マスクをつけると耳が痛い!その原因と簡単にできる解消法


1年を通じ、何かとつける機会の多いマスクは花粉症予防や風邪・インフルエンザの予防、すっぴんを隠すための手段としてもマスクは何かと頼れる存在ですよね。

そんな便利なマスクですが、マスクを使用している最中に耳が痛くなってしまったらどうしていますか?

今回は、マスクで耳が痛くなってしまったときの対処法について探っていきたいと思います。

マスクで耳が痛くなるのはどうして?

かける機会の多いマスクも、耳が痛くなってしまうと使うのも億劫になってしまいますよね。

マスクを掛けていて耳が痛くなってしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?

マスクのサイズが合っていない

マスクにはそれぞれサイズがあり、子供用・女性用・大人用などと分けられています。

顔の大きさに合わないマスクを使い続けた結果、マスクを掛けるためのゴムひもが耳の後ろに食い込み、顔が動くたびに擦れて、耳が痛むことがあります。

マスクのゴムが細すぎる

マスクを耳に掛けるためのヒモが細いものの場合、食い込むことで摩擦が生じやすくなり、そこから傷がついてしまうことがあります。

マスクのヒモが細いゴム製の物は、なるべく避けるようにしましょう。

眼鏡と一緒に使うと負担がかかり耳が痛くなる

 眼鏡をしている人は経験があると思うのですが、眼鏡とマスクを一緒に使うと耳が痛くなりませんか?

これは、眼鏡のツルでマスクのヒモが圧迫されることで起こる現象です。

マスクを長時間使用していると、眼鏡のツルと耳が擦れてしまい、耳が痛くなってしまいます。

そのほかにも、肌が敏感なため少しの刺激でも耳が痛くなるなどの理由もあります。

少しでも違和感を感じたら、すぐにマスクを外すようにしましょう。

耳が痛くならないためにどんなマスクを選べばいいの?

どうしてもマスクをしなければならない、でも耳が痛くなるのは避けたい。

そう思ったら、耳が痛くなりにくいマスクを選びましょう。どんなマスクを選べばいいのでしょうか?

サイズは自分に合ったものを使う

マスクを選ぶときは、自分の顔のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。

呼吸が容易にできて、隙間がなくぴったりとフィットしているものを選び、長時間使用しても苦しくならないものを選んで使うようにします。

幅の広い柔らかなゴムを使用したものを使う

肌あたりの優しい、幅が広く柔らかな素材でできたゴムひもを使ったマスクを使用するようにしましょう。

肌への摩擦が軽減され、耳が痛くなることも少なくなりますよ。

それでも耳が痛い!対処法は?

マスクをしていて耳が痛くなってしまった…そんな時、どんな対処法を取ればいいのでしょうか?

あらかじめ耳の後ろに保湿クリームを塗っておく

耳の後ろにあらかじめ保湿クリームなどを塗って、耳をガードしておきましょう。

べたつきが気になる場合は、その上から軽くベビーパウダーなどをつけておくといいでしょう。

マスクを耳に掛けない

「マスクを耳に掛けないで、どうやってマスクをするの?」と思った人もたくさんいると思います。

バイオ・インターナショナル株式会社が開発したくびにかけるくんは、マスクのヒモを耳に掛けずに首の後ろで固定するための特殊素材で作られたパットです。

「くびにかけるくん」はゴムひも自体を耳に掛けないようにするための構造になっていて、耳が痛くなることはありません。

これまで、ひもにカバーをつけて耳を守るための商品はあったのですが、痛みの軽減にはつながっても、根本的に痛みを解決するものではありませんでした。

軽量で柔らかな柔軟性を持つ素材を使い首元にフィットしやすく、さまざまなシーンで長時間の着用でも耳が痛くならない構造になっています。

「くびにかけるくん」は1人1人に合わせて調節可能

頭や首回りなどは人によって太さや大きさがそれぞれ違いますよね。

「くびにかけるくん」は、どんな人にも使えるように頭や首回りに合わせた調整用の穴が3か所あり、マスクを長時間使用しても耳に負担を掛けずに着用できるようになっています。

安く出回っている使い捨てタイプのマスクでも、耳が痛くなることはありません。ゴムひもを使用しているならどんなマスクにも使うことができます。

自分に合うマスクを使って耳の痛みから解放されよう!

どうしてもマスクをしなければいけないのに、マスクのせいで耳が痛い…そんなことは出来れば避けたいもの。

大きさや素材など使っていても痛くならないマスクを選ぶようにして、耳の痛みを軽減するようにしましょう。

「くびにかけるくん」のような便利なものも出ているので、使ってみるのもいいですね。

自分に合うマスクを使って、耳が痛くならないように工夫しましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!