「ニベア」に美白効果はあるの?効果の有無と上手な使い方とは


「ニベア」と「美白効果」。

なんとなくイメージ的にイコールのように感じている人も多いのではないでしょうか。

多くの国の女性たちに愛されている青く丸い缶「ニベア」。最近では海外セレブご用達の高級コスメとニベアの成分がほとんど変わらないことがわかり、ニベアを改めて手に取るという方も増えたようです。

あくまでも美白効果を求める貴女にとって「ニベア」を取り入れるのは有りか、無しか、判断のひとつになれば幸いです。

厚生労働省認定「美白」の考え方とは?

厚生労働省で所管されている法律で医薬品医療機器等法というものがあります。
医薬品、医療費等の品質、有効性、安全性の確保等に関する法律です。

法律の条文だけではなかなかすべての事柄をモーラできず、
厚生労働省が都厚生労働省令や告知などを行い刻印の保険衛生の向上を
図っているというものだそうです。

私たちの手にする化粧品などの表示成分なども、この法律によって、安全安心に使うことが出来るものが世の中に出てきていると簡単に言うとそうなると思います。

医薬品医療機器等法では、化粧品は基本的な56項目の効能効果しか表示ができません。

例えば「美白…」と表現することは出来ずに日やけを防ぐ、日やけによるシミ、ソバカスを防ぐという表現にとどまります。

そして医薬部外品を製造する際には、成分の安全性など基礎データーを厚生労働省へ承認申請を行わなければいけません。これは、十何年、いや何十年も基礎データーをまとめあげ承認に向けて企業一丸となって商品開発できるように働きかけるそうです。

これを行うのは化粧品会社などですが、この基礎データーは企業秘密のためほとんど公開されることがありません。

ですが、私たちは成分表などで大まかには判断することが出来ます。
具体的な「美白」の効能効果を表示するには厳密にいうと化粧品ではなく医薬部外品にあたります。
その場合で「薬用…」という表現になります。

「ニベア」の美白成分ははいっているの?

化粧品や医薬部外品の製造業や製造販売業を取得している企業で公開されている情報をもとに「ニベア」に「美白」成分が入っているかを検証してみました。

主な「美白有効成分」

シミそばかすを防ぎ日焼けを防ぐとされているもの。

アルブチン、アンダーシールダー
エナジーシグナルAMP
エラグ酸、カモミラET、グラブリジン、コウジ酸
グラブリジン、ソフニングリリーサー、ディフェンスバイタライザー
トラネキサム酸、ニコチン酸アミド、ハイドロキノン
安定型ビタミンC誘導体、ビタミンC、ビタミンCエチル
プラセンタエキス、マグノリグナン、4MSK
リノール酸、ルシノール

結論を申し上げます。
「ニベア」には上記「美白有効成分」は入っていませんでした。

そう、厚生労働省の認定されている美白成分は入っていませんでした。

でも、これだけ「美白」「美肌」を追求する現代において「ニベア」シリーズが
廃れないどころか、ニーズが増えているという事実はきっと何らかの大きなメリットがあるということだと考えらえます。

「ニベア」と美白成分入りのクリームとの相性は?

厚生労働省認定の美白成分ははいっていないものの、「ニベア」製品の最大の効果である保湿効果は「美肌」をつくる、整えるのにとても有効です。

ただ、ニキビや吹き出物が出やすい状態の肌には、「ニベア」は不向きです。

乾燥しやすい肌に美白成分の入っているクリームとの相性は良好です。

肌にビタミンCなどを塗りその上を「ニベア」という保湿の高いふたをするというイメージです。

美白成分入りのクリームの上から保湿ケアをすることで角質層にシミの色素が出にくくなります。

色素沈着いわゆるシミの改善にもつながります。
そして毛穴が広がり肌荒れが気になる方にも効果が期待されます。

「ニベア」を上手に取り入れて、「美白」「美肌」を手に入れる。

ドラッグストアー、コンビニ、スーパーなど貴女の身近にある「ニベア」。
たくさんの人にコスパもよく100年にわたり世界各国の女性に
愛用されています。

そんな「ニベア」には厚生労働省認定の美白成分は入っていません。
驚いた方やがっかりしてしまった方もいるかと思います。

でも「ニベア」は保湿成分が高く評価されており、美白クリームとの併用で
貴女の素肌をより美しく若々しくすることが出来るかもしれません。

そして乾燥肌の女性の強い味方と言えそうです。

「ニベア」は安全性も高いと言われていますが、すべての人にアレルギー反応が起きないとは言えません。

少量を手の甲などにつけてまずは様子をみてください。
成分的には「ニベア」=「美白」と言うことが出来ませんが、
貴女の肌を美しく保つための情報のひとつになれば幸いです。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!