傷んだ爪を集中補修!爪の亀裂の応急処置方法


爪のトラブルは誰でも経験したことがあるかと思います。伸ばしていても、ちょっとした動作で折れてしまうとキレイに揃っていた爪も台無しになってしまいますね。

見た目が悪くなり、仕方なく切らざるを得なくなることも考えられます。心配になり、ネイルでのオシャレを諦めてしまうのは残念です。

こういったトラブルを未然に防ぐテクニックを知り、強い爪を目指しましょう。

爪に亀裂ができてしまったら?

爪に亀裂が入ってしまうとネイルの持ちが悪くなってしまいます。そのまま放置すると最悪の場合、皮膚からの出血が起きたり雑菌が入って痛みを生じる恐れもあります。

爪トラブルを改善するには、お手入れをし補修できる対策を考えておきましょう。

ネイルサロンで施術してもらう

ネイルサロンではネイルだけではなく、爪トラブルを改善する施術も行ってくれますよ。ネイルサロンで施術してもらう補修方法には、シルクラップやスカルプチュアなどがあります。

特殊な繊維を爪に貼り、樹脂で固めるやり方もその一つです。ネイルサロンで施術を行う際には爪の状態を確認してもらい、きちんと相談し補修してもらうのが一番ですね。

皮膚科や形成外科を受診

爪の変形や外傷での亀裂は、保湿やハンドケアだけでの補修では難しいので、皮膚科や形成外科での治療が必要となってきます。皮膚科では外的要因以外に、接触性皮膚炎やカンジダ感染などの疾患が原因かどうかを調べてもらうことができます。

薬を処方してもらい悪化を防ぐこともできるので、症状がひどくなる前に受診を行いましょう。

シルクを使って自宅で補修

ネイル用品の補修アイテムであるシルクは、ネットショップなどでも購入が可能です。折れやすい爪の強化にもなり、使い方も簡単です。

  1. まずはシルクで亀裂をカバーできるように、爪の幅より少し小さめの長さにカットしておきます。
  2. 爪の表面をエタノールで拭き、油分を取り除きます。
  3. 亀裂をカバーするように、シルクを爪にかぶせて貼り付けます。しっかりと押さえつけて密着させましょう。
  4. ベースのクリアジェルをシルクの上に塗布し、しっかりと馴染ませます。ジェルが馴染んでくると、シルクが透明になってきます。馴染んだら、ライトで硬化させて下さい。
  5. その後に、爪の根元から全体にクリアジェルを塗布します。
  6. 再度ライトに当てて硬化します。
  7. ジェルをエタノールで拭き取り、余分なシルクを爪やすりで削れば修了です。

簡単な爪の応急処置方法とは?

爪トラブルの際に、爪を無理やり切ってしまうと深爪になる可能性もあり危険です。爪トラブルを起こしてしまった時でも、自分で補修できる応急処置方法をいくつか紹介します。

ネイルグルーで応急処置

爪の長さを出す時にも使われるネイルグルーは、爪の補修をしてくれるのに役立つネイルアイテムです。

  1. 爪の亀裂部分にネイルグルーを塗布します。
  2. 固まったら、爪やすりで爪の凸凹部分を滑らかに整えていきます。爪切りのやすりでもOKです。
  3. ネイルグルーが剥がれてしまわないように、トップコートを2回ほど塗り爪をコーティングし終了です。

トップコートが取れてきたと感じたら塗り直して下さい。

ティッシュとトップコートを使っての補修

ティッシュで補修する方法は爪にも優しい応急処置方法です。

  1. 2枚重ねになっているティッシュを1枚剥がし、爪のサイズに合わせて小さくカットします。爪の割れている部分が覆われるくらいの大きさで十分です。
  2. 爪が割れている部分にトップコートを薄く塗り、その上にティッシュを乗せます。
  3. ティッシュが密着したら仕上げのトップコートを塗ります。

絆創膏やマスキングテープを使っての補修

絆創膏やマスキングテープは爪にぴったりと貼り付いてくれます。マスキングテープだと、マステネイル風にもなり補修しながらオシャレできます。

  1. 絆創膏の場合はテープ部分を、爪の亀裂の入った箇所を覆う大きさにカットします。マスキングテープも同様です。
  2. 亀裂の入った部分を巻き込むようにして、ピンセットを使い絆創膏又はマスキングテープを貼りましょう。
  3. トップコートを2回程塗り、コーティングさせて終了です。

爪に亀裂ができる原因と予防法

爪に亀裂ができてしまう原因には爪の乾燥や爪への衝撃、栄養不足やネイルの頻度が多いなどという理由が挙げられます。日常生活で手を頻繁に使うと衝撃を受けて、爪に亀裂ができやすくなります。

また、栄養を摂れていない場合にも、爪への影響が出てきてしまうのでバランスの取れた食事を心がけ健康を維持するのが大切です。緑黄色野菜を積極的に食べて、ビタミン不足を補い予防をしていきましょう。

こまめに保湿する

指先の油分は失われやすい為、爪の内側からも乾燥してきてしまいます。

爪の表面のケアだけでなく、保湿や保護、補修まで行ってくれるペン型のネイル専用の栄養浸透液なども、最近ではネイルアイテムとして販売されています。ぜひ試してみて下さい。

爪の切り方にも注意

やむを得ず爪切りを使用する場合は、丸くカットしてしまわずに、先端を少しずつ真っ直ぐになるようにカットして爪を切りそろえましょう。その後に爪の角部分を、爪やすりで丸く整えていくと割れにくい爪となります。

除光液や中性洗剤の扱いに注意

家事をする際の中性洗剤を素手で使うと、手先や爪の油分が落ちてしまいます。特に爪トラブルが気になる方は手袋を着用し、ネイルオイルで保湿を行っていきましょう。

除光液を使用する際の頻度も週に1回程度にし、爪や指先の乾燥を防ぐように注意しましょう。

補修方法をマスターして強い爪を保ちましょう

爪トラブルで悩んでしまったら、放置してしまわずに早めの補修が大切です。爪が傷むとストレスになってしまいますよね?

自宅で応急処置を行ってから、ネイルサロンで補修をしてもらうと心配も少なくなりますよ。爪を強くするには、爪を補強してくれるマニキュアもオススメです。

もしも、炎症や出血が見られた場合は医療機関を受診して下さいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!