爪が縦に割れた!修復しにくい縦割れ爪の原因と対処法


日々生活をしていると、爪が割れることってありますよね。爪が割れると、テンションは下がるし、髪の毛に引っかかったり、洋服に引っかかったり、何かと日常生活に支障をきたします。

特に縦に割れてしまった爪は、修復するにも難しい場合も多いです。割れたところまで爪を切ることもできないケースもあり、どうすればいいのかわからない!と、途方に暮れる人も少なくはないはず。

今回はそんな厄介な爪割れについて、原因と対処法をご紹介しましょう。

爪が縦に割れる原因ってなに?

爪が割れてしまうのは、いったい何が原因なのでしょうか。ひとえに爪が割れるといっても、いくつかの理由が考えられます。

まずは自分の爪割れの原因を見つけることも重要です。ここでは爪が縦に割れてしまう原因について紹介していきます。

物にぶつかってしまった場合

日常生活を送っていると、硬いものに指をぶつけてしまったときに割れてしまうことがあります。

よく手をぶつけてしまって爪を割ってしまうという物理的な原因の場合は、注意深く行動するのは第一ですが、職業柄硬いものと爪をぶつけやすい環境で働いているという場合には、爪を保護するということが手っ取り早いです。

爪の保護法については、後程記述しますので参考にしてください。

加齢による爪の老化

爪というのは、簡単に言うと皮膚が硬くなったものというのは知っている人が多いと思います。皮膚と同じということは、お肌と同じように加齢によって老化していきます。

皮膚と同じように爪もケアをしなければ乾燥します。乾燥すれば劣化して割れてしまう原因につながってしまいます。お肌はスキンケアを万全にしているけど、爪まではケアしていないケースも多いですよね。

爪も顔や体同様に、保湿ケアするのが重要です。さらに爪専用の美容液なんかも売っているので、爪が割れやすい方は一度手に取ってみることをおすすめします。

また、爪の老化につながりやすい生活の一つに睡眠不足も挙げられます。

睡眠は、人間が肌をターンオーバーさせるのにとても重要な行動です。特に、夜の22時から午前2時の間の睡眠はお肌のゴールデンタイムと呼ばれるほど。

このゴールデンタイムはもちろん爪にも影響します。言われてみれば夜更かししがちという方は、ベッドに入る時間を少し早めてみてはいかがでしょうか。

栄養が不足している

爪はお肌と一緒で栄養が不足している場合にも影響が出てきます。

爪が割れやすいと感じたとき、直近で食事制限するなどのダイエットはしていませんでしたか?

タンパク質が爪を形成させるのに大事な栄養素となりますが、肉を避けるなどタンパク質をあまりとらない生活を送っていると割れてしまう原因につながります。

また、鉄分が不足してしまうと鉄欠乏症になり、二枚爪になりやすい爪になってしまいます。

食事はバランスよく、野菜ばかり食べても健康というわけではありません。タンパク質が不足しているけど、肉はちょっとという場合には豆や魚などをたくさん食べて、タンパク質不足を補うように献立を考えましょう。

ストレス

ストレスを感じることで、新陳代謝が低下するということをご存知でしょうか。
新陳代謝が下がるということは、あらゆる病気にかかりやすくなってしまうということ。

日々のストレス、発散できていますか?ストレスをため込みすぎて、爪が割れてさらにイライラして…負の連鎖を起こさないようにも、自分なりのストレス発散方法を見つけて気分をすっきりさせましょう!

爪甲縦裂症

爪が縦に割れてしまう原因の一つには、爪甲縦裂症という病気もあります。

先端から爪の根元に向かって縦に割れてしまった。なんだか割れている爪がボロボロだという場合は、皮膚科への受診をおすすめします。

病気の場合は放っておいてもひどくなる可能性があるので、ひどい縦割れでお悩みの方は一度病院に行ってみるのも一つの手です。

爪が縦に割れたとき自分でできる対処法

爪が割れてしまったけど、今すぐにどうにかしたい!という方向けに、セルフでできる対処法や応急処置についてご紹介します。

爪割れが浅い場合

爪の縦割れが先端のほうだけで、あまり肉までは食い込んでいない場合は以下の方法で対処してみてください。

1.お湯で柔らかくする
まずは40度くらいのお湯を用意します。お湯に手を入れて爪を柔らかくしましょう。
ここで硬いまま爪を切ってしまうと、さらに変な方向に裂けてしまう可能性があるので、無理に切らないように。
2.爪を割れているところまで切る
爪を1ミリくらい残して切って短くしましょう。
爪が割れているところが1ミリよりも短い場合は、割れているところまでできるだけ切るようにしてください。
3.ヤスリで整える
切ったらヤスリで整えていきます。亀裂が残っていたり、ヤスリがけが甘いと何かに引っ掛けた拍子にさらに割れてしまう恐れがあるので、丁寧に!

爪修復シートを使った修復方法

爪が割れやすい方は、爪修復シートの購入がおすすめです。爪修復シートを使った修復手順を紹介します。

1.手をきれいに洗う
シートを取り扱うので、作業する前に手は石鹸でキレイに洗いましょう。タオルで手を拭くときに、布地に爪をひっかけて悪化させないように注意!
2.繊維シートを切る
爪修復シートを切りましょう。もしなければティーバッグやコーヒーフィルターで代用が可能です。
大きさは割れている部分が隠れるくらいで、爪の先端よりちょっと出るくらいまで切ります。爪の先端より出た部分は裏に折り込みましょう。
3.接着液をつけてピンセットでシートを乗せる
爪修復シートを付けるために、修復用の接着液を塗りましょう。ブラシやアプリケーターを使ってシートを張る部分に伸ばします。
修復用のものがなくても、瞬間接着剤やネイルグルーで代用ができます。
接着液を付けたらピンセットでそっとシートを爪の上にのせます。
4.シートの先端を折り込む
爪に乗せたシートの爪の先端よりもはみ出ている部分を、爪の裏側へ折り込みましょう。
ピンセットを使っている場合は、爪を挟み込む感じで折りましょう。
なかなかつかない場合は接着液が少ない可能性があるので、ちょっとだけ加えてみてください。
5.接着液を上乗せする
シートを付けたらその上から接着液をさらに塗ります。できるだけ凹凸のないよう、滑らかに塗るのがポイントです。
6.爪磨きで爪を磨く
爪磨きを持っている方は、完全に接着液が乾いてから軽く爪の表面を磨きましょう。
同じ向きに向かって磨くのがポイントです。
7.トップコートを塗って完成
最後にトップコートを爪全体に塗りましょう。トップコートを塗ることで、爪を保護してくれます。
時間があれば接着液を塗ってから1日置いてから塗るとキレイに仕上がります。

セロハンテープを使って応急処置

手元に修復テープなどがない場合、セロハンテープで応急処置することも可能です。緊急事態という方のために、セロハンテープを使った応急処置を紹介します。

1.セロハンテープを切る
割れた爪が隠れるくらいの大きさでセロハンテープをハサミで切ります。
2.爪の割れ目が隠れるようにテープをはる
セロハンテープの中央を、割れた部分の中心に貼ります。しっかりと指で押しつけて、貼るようにしましょう。
3.余分なテープはハサミでカット
爪の先端からはみ出ているテープはハサミでカットして応急処置完了!
テープが浮いてはがれないように注意してください。

上記の方法はあくまで応急処置となります。早めにネイルグルーや爪の修復用のネイルグッズを購入して、保護するようにしましょう。

原因である生活習慣の見直しも重要

色々と爪が割れてしまった時の対処法について記述してきましたが、何よりも爪を割らないための生活をするのも重要です。

もちろん物理的な接触による爪の破損は真逃れませんが、爪割れの原因で挙げた生活習慣の見直しは爪割れの予防につながります。

睡眠をしっかりとり、バランスの良い食事を心がけることは、爪だけではなく体全体の健康のためにも必要なことです。

強い爪を作るためには普段のお手入れも重要!

割れにくい爪にするには、普段の爪のお手入れも大事です。では、強い爪を作るためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

爪も十分な保湿が大事

まずは何度も言っているように爪は皮膚です。お肌と同じように乾燥してしまうため、保湿ケアは重要です。

手軽に手に入るのが、保湿ケアで優秀とされているワセリンです。

ワセリンは角質層にある水分が蒸発し、乾燥してしまうことを防いでくれる役割をもっています。体に塗るついでなどでもいいので、お風呂上りにささっと爪にも塗り込んでケアしちゃいましょう。

ネイルオイルでさらなる保湿!

最近ではネイル用の保湿ケア用品も充実しています。

そこでおすすめなのはネイルオイルです。ヒアルロン酸配合のものなど、ツヤツヤの爪を作るためにはぜひ購入しておきたいグッズです。

爪用のオイルなので、ボトルもあまり大きくないため、持ち運びにもとても便利。おうちでのケアはもちろん、オフィスで乾燥がひどいなと感じたらちょこっと塗っておくと、しっかり爪を保護できます。

トップコートやジェルを使って保護

爪が割れやすいときは保湿だけではなく、実際に爪にトップコートを塗ってカバーして強化するのも、保護手段の一つです。

トップコートを塗っているのに割れてしまうという人には、ジェルがおすすめです。

トップコートよりも衝撃を吸収してくれるので、ちょっとぶつけただけでは割れにくい爪にしてくれます。

まずは保湿ケアをしっかりとして、トップコートを塗ってみてください。それでも割れてしまった!という場合は、ジェルネイルをして爪を保護するようにしましょう。

除光液は控えめに

トップコートを塗ったり、セルフネイルでマニキュアを塗ったりする人が多いと思いますが、その際リムーブするときに使うのが除光液ですよね。

除光液は、アセトンという有機化合物が含まれているので、使うと爪を乾燥させたり油分を奪ってしまったり、爪への負担が大きくなります。

ネイルを楽しみたいけど爪を強くしたい人におすすめなのが、ノンアセトンのリムーバーです。除光液独特のシンナー臭が少なかったり、爪への負担が少なかったりと、魅力的なリムーバーです。

もちろんデメリットとして、除去する力が弱いという点があり、ラメ入りのネイルなどは落とすのにかなり時間がかかってしまいます。

頻繁にネイルを楽しむという方は、除光液とノンアセトンリムーバーの2つとも常備し、最初はノンアセトンを使い、なかなか落ちないという場合は除光液を使うというように、臨機応変に対応してみてください。

爪が縦に割れやすい人は生活の改善を!ひどい場合は皮膚科へ

今回は爪が縦割れしてしまう原因と対処法や強化の仕方について紹介しました。

爪が縦に割れてしまう原因には、生活習慣の乱れが挙げられます。生活の改善はもちろん重要ですが、即効性には期待できないため、まずは爪を強化するために保湿やネイルケアをしっかりと行うようにしましょう。

また、あまりにも縦割れの状態が悪い場合は、病気の可能性もあるので一度皮膚科に診てもらいましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!