もしかして口が臭い!?原因と美肌にもつながる口臭対策


話し始めると、周囲の人がなんだかぎこちない…。こうしたことが重なって、自分は口が臭いのではないかと不安になってはいませんか?

なかなか口臭を確認できない場合は、専門の医院で確かめる事が一番ですが、自分でも気になるくらいの口臭を感じる場合もあります。そんなときは、口臭の原因を探り、それに合った対処法を実行していきましょう。

口臭の原因は5つあり、対処法もそれぞれ異なります。口臭対策が美肌につながる事もあるので、楽しみながらケアしていきましょう。

また、口が臭い人の共通点として、が知らず知らずのうちにやっている習慣を取り上げました。生活習慣から見直すことで、口臭が悪化しにくい身体作りを目指しましょう。

どれがあてはまる?口が臭い原因5つ

口が臭いけれど、何が原因か分からない…ということもありますね。

口が臭い原因は、大きく分けて5つあります。

  • 生理現象によるもの
  • 食べ物によるもの
  • 病気によるもの
  • ストレスによるもの
  • 思い込みによるもの

一つずつ見ていきましょう。

原因1 生理現象によるもの

生理現象は、生きている人間であれば誰でも起こるものです。

口臭は、唾液の分泌が弱まるとキツくなるため、寝ている間や緊張しているときは、口臭がキツいと感じやすくなります。

唾液の分泌が弱まると、口の中の細菌が増殖し、臭いの原因となる物質を作り出します。

就寝中や緊張時のほかにも、お腹がすいている時に口臭がキツくなることがあります。

また、生理中や妊娠時といったホルモンバランスの変化が起こったときや、加齢臭など年代を重ねたことによって口臭が出てくることもあります。

こうした変化を引き起こす女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあり、生理周期で分泌量が変化します。

エストロゲンは「美容ホルモン」とも呼ばれ、綺麗な髪や肌を保つなど、女性らしい身体を作るホルモンとして有名です。

一方のプロゲステロンは「母のホルモン」とよばれ、排卵してから生理までの分泌量が多く、身体の中で妊娠の準備をしてくれるホルモンです。

これらのホルモンは、ストレスを受けてバランスを崩しやすく、体調不良や肌荒れ、不快な症状として表われます。

原因2 食べ物によるもの

口が臭くなる食べ物を食べると、しばらく口臭がキツくなります。

これは一時的なものなので、口臭ケアアイテムを使ってその場をしのぎましょう。後半にご紹介する『口臭の対処法』で、おすすめの口臭ケアアイテムをご紹介します。

【口が臭くなる食べ物】

  • ニンニク
  • ネギ
  • お酒
  • タバコ

これらは一時的に口臭がキツくなりますが、習慣的に摂取していると、臭いも長く続いてしまいます。

原因3 病気によるもの

何らかの病気が原因で口臭がキツくなることもあります。

歯周病や虫歯による口まわりのトラブルが口臭の主な原因となりますが、口周りに原因がない場合は、病気の治療をすることで臭いを抑えることができます。

【口まわりのトラブル】
●歯周病…歯磨きだけで歯茎から出血するようになります。膿が出てくると口臭がキツくなっていきます。

●虫歯…食べ物のカスが溜まり、徐々に虫歯が進行していくと、臭うようになります。大きな虫歯になると、カスが溜まりやすくなります。

●歯垢…歯の表面に付いている細菌とその代謝物です。歯磨きで取り除けない部分は、虫歯の原因となります。

●歯石…歯垢が長期間取り除かれずにいると、歯石となります。唾液の石灰分が歯にこびりついたもので、おもに歯茎の近くにでき、歯磨きだけでは取り除くことが困難です。

歯石が溜まっていくと、口臭がキツくなっていきます。

●舌苔(ぜったい)…舌の表面に付く苔(こけ)のような付着物です。灰白色または錆(さび)色に見える細菌のかたまりです。

臭いの元となり、胃腸の病気や熱性感染症の時も見られます。

●唾液量が少ない…唾液の役割は大きく、口内環境を整えるために無くてはならない存在です。

唾液の量が少ないと、食べかすを十分に洗い流せず、細菌が増殖し、虫歯や歯槽膿漏のきっかけを作り出します。

また、口内が乾燥することによって、口臭がキツくなります。

寝起きの口臭がキツいと感じるのは、就寝中の唾液量が減って、細菌が増えてしまったからです。

●入れ歯の洗浄不足…人口の入れ歯は、臭いを吸着しやすく、洗浄を怠るとたちまち臭くなってしまいます。

口まわりのトラブルだけでも7つ挙げられました。これらから原因となるものが見当たらない場合は、病気を疑ってみましょう。

口臭を感じやすい病気として以下のものがあげられます。

【口臭を感じやすい病気】

  • 鼻やのどの病気
  • 呼吸器系
  • 消化器系
  • 糖尿病
  • 肝臓疾患
  • 口腔がん

鼻やのどに炎症が起こると、口に膿がでるなどして口臭を感じやすくなります。

また、慢性的に口臭に悩まされているのに、口内にトラブルが見られない場合、呼吸器系・消化器系・糖尿病・肝臓疾患・口腔がんといったいずれかの病気を疑ってみましょう。

口腔がんは、口内にがんができ、口臭を感じやすくなることがあります。

原因4 ストレスによるもの

ストレスが溜まると、唾液の分泌量が少なくなり、口内が乾くことで、口臭を感じやすくなります。

緊張も一種のストレスで、口内が乾き口臭がキツくなります。

原因5 思い込みによるもの

それほど臭っていないのに、自分では口臭がキツいと感じてしまう人もいます。

思い込みによるものは、実際にそれほど口が臭く無くても、本人は大きな悩みとなっている場合が多いです。

口臭があると思い込んで悩んでいる時は、専門の検査を受けて口臭の度合いをチェックしてみることをおすすめします。

検査自体は簡単で、痛いこともないので、不安に感じることはありません。

以下の検査内容を参考にして、悩んでいる場合はチェックしに受診してみてはいかがでしょうか。

【検査の仕方】
口臭外来では、専門的な機械を使って口臭を検査します。オーラルクロマとブレストロンを置いている医院が多いです。

●オーラルクロマで測定する場合

1 針のない注射器の先を口に1分間くわえます
2 注射器の押す部分を引きながら、口の中の空気を吸いとります
3 注射器を測定器にセットします

●ブレストロンで測定する場合

1 細長いマウスピースの先端を2㎝ほど残して、片手で握ります。
2 マウスピースの先端を軽く噛むようにし、口がマウスピースを持った手に当たるようにして、唇をふさぎます。
3 少し上向きになって鼻から呼吸します。
4 45秒経ったらおしまいです。

どちらの検査も、短時間で済みますが、問診票の記入や、病院にかかる手続きなどで時間がかかることがあるので、時間に余裕をもって検査にいくようにしましょう。

【検査で分かること】
どの口臭測定器を使うかで分かることが違います。

口臭測定器の「オーラルクロマ」を使っている医院では、口臭の元となる3種類の臭い成分を計測することができます。

そして、どの成分の値が高いかで、治療法が変わります。

また、「ブレストロン」という測定器を使っている医院では、測定した数値を元に、口臭が生理的なものか病的なものかを判断することができます。

医院によっては、機械では無く実際に医師が鼻を近づけて臭いを嗅いで調べることもあります。これによって、まわりの人がどのくらい臭っているのかが分かります。

治療法を明確に知りたい人は「オーラルクロマ」がある医院を、口臭が何から起こっているのか知りたい人は「ブレストロン」がある医院を選ぶと良いでしょう。

また、臭い方を知りたい人は、機械のない医院を選びましょう。

どの機械や医師に検査してもらっても、口臭の元となる成分はだいたい決まっています。

【口臭の元となる臭い成分】
口臭測定器のオーラルクロマで分かる3種類の臭い成分は、以下のようになっています。

  • 腐った卵のような腐敗臭がする「硫化水素」
  • 血なまぐさい臭いがする「メチルメルカプタン」
  • 生ゴミのような臭い「ジメチルサルファイド」

これらが混じった臭いが口臭として臭ってくるので、相当キツいことが分かります。

当てはまったら注意!口が臭い人の共通点

口が臭い人の特徴として、共通していることがあります。

もし、この特徴が当てはまったら、改善することで口臭を抑えられるかもしれません。

舌のケアをしていない

【口まわりのトラブル】でご紹介しましたが、舌には舌苔(ぜったい)と呼ばれる細菌の塊が溜まりやすくなっています。

舌をケアしていないと、口臭がキツくなっていきます。

エチケットとして、舌のお掃除を習慣にすると良いですね。

タバコを吸っている

タバコを吸っていると、その成分が口内に付着して、口臭の元となります。タバコの成分であるニコチンは、血液循環を悪くしてしまい、唾液の分泌量を減らしてしまいます。

唾液量が少ないと、口臭がキツくなってしまいます。

また、タバコに含まれるタールは、ヤニとして歯や舌にこびりつき、悪臭の元となります。

タバコは体内のビタミンCやコラーゲンを奪い、活性酸素によって、肌の老化を促進させます。

タバコが習慣化している人にとって、禁煙はかなり大変ですが、少しずつ減らしていくことで、口臭予防と美肌を目指すことができます。

口呼吸ばかりしている

口呼吸をするためには、口を開けていなくてはいけません。その状況では、口の中が乾いてしまい、常に唾液の量が足りていないことになります。

唾液の量が少ないと臭いが強くなってしまうことから、寝起きや緊張の際にはどうしても口臭がキツくなってしまいます。

口呼吸していると気づいたら、口を閉じて鼻呼吸するようにしましょう。

肉食で脂っこい物が好き

肉や魚ばかりを食べていると、食物繊維が不足することで便が溜まりやすくなります。

そのため、腸内で腐敗ガスが発生し、呼吸するときに臭うようになります。

牛や馬は草食のため、あまり臭いませんが、肉食のライオンなどは臭うようです。

食生活も口臭がキツくなる原因となるため、野菜とのバランスを考えた食生活をするように心がけると良いでしょう。

咀嚼(そしゃく)回数が少ない

口臭は唾液の分泌が多いと抑えられます。食べ物を食べるときは、飲み込んだり消化したりするため、噛むことで唾液の分泌が多くなります。

しかし、咀嚼回数が少ない人は、唾液の分泌が少なく、細菌が増加して舌の細菌が多くなってしまう傾向があります。

良く噛んで食べることは大切ですね。

ここまで、口が臭い原因や、元となる習慣(共通点)をご紹介しました。では、どう対処していったら良いのでしょうか。

原因別!口臭を抑えるための対処法とおすすめアイテム

それぞれの原因に合わせて、対処法やおすすめのアイテムをご紹介します。

対処法1 生理現象によるもの

生理現象によって、唾液の分泌が少なくなり、口臭が気になる場合は、歯磨きやうがいで口の中の細菌を減らすとよいでしょう。

また、女性ホルモンの乱れによって不快な症状が伴う場合は、リラックスできる時間を作って、ストレスの軽減をはかりましょう。

対処法2 食べ物によるもの

臭いの元となる食べ物を控えるのが一番ですが、食べてしまったときは口臭ケアアイテムで乗り切りましょう。

【口臭ケアアイテム】
食べ物による口臭を抑えるアイテムを7つご紹介します。

●歯間ブラシ
歯間ブラシについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。→歯間ブラシの嬉しい効果。歯を綺麗にするだけでなく口臭も防ぐ!

●舌クリーナー
舌に溜まった細菌を取りのぞくアイテムで、ブラシタイプやヘラタイプがあります。

磨きすぎると舌を傷つけてしまうので、舌の奥から手前にスライドして、優しくなでるように使います。

舌クリーナーはさまざまなものが販売されているので、使ってみてオエッとならないものを選ぶと良いでしょう。

汚れを掻き出そうとして奥まで入れすぎても嘔吐反応が出るので、小型で舌に優しくフィットするものを使うと良いでしょう。

おすすめは小林製薬の『新ブレスケア舌クリン舌専用ブラシ』です。

【小林製薬 新ブレスケア舌クリン舌専用ブラシ】

ポリプロピレンでできたブラシが舌の汚れを掻き出し、ブラシの上部にあるヘラでしっかりと取り除きます。

全体的にシリコンゴムのような柔らかい素材でできているため、ブラシタイプで傷をつけてしまいがちな人にもお勧めです。

ヘッドがコンパクトなので、大きめのクリーナーだと、えずいてしまう人にもお勧めです。

価格:320円(税別)
原材料:柄…ポリプロピレン、ブラシ…熱可塑性エラストマー

●マウスウォッシュ
適量を口に含み、20~30秒ほど口の中でゆすいで吐き出します。殺菌作用のあるものは、虫歯や歯周病、口臭などの口内トラブルとなる原因菌をやっつけてくれます。

寝起きに口臭がキツいと感じたら、マウスウォッシュでリフレッシュしましょう。さらに、歯磨きをして、歯の汚れを落とせば口臭が抑えられます。

おすすめは口臭以外のトラブルにも立ち向かう『薬用リステリン トータルケア』です。

【薬用リステリン トータルケア】

歯石や歯垢、口臭や口の粘つき、歯肉炎や着色といった6つのトラブルをケアすることが出来るマウスウォッシュです。

初めて使うと、辛みに驚くかも知れませんが、6つのトラブルに立ち向かうパワーは絶大です。

刺激が苦手な人には、低刺激タイプの『リステリントータルケアゼロ』もあるので、試してみてください。

価格:1000㎖…930円(税込)、500㎖…883円(税込)、100㎖…221円(税込)
内容量:1000㎖、500㎖、100㎖

●スプレー 
SOCIA(ソシア)の通販サイトでは、『オーラクリスターゼロ』というスプレータイプの口臭ケアアイテムが販売されています。

これは、口の中にスプレーするだけで臭いケアすることができ、殺菌作用が高く、口内を清潔に保ちます。

アラントインなどの薬効成分の他にも、洗浄助剤のポリリン酸ナトリウムや防腐剤のメチルパラベンなどが含まれているので、スプレー後にうがいをして吐き出すようにすると良いでしょう。

寝起きや、人と会う前にシュッとスプレーすれば、3~4時間ほど、口臭を抑えられます。

●サプリメント
サプリメントで口臭ケアすることもできます。

口臭の原因となる細菌を抑える効果はありませんが、サプリメントが持つ香り成分や体質を改善する働きによって、口臭を軽減していきます。

口臭がキツいと感じる場合は、バラやペパーミントなどで香りを重ねるサプリメントよりも、消臭作用で口臭を軽減する効果が期待できる成分が含まれたものを選ぶのがお勧めです。

特にお勧めのサプリメントが以下のものです。

【from COCORO FREPURE(フレピュア)】

レモンミント味のチュアブルタイプで、食後の臭いも速やかにスッキリ爽やかにしてくれます。

臭いケア成分として「シャンピニオンエキス」や「デオアタック」が含まれていて、キツい口臭に働きかけます。

さらに、腸内環境を整える「有胞子性乳酸菌」と「ビフィズス菌」も含まれ、腸から綺麗にしていくことを目指します。

10日間の返金保証が付いているので、万が一体質に合わなくても、商品代金を返金してもらえます。

また、定期便を注文すると、割引価格で購入することができます。

価格:3,694円(税別)…毎月お届けコースで、2回目以降は30%オフの2,537円(税別)
内容量:1袋30粒

毎月先着1,000名まで、初回特別価格の500円(税込)で購入できます。ちょっと試してみたい方にも、手頃な価格です。

●ガム(できればキシリトール配合)
ガムを噛むことで唾液の分泌を促し、口臭を予防します。

仕事のストレスなどで唾液の分泌が少なくなると、細菌が増殖して口臭の原因になってしまいます。

口内を爽やかに保つことで、リフレッシュすることもできます。

できれば、虫歯の発生を防ぐキシリトール配合のガムを噛むと良いでしょう。

●梅干し(唾液の分泌促進)
先ほどのガムと同じように、梅干しを食べることで、唾液の分泌を促してくれます。

梅干しには、クエン酸が含まれているため、殺菌作用によって口臭ケアに役立ちます。

最近では昔ながらの酸っぱい梅干しをあまり見かけませんが、続けて食べていると、梅干しを思い出すだけでも唾液がたくさん出てきて、口の中が潤うようになります。

対処法3 病気によるもの

胃腸の病気や熱性感染症のときは、舌苔(ぜったい)が付いて臭うことがあります。舌を綺麗にすると少し臭いが軽減します。

また、口臭の原因となる病気を治療することが勧められます。

対処法4 ストレスによるもの

ストレスを緩和することが第一です。

一日の中で負担になっていることや嫌なことを減らしていきましょう。人間関係の悩みや睡眠不足もストレスの原因となります。

ストレスが溜まると、肌のターンオーバーが乱れたり、細胞を酸化させる活性酸素が増えたりして、肌トラブルを引き起こす原因となります。

美肌を手に入れ、口臭を抑えるためにも、ストレスフリーの生活を目指しましょう。

悩みごとが多く睡眠不足な人には、寝る前にスプーン一杯程度のハチミツをいれた飲み物を飲んで、リラックスして過ごすのがお勧めです。

ハチミツには、口臭の元となる細菌(悪玉菌)を減らしてくれる効果があると言われています。

また、抗酸化作用があるので、美肌を目指す人のアンチエイジングとしても期待できます。

ハチミツの効果を発揮させるために、「天然」か「純粋」のハチミツを選びましょう。

温かい紅茶にサッと溶かして飲めば、リラックスできそうですね。

対処法5 思い込みによるもの

口臭専門外来に受診し、一度検査を受けてみることをお勧めします

実際に強い口臭がない場合は、不安を取り除き、過度な口臭対策をしないようにしていきましょう。

口臭外来がどこにあるのかわからないという人は、『日本口臭学会』の認定者一覧にある「医師の名前」と「歯科」を入力して検索すると、その医師が勤務している病院が分かります。

認定者一覧には、医師の名前と都道府県名も記載されているので、お住まいの地域の医師を選ぶと良いでしょう。

つまみ食い厳禁!口の中はいつも清潔に

口が臭いと感じたら、口内環境を整えるために、常に清潔にしておくことが大切です。

口がさみしいからと言って、つまみ食いばかりしないようにしましょう。ただし口臭ケアアイテムは別です。

対処法でも触れた、以下の口臭ケアアイテムを試して、臭いを抑えるようにしていきましょう。

【口臭ケアアイテム】

  • 歯間ブラシ
  • マウスウォッシュ
  • スプレー (オーラクリスターゼロ)
  • サプリメント
  • ガム (できればキシリトール配合)
  • 梅干し (唾液の分泌促進)
  • ハチミツ入りドリンク (口臭予防、美肌)

これらのアイテムを使っていても、自分でケアをするのは限界があるため、定期的に歯科医院で診てもらい、歯のクリーニングを行ってもらうと安心です。

また、病気からおこる口臭もあるため、睡眠を十分にとり、バランスの良い食生活を続けて、健康的に過ごすことも大切です。

これらは美しい肌を作るためにも重要です。

イキイキとした毎日を送るためにも、食事や運動、睡眠に気を配った口臭ケアを続けて行きましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!