アクリルパウダーで簡単3Dネイルアート!自分でできるやり方


「ネイルをやる時によく聞くアクリルパウダーって何?」と、ネイルをいざ始めようと思った時に気になった人もいるのではないでしょうか?

ネイルのスターターキットにも入っているように、アクリルパウダーという成分はネイルアートを始める上で必要不可欠となります。

ここではそんなアクリルパウダーやネイルに関する基本用語のご紹介・アクリルパウダーの効果的な使い方などを具体的にご紹介します。

ネイルが初めての人も、3Dネイルにチャレンジしたい人もぜひ予備知識として参考にしてみてくださいね。

ネイルアクリルパウダーとは?

ネイルをする時に、含まれている成分をご存知でしょうか?最近流行りの立体型の3Dネイルやジェルネイルにも使われているのが「アクリルパウダー」になります。

アクリルパウダーは「アクリル樹脂の元となる粉のこと」の成分のことですが、ネイルをする時の使い方として、アクリルリキッドとアクリルパウダーを合わせてアクリル樹脂を作ります。アクリルネイルと呼ばれるのは「人工爪」と呼んだ方がわかりやすいかもしれません。

ジェルネイルの際にアクリルパウダーを混ぜて硬くて長い爪を作ることもできるので、自爪の負担がないとしてネイルを良くする人からは人気が出てきています。

アクリルパウダーを使うメリット

ではここで、アクリルパウダーをネイルに使用する時のメリットをご紹介します。

強度が強く繊細な3Dアートを作ることができる

アクリルのメリットとしては「割れにくく固まりやすい」という特徴を持っています。ネイルは見た目が華やかなものですが、長持ちさせることが重要です。アクリルパウダーで作るネイルは強度が強いので丁寧にしていればキレイな状態で長持ちさせることができます。

また、ジェルネイルよりも立体的な3Dネイルアートを楽しむことができます。特に花びらなどの繊細な立体アートはアクリルパウダーでないと表現できないことも魅力の一つです。

自爪の負担がほとんどない

ネイルサロンに行くと、自爪の形にコンプレックスがある人や爪の割れ・欠けに悩んでいる人には「アクリルネイル」をおすすめされることがあります。

アクリルパウダーから作られるアクリルネイルは人工爪でもあるので、爪に刺激を与えることなくキレイに仕上げることができることがメリットになります。

アクリルパウダーで簡単に作れる3D立体ネイルアート

ではここで、アクリルパウダーで簡単に作ることのできる立体3Dアートをいくつかご紹介します。わずか5分ほどで作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

3Dアートの基本「水玉模様とフラワーアート」

【材料】

アクリルパウダー(白・ピンク)
アクリルリキッド(モノマー)
ダッペンディッシュ(ガラス容器)
動物性の筆
キッチンペーパー

【作り方】

1. まず、3Dネイルアートに欠かせない存在である「ミクスチャー」という材料を作ります。これは、アクリルパウダーとアクリルリキッドを混ぜた状態のことを言います。今回使う色は白とピンクを使っていきます。

2. でははじめに、筆をアクリルリキッドで十分濡らしましょう。全体に満遍なく濡らした後、余分な量を落としてからアクリルパウダーに少し触れてみます。

3. アクリルリキッドとアクリルパウダーが触れた部分が柔らかい液状の状態になれば良いミクスチャーの完成です。

この時、流れ落ちてしまったり粉っぽくなってしまうとリキッドとパウダーのバランスが悪いので調整しましょう。

4. ミクスチャーを筆の先に付けて、爪の上に乗せていきます。爪の根元に近い場所からいくつか水玉を作っていきましょう。もし柔らかすぎたりしても、この時点では修正ができるのでキッチンペーパーで拭き取って再チャレンジしましょう。

5. 爪に乗せたミクスチャーを筆の平たい部分で少し押しつぶして丸型にしていきます。あえて違う大きさにすると自然な感じが出ておすすめですよ。

6. 水玉はこれで乾燥させれば完成ですが、フラワーアートにしたい場合は水玉を乾燥させてから水玉の真ん中に黄色のミクスチャーを乗せて花びらにすることもかわいいです。

カラー配色でオシャレがキマル!人気の3Dネイルとは?

ここでは主に3Dアートネイルの中でも人気のカラー配色やキャラクターについてご紹介します。

【形・キャラクター】
3Dアートが初心者の人向けでよく作られているのが「水玉やシンプルフラワー」ですが、上級者となってくると、意外と難しいのが「リボン型」のようです。リボンは両サイトの結び目の大きさがアンバランスだとキレイに見えないというポイントがあるようです。

リボン柄は3Dアートに慣れてきたらぜひ挑戦してみてくださいね。

また、スヌーピーやパンダと言ったモノクロで表現できるキャラクターも目を引くので人気のアート作品となっています。キャラクター柄は人それぞれで個性が出るのでおもしろいですね。

【カラー】
また、カラーについても季節やアクリルならではの人気があります。

特に一番指先や足先を出すような夏は「貝殻・ブルー系の透明感のある配色」が人気です。アクリルパウダーの特徴として、透明感のあるような配色を作ることができるので海や波のような透き通った感覚をネイルで表現できます。

また、和柄であれば「ワインレッド」や「藤色」・「唐草色」が人気の配色です。和柄の場合、それらのバックカラーの上から梅や花びらなどの淡い色を乗せることが多いので、より目立つので浴衣や着物には映えます。

アクリル3Dネイルは片付けも大切!

実はアクリルパウダーを使った3Dネイルには片付けもしっかりしておくことが大切です。片付けを雑にしてしまうと、材料の持ちも短くなってしまうことがあるので注意しましょう。

まず筆の片付けからです。使った筆はダッペンディッシュという容器に入れて、キレイなアクリルリキッドに付けてすすぎます。すすいだ後は水分を拭き取って保管しましょう。この時、水道水で洗うのは避けるようにしてくださいね。

次にアクリルリキッドですが、ダッペンディッシュに残ったアクリルリキッドはキッチンペーパーでしっかりと拭き取ることでキレイにしましょう。流し台などに流したりするのは薬品の為、厳禁です。

後は、スターターキットを使っている場合はキットの中に入れ、それ以外の場合は薬品やパウダーが漏れないよう高温多湿を避けた場所に保管しておきましょう。

ネイルアクリルパウダーで上品な魅せる指先を!

アクリルパウダーを使った3Dネイルアートは、自分好みで形を変えてアートを楽しむことができるという魅力があります。最近では本格的なネイルアートも自宅でできるようになってきたので、ぜひアクリルパウダーを使って時短でコストも抑えることができる立体型アートでオシャレしてみてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!