女性の鼻毛の処理のやり方。毎日の身だしなみチェックは忘れずに!


いつも自分の鼻毛が、出ていないか気になってしまう人は、隣の人の鼻毛が出ていないか、気になるのではないでしょうか。

鼻毛が外に出ているか気になるけれど、鼻の中が、毛でむずむずすることも、気になってしまうことも多いでしょう。周りの人たちは、鼻毛処理をどうしているのでしょう。

鼻毛を切り始めたら気をつけて

眉毛専用ハサミを持っている人は、それで伸びてくる鼻毛を切ってみたことがあるのではないでしょうか。ちょうど、刃の先が鼻の先に入るので、それで鼻毛の処理を間に合わせてしまうパターンが多いでしょう。

しかし、刃の先端が、とても危ないですね。鼻の粘膜を傷つけると、出血するだけではなく、ばい菌が入って、大ごとになるリスクがあります。

ですから、鼻の中に尖った刃を入れたり、鼻毛を強引に抜いたりしてはいけません。

これからも、伸びてくる鼻毛、処理をしなければいけませんから、眉毛専用のハサミを卒業しましょう。鼻毛の処理のための良い商品は、市場にたくさんあるのです。

鼻毛専用のハサミ

鼻毛専用ハサミは、伸びすぎた鼻毛を切るためのもので、刃の先が丸くなっており、鼻の中を傷つけません。
値段は、ピンキリで、数百円のものから、何千円もするものまであります。

鼻毛を切る時は、鼻の穴から出ている毛や、目立っている毛だけを切ります。
切った後は、出てくる毛がないか、鼻を触ってチェックし、ティッシュで掃除しましょう。

処理の早い鼻毛カッター

ハサミよりも、もっと手早く、さっと終わらせる方法はないかな、と思った時は、鼻毛カッターのことを考えて見ましょう。
そんな大層なもの、なくてもいいかも……と、なかなか手が出せないものかもしれません。

しかし、週に1回、または月に数回、人それぞれですが、これからも定期的に鼻毛を切っていかなければならないのですから、長期的にみても、持っていて便利な一品です。

女性用鼻毛カッターのラインナップ

鼻毛カッターは、価格のお安いものから、お高いものまで、様々に売っていますので、値段の幅を意識したラインナップを口コミと一緒にご紹介します。

パナソニック エチケットカッター 白 ER-GN10-W 価格ドットコム最安値税込675円

デュアルエッジ刃のエチケットカッター。鼻毛、耳毛、眉毛、ヒゲに使えます。とてもお安いですが、公式サイトによると、週1回、90秒間の使用で、約一年使えるそうで、替刃も売っています。

  • 鼻毛が良く切れるし、安くて良い、家族用にも購入した
  • 安いので、初めての人も買ってみるべき
  • 鼻毛の処理が左右合わせて一本くらいで終わる
  • 使った後には、手入れ用のブラシで掃除できて良い
  • 安いけど、国産ブランドで信頼できる
パナソニック エチケットカッター ER-GN25 税込1800円

単4アルカリ電池1本使用で、ビビットピンクとピンクゴールドの2色の、上品でオシャレなスリムデザイン。鼻毛だけでなく、耳毛、眉毛、口周りまでマルチに使えます。
刃をはずして水洗いができ、掃除用のブラシも付きです。

  • 安いので、痛くないか心配だったが、痛くなくて安心した
  • ハサミを使っていたけど、こちらに乗り換えて見た、
    ハサミよりきれいにカットできる
  • 電動歯ブラシの感覚で持ち歩ける、可愛くて鼻毛カッターに見えない
  • 早くハサミを卒業すればよかった
レディースエチケットシェーバーSAKURA 税込2160円

女性のために作れた鼻毛シェーバーで、安全設計で、簡単操作の日本製です。防水構造で、刃を洗浄でき、清潔に保てます。鼻毛だけでなく、耳毛や、眉毛の処理もでき、単5電池で動きます。

  • 使いやすく、家族の分も購入
  • 壊れにくく、長持ちする
  • 大手メーカーではないけど、とても良い
男女兼用グルームメイトステンレス鼻毛カッター 税込5000円

手動式で、電池がいらない鼻毛&耳毛カッター。ステンレス製で分解掃除ができます。

  • ちゃんと使えば毛を巻き込まないのが良い
  • キレ味が良くて気持いい、安全面でも安心できる
  • 高級感、質感、適度な重量感がお気に入り
  • 綺麗に整えることができる
  • 電池不要が良い、掃除が楽で買ってよかった
以上、いかがでしたでしょうか。
安いものも悪くはなく、根強い愛用者がおり、高いものは、やはり良い、という印象を受けました。
ハサミを卒業して、鼻毛カッターをデビューするきっかけにしていただけたら幸いです。

鼻毛を切ると風邪をひくって?

鼻毛の処理をしている人は、鼻毛を切り過ぎた時に、風邪をひくかも、という体感を得たことがあるのではないでしょうか。

鼻毛は、ウイルスやホコリが身体の中に入ってくるのを防ぐフィルターとなっていますし、身体に入る空気の温度や湿度も調節してくれます。

ですから、身体を守ってくれている鼻毛を切り過ぎるということは、防御力を失ってしまいます。鼻毛の処理は決して切り過ぎず、ほどほどに、入口付近のカットで留めておきましょう。

鼻毛脱毛ワックスはおすすめできない

そういった理由で、いくら鼻毛を全部抜き去りたい気持ちであっても、鼻毛脱毛ワックスを使って、無理やり鼻毛をごっそり抜くのは、よくありません。

鼻毛を失うだけでなく、鼻の粘膜も剥がれてしまいます。鼻の粘膜を傷つけると、そこから入ったばい菌が脳の病気をひき起こすケースがあります。

鼻毛の処理をしない人はいる?

鼻毛の処理をしない人はいます。伸び放題を放置するのではなく、鼻毛が伸びないので、悩むことがなく、鼻毛のことを考える必要がないのです。しかも、そういう女性は割といるのです。

鼻毛の成長は、男性ホルモンの影響が関係していているので、男性に多く、女性に鼻毛が伸びない人がいてもおかしくありません。

しかし、そんなラッキーな人でも、鼻毛の伸びる環境に身を置いたら、鼻毛は伸びるでしょう。

鼻毛の伸びる環境

粉じんが舞うような空気の汚れているところ、例えば、通勤路や近所などの身近に、工事現場が始まったり、仕事などで関わったりした場合などがあげられますね。
また、タバコを吸い始めると、身体の防御本能で鼻毛が伸びるのが早くなります。

そんなことがあった時は、鼻から鼻毛が出てきていないか、チェックしてみたほうがいいですね。

鼻毛の役割を考えて鼻毛とつきあっていこう

鼻毛が少ない人より、鼻毛が多かったり、成長したりする人は、身体にとって必要な鼻毛の働きによる、ガードの機能が強いと言える、という皮膚科医の言葉があります。
鼻毛は悪いことばかりではありませんね、これからも定期的に切ってあげましょう。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!