鼻パックの効果とは。正しい使い方できれいな小鼻を手に入れよう


「鼻の毛穴に詰まった皮脂が参加して黒くなり、まるでイチゴのような鼻になってしまった…」
「古い角質が溜まってしまう事で小鼻がザラついてさわり心地が気になって仕方がない!」

そんな経験をしたことが女性なら1度や2度はあるのではないでしょうか?

そんな時には鼻パックをして角栓も小鼻のザラつきも無くしてしまいましょう!効果的で正しい鼻パックの使い方をマスターしてツルツルできれいな小鼻を目指しませんか?

鼻パックの種類と効果って?

角栓を根元から取る、小鼻のざらつきを取るなど鼻に関する悩みを解決してくれる鼻パック。

だれでも1度は使ったことのあるアイテムなのではないでしょうか?

鼻パックと言っても、剥がすタイプのものや洗い流すタイプのものなど種類があります。

それぞれのメリットやデメリットを見ていきましょう。

剥がすタイプのメリットとデメリットは?

剥がすタイプの鼻パックは毛穴の奥から根こそぎ角栓が取れるメリットがあります。

大小さまざまな大きさの角栓を一網打尽に出来るので、角栓が詰まってイチゴ鼻が気になっている人におすすめです。

しかし、アフターケアをしないと毛穴が広がったままになってしまうことも。

剥がす力が強いので小鼻やその周辺の薄皮まで剥がしてしまうことがあるというデメリットもあります。

洗い流すタイプのメリットとデメリットは?

小鼻に乗せてマッサージすることでじわじわと角栓を溶かしていくタイプの鼻パック。

毛穴の汚れを吸着するクレイが配合されているものや、温感で毛穴を開いて角栓を溶けやすくするタイプのものがあります。

溶かして洗い流すものなので刺激も少なく、優しく小鼻の汚れを取り去ることが可能です。

剥がすタイプに比べて、スッキリと根こそぎ汚れを取るような感じはしませんが、肌を労わりながらケアをすることができます。

デメリットは、手が汚れてしまったり、洗い流す必要性があるので手軽に使うことが出来ない点です。

使用している間は顔を触ったり、別の事が出来ないのも気になる点ですね。

お風呂に入ったついでに使うなど、汚れてもいい場所での使用が求められます。

また、クレイが配合されているものは汚れは毛穴の奥から取れるのですが、顔の油分が必要以上に取られ、乾燥しやすいという点もあります。

汚れをどう取りたいか?で使うタイプを使い分けよう

角栓をごっそり取りたい、小鼻のざらつきをどうにかしたいなど、顔の中でも目立ちやすい場所の悩みは尽きませんよね。

そういう時は、汚れや悩みに応じてパックを使い分けましょう!

角栓が目立つから早くどうにかしたいなら、ごっそり取って爽快感を得られる剥がすタイプを

小鼻のざらつきを取り去ってツルツルの触り心地にしたいなら洗い流すタイプをつかうようにするのがいいでしょう。

剥がすタイプのパック正しい使い方とは?

「剥がすタイプの鼻パックは毛穴が広がるから使わない方がいい」というのを聞いたことはありませんか?

しかしこれは、アフターケアが万全ではなかったから起こったトラブル。極端に怖がることはありません。

剥がすタイプの鼻パックの正しい行いかたについて学びましょう!

まずは鼻を清潔にして、水で鼻を濡らしてパックを貼る

鼻パックをする前に大切なのが洗顔です。たっぷりの泡でくるくると鼻を優しくマッサージするように洗いましょう。

鼻を清潔にし、余分な脂を取り去ることで角栓が取れやすくなります。

お風呂上りに使うなど、汗やほてりが気になる時は使うのを避けましょう。

水をつけて十分に鼻を濡らし、パックを貼り付けます。

パックを触る手がしっかり乾いているのを確認してくださいね。

パックを貼る前は化粧水など余計なものをつけないようにします。何も肌に塗っていない状態でパックするようにしましょう。

パックを貼る時は空気を押し出しながら貼り付けよう

パックを鼻に貼る時は、空気が入らないようにしっかりと密着させながら貼り付けます。

貼った後はパックが乾くまで待ちましょう。

手を汚す心配もないので、スマホを触ったり好きな事をして過ごすことができます。

乾かす際の目安は湿度の低い時期は5分から10分程度、湿度の高い時期ならもう少し長くて10分から15分程度です。

しっかりと乾かしましょう。

慌てずにゆっくりと剥がす

パックがしっかりと乾いたら、両端からゆっくりと剥がしていきます。

この時に慌ててガバっとパックを剥がしてしまうと、皮膚を傷めてしまう原因になります。

もし、剥がす時に酷い痛みがあったら1度剥がすのを中断してください。

パックを水で濡らしてからもう1度ゆっくりと剥がします。

パックの後は収れん化粧品で毛穴のケアをする

剥がすタイプのパックで一番大事なのはアフターケアです。しっかりと行いましょう。

パックが終わったら、コットンにたっぷり収れん化粧品を取って鼻のパッティングを行います。

氷や保冷剤を使って冷やしたりするのも効果的です。

しっかりと化粧水で保湿をし、乳液で蓋をしてうるおいを逃がさないようにします。

パックによって開いてしまった鼻の毛穴を閉じるには、保湿をすることが大事です。

パックをしてから1日から2日ほどで、毛穴は元の塞がった状態に戻ります。

剥がすタイプのパックは月2回までの使用に留めよう!

毛穴から角栓を根こそぎ取り去るので、爽快感がありとても気持ちのいい剥がすタイプの鼻パック。

使用するのは月に2回程度までに留めておきましょう。

角栓を取り去って毛穴が閉じ、角栓が少しずつ成長して大きくなっていき、角栓で広げられた毛穴が目立つようになるまで1週間から2週間かかります。

角栓ができてしまったらすぐに取りたい、気になって仕方がないのは分かりますが、肌を健やかに保つためにも、使用頻度を守るように心がけてくださいね。

鼻パックでツルリときれいな小鼻を手に入れよう

顔の中でも鼻は特に目立ちやすい場所なので、汚れが気になってしまいがちです。

そんな時は、鼻のパックで汚れをスッキリと取り去ってしまいましょう。

洗い流すタイプのものでじっくりと気になる汚れを落とすのもよし、剥がすタイプで角栓を一網打尽にするのもよしです。

パック後は必ずアフターケアをして小鼻を労わってくださいね。

鼻パックでツルリときれいな小鼻を手に入れましょう!

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!