爪の白い部分を減らすことってできる?美しい爪のつくり方


手先まできれいな人に憧れを抱く女性って多いですよね。手だけでなく、爪の先まで手入れが行き届いていると、なんだか出来る女という印象でかっこよく見えます。

そんな中、ふと自分の爪を見たとき、なんだか白い部分が大きくて、思い描いたきれいな爪とは違うなって感じることはありませんか?この爪の白い部分をどうにかして減らすことはできるのでしょうか?

今回は、爪の白い部分にフォーカスをあてながら、美爪の作り方をご紹介します。

爪の根元にある白い部分っていったい何?

はじめに注目する爪の白い部分は、根元の白い部分。
では、この根元の白い部分の正体ってなんなのでしょうか?

根元の白い部分の正体「爪半月」

根元の白い部分は、通称「爪半月」と呼ばれています。
爪半月のことを簡単に説明すると、生まれたての爪。つまり爪の赤ちゃんと考えればいいでしょう。

新しい爪は水分をたくさん含んで生まれて、成長するとともに徐々に水分がなくなって、半透明の爪のピンクの部分へと変化します。

新陳代謝の良い人は、爪半月が大きく爪が伸びるのが早い人が多いです。

爪半月があるのは健康の証?

爪半月が大きいと健康的だ。とか、爪半月が少ないと貧血気味、栄養不足だ。とか。
そんなことを小さいときに親から言われたことってありませんか?

爪半月は、生まれたての水分をたくさん含んだ爪なだけであって、健康状態を示すものではありません。
つまり健康を結びつけるものではなく、もちろん医学的根拠も何もありません。

爪半月を減らすことはできるのか?

爪半月は、生まれたての爪ということはわかったが、ではこの白い部分を減らすことは可能なのでしょうか?

爪半月の大きさは遺伝であることも

爪半月が大きくなってしまう過程は、皮膚のターンオーバーが早いため、生まれたての爪が通常の硬い爪に変化する前に、爪が伸びて前に押し出されているという状態です。

貧血や栄養不足などの健康とは結びつけはないと前述しましたが、爪半月が大きい人は新陳代謝の良い人なのですね。
特に、子供は爪半月の大きさが目立ちますが、これは子供のほうが大人より新陳代謝がいいからということがわかります。

では、この爪半月の大きさって減らすことができるのでしょうか?
結論として爪半月の大きさは、残念ながら、故意的に減らすということは不可能です。

新陳代謝なんてそんなに良くないのに爪半月が大きい!なんて人も中にはいると思いますが、それは遺伝によるもの。
爪の形などもそうですが、爪は遺伝によって形成されてしまうため、残念ながら自分でどうにかできるというものではありません。

加齢によって減っていくことも

小さいころは爪半月があったのに、今では全然爪半月がなくなってしまった。という人も多くいると思います。

先ほども触れましたが、子供のころの新陳代謝の良さは、大人とは段違い。
大人へと成長するにつれて、どうしても新陳代謝は衰えてしまいます。

よって、爪半月は加齢とともに減ってしまう現象はよくあることなのです。

もちろん遺伝も関係があるので、生まれたときから爪半月が小さい人も中にはいます。
爪半月の大きさの理由は一人一人違うということが言えます。

爪の先端にある白い部分を減らすには?

次に、爪の先端にある白い部分について注目していきましょう。

爪先が多いのは深爪の場合が多い

一般的に爪の先端の白い部分が伸びると切って短くしていきますよね。

その際に白い部分とピンクの部分の境目ギリギリに切りすぎてしまうと、深爪になってしまう場合があります。
その深爪にしてしまう切り方をずっと続けていくと、少しずつピンクの部分は後退していき、白い部分が増えてしまうのです。

ピンクの部分を減らしたいという人は、爪を切るときに1mmは白い部分を残すように切りましょう。

白い部分をすべて切るのに慣れてしまっている人には、切った感じがしなくて少し残すことに抵抗があるかもしれませんが、ピンクの部分が広い形のキレイな爪を作る第一歩だと思って残しましょう!

時間はかかってしまいますが、白い部分を少しでも減らすためにも爪切りの時は注意して切ってみましょう。

爪先がガタガタしている場合は病気の可能性も

爪先の白い部分とピンクの部分が、きれいなカーブではなくなんだかガタガタしている人はいますか?
この場合、実は病気である可能性が出てきます。

ガタガタの原因は、白癬菌という菌が爪に入り込んで炎症が起きている「爪水虫」かもしれません。

水虫は比較的に誰もがかかりやすい病気なので、爪の境目がガタガタしているなと思ったら一度皮膚科の受診をおすすめします。

他にも、爪の白い部分が明らかに変に大きくなっている場合は、爪甲剥離症など爪に関わる病気はいろいろあります。

いつもと違うと感じたら、まずは医師に相談してみるのが一番です。

キレイな爪を作るためにできること

白い部分を減らしたいという人は、ピンクの部分が大きくて長いキレイな爪に憧れている人がほとんどだと思います。
そんな女性たちのために、ここでキレイな爪を作るためのポイントをご紹介します。

爪の切り方を見直してみよう

まずは爪の切り方を見直しましょう。
皆さんは爪を切るとき、どのように切っていますか?

はじから少しずつ切っている、右端と左端を切ってからとがった部分を切っている、など爪の切り方は人それぞれだと思います。

爪に対してベストな切り方は、真横に切り爪の形を四角にします。
そして左右のとがっている部分をカットし、スクエアオフという形にするのが一番いいです。

ここで切りすぎずに1mmは白い部分を残すことを忘れずに。

真横を切るとき、爪が硬すぎると亀裂が入ってしまう恐れがあるので、お風呂に入った後など爪が少し柔らかくしてから切るのがポイントです。
また、一気に切ってしまうと思ったよりも切ってしまうという事態が生じる可能性があるので、何度かに分けて真横に切るようにしましょう。

爪を短くするときは爪やすりで

爪を切るとき、爪切りを使っている人がほとんどだと思いますが、とことん美爪を作りたいという人は爪切りの使用をやめましょう。

爪切りの衝撃で爪が割れてしまう危険もありますし、爪下皮という爪と皮膚をくっつけている部分をはがしてしまう危険もあります。

上記のような危険を避けるためには、少し上級者向けになりますが、爪やすりで爪を短くするという方法がベストです。

お風呂あがりの柔らかくなった爪に対し、スクエアオフの形になるように削っていきます。

やすりは爪に対して45度の角度で上から下に動かしてかけましょう。

爪やすりを選ぶならガラス製のやすりが効率よく削れ、つるつるとした爪に仕上げてくれます。
手入れもガラス製であれば水洗いが可能なので、道具もキレイにしておきたいという人にとっても、ガラス製の爪やすりがもってこいです。

ただし、ガラス製のものは削る能力が高いので力いっぱい削っていると、いつの間にか短くしすぎた!なんてことも起こりえます。
さらに落とすと割れてしまうので、小さいお子さんがいるご家庭には不向きかもしれません。

爪マッサージで血行良く

爪半月のある部分をマッサージすることで、血行を促し新陳代謝をあげて爪を伸ばし、ピンクの部分を大きくするというのも一つの手です。

爪の根元と指の境目を、親指で押して円を描くように揉むだけでマッサージは完了です。
テレビを見ながら、会議中など、手持ち無沙汰なときに簡単にできちゃいますね。

さらに、ぐりぐり親指でマッサージした後に、両端をつまんでグッグッと押してもいいマッサージになります。

キューティクルオイルを使ってマッサージしても、気持ちいいですし滑りがよくなるのでマッサージしやすいのでおすすめですよ。

皮膚と同じように保湿が重要

手や顔などと同じように、爪は皮膚なので乾燥しやすいです。
顔から手、体、足まで保湿をちゃんとしている人でも、爪は見落としがち。

爪もしっかり保湿するように心がけましょう。

爪が乾燥してしまうと、爪割れの原因になってしまったり、潤いが足りずにくすんでしまったり、せっかく美爪にしたいのに台無しになりかねません。

ネイルオイルを使ったり、トップコートを塗ってみたり、食器洗いするときにはゴム手袋をして爪とともに手を保護するなど、爪が乾燥しないように注意しましょう。

爪に良い食べ物を摂取しよう

爪は主にタンパク質から作られています。
魚や肉、豆や卵など、いろんなタンパク質をバランスよく食事に取り入れましょう。

バランスのいい食事は爪だけでなく、お肌の調子や痩せやすい体作りにも重要なので、手先まで美しくしたい女性は一番大事なポイントですよね。

白い部分を減らすよりもネイルケアが美爪への近道!

爪の白い部分を減らしたいという人は、キレイな爪を作りたいという願望が強い人だと思います。

白い部分を減らすには、深爪になっている少しずつ改善させるという方法がありました。
しかし、キレイな爪を手に入れるには白い部分にこだわるよりも、保湿や食べ物に気を遣うなどで美爪に近づける努力をすることが重要なのではないでしょうか。

手の先の先までキレイな人は、抜け目ないしっかりとした印象もゲットできるので、自分にとって良い方法を取り入れて、美爪を作ってください!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!