無添加石鹸で素肌美人に!肌への優しさの秘密と正しい選び方とは

美容意識の高い女性や肌に悩みを抱えていたりで、洗顔やスキンケアを見直そうと考え中の方に試してみてほしいアイテムの一つが無添加石鹸です。

種類も豊富だから何を使えばいいのかとお困りの方も肌に合う無添加石鹸を探してみて下さい。

原料や成分まで、こだわりぬいた製法や正しい選び方を知って健やかな肌を実感しましょう。

無添加石鹸はどの様に肌に優しいの?

無添加石鹸とは界面活性剤・着色料・香料や防腐剤などの刺激が強い添加物が配合されていない石鹸を表しています。肌への負担が少なく低刺激で潤いが長時間続きます。

無添加石鹸の特徴について

肌が弱い人でも使いやすく、成分や原料がとてもシンプルなのが特徴です。

ただし、全ての添加物が含まれていないというわけではなく、添加物が一つでも配合されていない石鹸を無添加石鹸と言います。

無添加石鹸の成分や原料について

無添加石鹸に入っている成分は化学物質か、それとも天然成分なのかを知る必要があります。石鹸には必ず水酸化ナトリウム、または水酸化カリウムが含まれています。

これらの成分は油脂中の脂肪酸と混ざることで害の無い成分の石鹸となります。

無添加石鹸を使うメリットとは?

無添加石鹸は地球にもやさしく、健康的な肌を作ってくれるので注目を浴びています。肌トラブルをかかえている人でも美容成分の配合されている石鹸が多い為、理想の肌を得られます。

こだわりたい無添加石鹸の選び方

種類の豊富な無添加石鹸ですが、成分をよく見て選ぶと自分に合った石鹸が見つかりますよ。

成分から選ぶことがポイントとなりますので「石鹸素地」と記載のある物を見つけるようにしましょう。石鹸素地とは油脂と苛性ソーダを反応させた石鹸成分を言います。

乾燥肌でも肌をしっとりキープ

乾燥肌の方には後肌しっとりで潤いの持続する石鹸がオススメです。特に天然の保湿成分のグリセリンの含まれている物を選んでみると良いですね。

敏感肌だけど使ってみたい無添加石鹸

敏感肌の方は洗浄力の強い合成界面活性剤の使用されている物はなるべく避けて、肌トラブルを防ぐことが大切です。必要な油分まで落としてしまいバリア機能の低下も考えられるので注意しましょう。

無添加石鹸はニキビ対策としても使える

無添加石鹸は洗い上がりがマイルドな使用感の物が多く、刺激が少ない特徴がありニキビ肌の方には使いやすい石鹸です。ニキビ効果のある無添加石鹸も沢山あるので探してみて下さいね。

無添加石鹸の使い方や泡立ち

無添加石鹸を利用するときは肌に負担をかけないように泡立てネットを使い、手に泡を取り肌を優しく洗いその後にぬるま湯で洗い流して下さい。そうすることで肌の乾燥を防いでくれます。

保湿もしっかり忘れず行うことで、みずみずしく健やかな肌を長く保ちます。

石鹸の泡立て方について

まず清潔な手で石鹸を溶かし、少量のぬるま湯で手のひらで伸ばしていきます。石鹸が泡状になってきたら、更に手のひらで円を書くようにして泡立てていきます。

続けて空気を含ませていくことで弾力のある泡が作れます。

正しいクレンジングの方法

石鹸を使ったクレンジングの場合は、出来るだけ肌を傷つけないことを心がけ石鹸をしっかりと泡立てましょう。摩擦を与えないように手のひらで泡を転がすようなイメージで軽く洗って下さい。

最後は丁寧に、ぬるま湯で肌をすすぎましょう。

無添加石鹸を作ってみよう

無添加石鹸の粉末又は固形の場合はおろし金ですりおろし、細かくします。ボウルに入れて湯せんをし、石鹸を溶かしていきます。

お好みのエッセンシャルオイルで香り付けし、型に入れて固めて完成です。

無添加石鹸の取り扱いにも要注意

無添加石鹸には保存剤や防腐剤が含まれていない為、早めに使い切り乾燥した場所で保管し、水はけのよい石鹸トレイを使い清潔に保ちましょう。

溶けてしまった石鹸水には雑菌が繁殖する恐れもあるので十分に注意して下さい。

無添加石鹸を使って健康な肌でいる為にはボディウォッシュやボディケアを継続し、上手く活用してみましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!