはまず化粧下地が大切!

化粧下地はメイクのベースとなる部分で、みかん肌のカバーには特に重要です。

肌の凹凸にしっかりと馴染むよう、少量でもよく伸びるものを選びましょう。

リキッドファンデーションを選ぼう

みかん肌の方は、ファンデーションはリキッドファンデーションを選ぶようにしましょう。

リキッドファンデーションは、パウダーファンデーションよりも肌に密着して、みかん肌をカバーしやすいです。

カバー力の高いおすすめコスメ

ここでは、口コミで好評な化粧下地とリキッドファンデーションをご紹介します。

レブロン「カラーステイ メイクアップ」

化粧崩れしにくく、皮脂をコントロールして、うるおいの続きやすいリキッドファンデーションです。

伸びがよく、厚塗りになりにくく、マットな仕上がりになります。

口コミでは、乾燥している部分にも目立たず使えたり、程よいカバー力が好評です。

セザンヌ「皮脂テカリ防止下地」

メイクの崩れの原因の一つとなる皮脂を広げにくい化粧下地です。

汗をかきやすい夏でも使いやすい、ウォータープルーフタイプとなっています。

口コミでは、メイクをしている間、サラサラとした肌が続くという点が好評です。

ソフィーナ プリマヴィスタ「皮脂くずれ防止 化粧下地」

皮脂のテカリを抑えやすい化粧下地です。

テカリを抑える機能に加えて、ファンデーションがヨレにくい化粧下地となっています。

口コミでは、塗ったところがサラサラとした使用感で、特に夏に使いやすい化粧下地と好評です。

エスティ ローダー「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ SPF10/PA++」

肌のサラサラが続きやすい、リキッドタイプのファンデーションです。

セミマットな仕上がりになるのが特徴です。

口コミでは、少量で伸びやすいことと、ペンキを塗るようにとにかくカバー力が高いことが好評です。

ランコム「タンイドル ウルトラ ウェア リキッド」

軽やかなつけ心地でも、カバー力の高いリキッドタイプのファンデーションです。

テカリ防止の成分が入っているので、肌のサラサラが続きます。

口コミでは、長時間つけていてもヨレや化粧崩れが少ないことや、少量でも伸びがよいことが好評です。

ところでみかん肌の原因は?

なぜ、ブツブツと毛穴が大きくなってしまったのでしょう。

以下のような原因が考えられます。

皮脂量が多い

毛穴からでる皮脂量が多いことで、毛穴が大きくなっていることがあります。

肌がベタつくからといって、過度に洗顔を繰り返すことも、皮脂量が増加してしまう原因となります。

毛穴が汚れている

毛穴にメイクの落とし残りや古い角質がつまっていると、毛穴が大きくなることがあります。

毎日のクレンジングや洗顔は、洗い残しのないよう気をつけましょう。

以前ニキビがあった

ニキビによる炎症により、毛穴が大きくなって目立つようになってしまうことがあります。

ニキビができた場合も、つぶしたり触ったりせず、毛穴をに負荷をかけすぎないように、注意しましょう。

みかん肌を卒業してきれいな肌を目指そう

いかがでしたでしょうか。

ブツブツとした肌にならないように、普段の生活から気をつけていきたいものですよね。

また、ブツブツが気になる方は、メイクで上手に隠す工夫もしてみましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!