マツエクのデメリット。施術前に知っておきたい注意点

女性であれば、顔の印象をすぐに変えてくれる「目元やまつげ」に注目する人は多いようです。その中でも人気なのが、付けまつ毛よりも自然なまつ毛の状態でキレイが目指せる「マツエク」が人気を集めていることはご存知でしょうか?

ところが、流行しているマツエクにはデメリットが多いことがわかってきています。流行りや有名なモデルさん・女優さんがやっているからといって、すべてが正しい美容法ではありません。

ぜひ、マツエクのデメリットをチェックして、あなたに合った美容法を見つけていきましょう。

はじめに、マツエクとは?

マツエクと聞くと最近ではかなり浸透してきた美容になってきましたが、「まつ毛エクステ」の略です。ビューラーやつけまつ毛をせずとも、自然に自まつ毛から増やすことができる施術のことを言います。

生まれつきまつ毛が長く毛量が多い人のように、自まつ毛を生かしてメイクなしで自然にまつ毛を増やす理想的な美容法となっています。女性だけではなく男性もやっている人が多いことが特徴です。

マツエクのメリットとは

ただ印象が変わるだけでなく、マツエクにはメリットが多くありますのでご紹介します。

すっぴんでも顔立ちがはっきりする

メイクをせずともマツエクをした時のまつ毛の印象は、顔立ちをはっきりさせてくれるので、まるでメイクをしているような目元になることが特徴です。

メイクの手間がかからずに時短メイクが実現できる

マツエクの一番大きなメリットは「メイク時間の短縮ができること」ではないでしょうか?人の第一印象は表情や雰囲気であることが多いため、目元の印象は他人に大きな影響を与えます。目元のメイクに時間がかからないので時短美容テクニックの一つとも言えます。

若返り効果がある

まつ毛が長くボリュームがあることは、若々しい印象に繋がります。シワやシミなどのアンチエイジングと同じようにまつ毛も気遣っている人は多いようです。

長さや毛量を自分の好みで選ぶことができる

もともと毛量や長さが決まっているつけまつ毛と違ってマツエクのまつ毛は、自分好みにカール具合や毛量を選ぶことができるメリットがあります。

皮脂や汗に強く、長持ちすること

マツエクをしたまつ毛は水だけでなく皮脂や汗などオイリーなものにも強くできています。その為、普段皮脂などを気にせずとも長持ちさせることができます。

要注意!マツエクの多くのデメリット

そんな理想的なマツエクですが、マツエクをする際のデメリットや施術後に雑な手入れや間違ったケアで発生する問題点も数多くあります。マツエクのデメリットを知っておきましょう。

サロンによってできあがりのばらつきが出る

マツエクをする際に悩むのが、サロン選びではありませんか?マツエクサロンによっては自分の理想と少し違った結果や逆に自まつ毛を痛めてしまった経験など失敗も多いようなので、安価なメニューや人気のサロンだけでは選ばないように注意が必要です。

エクステのメンテナンスが大変

一度エクステをすると自まつ毛と同じように扱って良いと言われていますが、実際はそうではないようです。

特に施術後はまだまつ毛自体が慣れていないので、こすってしまったり、メイク落としのクレンジング剤を使ってゴシゴシとこすってしまうとメイクだけではなくエクステまつ毛も同時に落ちてしまうようです。

一般的にまつ毛エクステは約3週間~1か月で抜け落ちたりカールが弱くなってしまうので1か月ごとの定期的なメンテナンスが必要なようです。

施術できる人とできない人がいる

まつ毛エクステはすべての人が施術できるとは限りません。これは実際にサロンへ行って聞いてみないとわからないことなのですが、自まつ毛の状態によっては施術ができない場合もあるようです。

例えば、自まつ毛が弱すぎる人や短すぎる人など、人それぞれに違いがあるのでマツエクを希望しても施術できない可能性があることを覚えておいてください。

まぶたが腫れてしまう

確かにマツエクは自まつ毛のサポートを行いますが、まぶた部分にも影響を与えてしまうことがあります。1日に何回もまばたきをしている間に知らない間にまぶたの皮膚が炎症を起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。

症状が治まらない場合は危険なのですぐに病院へ行かなければいけません。

目元の肌が荒れたり目じりにシワが寄ってしまう

マツエク後に目元の肌が乾燥して荒れてしまったり、目じりにシワができてしまう症状もあります。これは、敏感肌の人やアレルギーがある人によく表れる症状のようです。

マツエクをした後にしっかりとした丁寧なケアや注意することを覚えておかなければ、逆に老化してしまうこともあるようです。

また、マツエクではまつ毛専用のグルーという専用接着剤を使用しますが、それによって「目のかゆみ」を訴える人も多いようです。

マツエクをする時に注意すること

このように、マツエクにはメリットも多いですが、逆にデメリットも多くあるのでマツエクをしたいと考えている人は注意しましょう。ここでは、マツエクをする際に気を付けるポイントをご紹介します。

パッチテストの肌チェックをする

美容院やネイルサロンでは主流になってきましたが、パッチテストとは肌の状態をチェックするテストのことです。例えば、このシャンプーが地肌に合っているか、ということやネイルの液剤が肌に合っているかなどを確かめる際に使われます。

マツエクでは、肌にグルーを塗っていくので肌がグルーに強く反応して赤く腫れてしまうと後で炎症を起こす危険性があるので施術ができない場合があります。

最近では自分でできるパッチテストのキットも販売しているので、マツエクを考えている人であればぜひ使ってみて確認しておくことをオススメします。

クレンジング剤に注意すること

よく見落としがちなのが、「メイククレンジングの選び方」です。マツエクのまつ毛の場合は通常のクレンジングオイルではマツエクしたまつ毛も洗い流してしまうのでよく注意してくださいね。

グルーは油分に弱いので、クレンジングを選ぶ際には「オイルカット・オイルフリー・鉱物油フリーなどのクレンジング」を選ぶようにしましょう。

自まつ毛のケアもしっかり行うこと

マツエクをしたら、日常生活ではクレンジングと丁寧にまつ毛を扱うようにしたら良いと思っている人が多いようですが、そうではありません。

エクステ後のケアとは、「自まつ毛も大切にケアしていくこと」も大切な要素となってきます。

マツエクには自まつ毛を育ててケアしていくことも長持ちさせる要素になるようです。その為、毎日就寝前には塗るだけの自まつ毛ケア商品を使用しましょう。毎日少しずつのケアがマツエクをより良くしていく習慣になってきます。

マツエク美容のデメリットを知ってあなたに合ったまつ毛を選んでいきましょう

いかがでしょうか?マツエクはもちろんメリットもたくさんありますが、同時にデメリットも多いものです。毎日のケアや注意点を知って、マツエクの人気や流行りだけでなく、あなたに合う美まつ毛を保つ方法で美容を考えていきましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!