オフィスダイエットで時間を有効活用!職場でできる簡単運動8選


「よし、ダイエットをしよう!」と強く決心しても、仕事が終わる夜は疲れているのでなかなか続かなかった・・・という苦い経験はありませんか?

そんな人におすすめなのが、オフィス内での「ながらダイエット」になります。実は、1日の中でも長時間いるオフィスで働きながらダイエットもできるというお得な方法があるのです!

ここでは座りながらや立ちながら・・・など、オフィススタイルに合うダイエットをいくつかご紹介します。ぜひ自分スタイルを見つけてチャレンジしてみてくださいね。

今流行りの「オフィスダイエット」とは?

今やダイエット方法は星の数ほどあるので、どれを試そうか迷ってしまいますよね。オフィスダイエットと検索してもやり方は様々です。まずここでは、オフィスダイエットとは何かをご紹介します。

オフィスダイエットとは簡単に言うと「オフィスにいながら簡単にダイエットできる新しいダイエット方法」になります。

メリットとしては「仕事終わりにジムやダイエットの時間を使わなくても良いこと」や「糖質やカロリーなどを気にする食事制限をしなくてOK」など、他にもたくさんの嬉しいメリットがあります。

ダイエット方法としてよくある食事制限や有酸素運動は、身体を効率的に動かさなければ効果が低いことがわかっています。オフィスダイエットの特徴としては「エクササイズが毎日できる」ということや「無理に身体を動かさなくても良い」という身体に優しいダイエットでもあるのです。

「座りながら」オフィスダイエット5選

ではここからは実際にオフィスダイエットをご紹介します。デスクワークって骨盤に負荷がかかったりお尻が痛くなるなど、長時間同じ姿勢でいるのは辛いですよね。そこで、気分転換も兼ねて5つの座りながらダイエットにチャレンジしてみましょう。

簡単な腹筋トレーニング

まず始めに正しい姿勢で椅子に座りましょう。次に、片足ずつ太ももを浮かせて15秒キープします。時間が経ったら反対の足も浮かせて15秒キープします。

意外に思うかもしれませんが、実は足を浮かせることによって直接腹筋に力が加わります。この時に大切なことは「猫背にならないこと」です。お腹に力が入ると、意外と猫背になりやすくなるので、姿勢にも注意しながらゆっくりと周りにバレないようにやってみてください。

さらに腹筋を鍛えるトレーニング

まず始めに正しい姿勢で椅子に浅めに座ります。両手はお尻の横か椅子の端を掴むようにしましょう。次に、両膝をピタッと付けたまま浮かせます。膝から下はそのままゆっくりと左右に揺らすことで腹筋が鍛えられます。

この時のポイントとして「5秒くらいかけてゆっくり両膝は左右に揺らすこと」が大切です。膝を浮かせるだけではなく左右に揺らすことでより腹筋が鍛えられるので、慣れてきたら時間をのばすなど工夫しても効果大です。

むくみ解消トレーニング

まず椅子に座って膝を伸ばします。そのまま足首を内回り+外回りで10回ずつ回します。次に、正しい姿勢に注意しながら椅子に浅めに座ります。かかとを床に付けたままつま先だけ上に上げましょう。つま先を戻したら今度はかかとを上げます。この繰り返しを15~20回ほど行いましょう。

このトレーニングは、特にむくみが気になる人におすすめのトレーニングです。むくみは冷えから来ることが多いので、空調の効き過ぎた寒いオフィス内で行うことで冷えもむくみも解消できるメリットが多いトレーニングとなります。

引き締めもできる!二の腕エクササイズ

デスクワークをしながら二の腕の引き締めもできたら嬉しくはありませんか?なんと、座ったままでも気になる二の腕の引き締めが可能なエクササイズがあります。

まず椅子に座った状態で机の上に両方の手の甲を置きます。次に、手の甲で机を下に向けて10秒間押し続けます。そして、軽く握りこぶしを作ったら机の下に手を入れながら机を上に10秒間持ち上げます。

このエクササイズをすることによって、身体全体ではなく二の腕に負荷がかかるのでより効果が期待できます。二の腕を意識しながらぜひチャレンジしてみてくださいね。

座りながら小顔ダイエット

まず口周りの筋肉を動かしていきます。円を描くように舌先で歯茎をなぞっていきます。1周を1回とカウントして25回行い、反対回りも同じ回数行います。これをできれば1日に2セット行うことで、時間を有効活用しながら小顔効果が期待できます。

この小顔ダイエットの一番のメリットは「周りに気づかれにくいこと」にあります。はじめは意識して行うようにしていくと、次第に毎日の習慣になっていくのでいつの間にか小顔を作ることができちゃいます!ぜひ続けてみてくださいね。

「立ちながら」オフィスダイエット3選

ここでは、座りながらダイエットと同時に行うとより効果が高くなる「立ちながら」できるオフィスダイエットを3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

直立姿勢のヒップアップ

まず正しい姿勢で立ちましょう。壁などを支えにして膝を伸ばしたまま片足だけゆっくり後ろに上げて10秒間キープします。これを両足交互に行います。

これは、コピー機の前でコピーが終わるのを待っている時や立ちながら作業をしている時にも簡単にできるヒップアップ方法です。他の誰かが近くにいて足を上げにくい場合は浮かせるだけでも効果があるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

歩きながらポッコリお腹引き締めダイエット

まず正しい姿勢で立ちます。一歩足を出し、前に出した足はかかとを付けて後ろの足はつま先だけ付ける形を覚えましょう。この姿勢を取りながら歩くだけでもお腹の腹筋が刺激されて引き締め効果があると言われています。

特にいつも足元を引きずるように歩いている人は、少し意識を変えることでお腹だけではなく姿勢もよくなるのでおすすめです。

ふくらはぎダイエット

まず姿勢よく立ちます。立ったまま、かかとを少し上げたまま10秒間キープしましょう。かかとを付けたらまた10秒間上げてキープするエクササイズを繰り返しましょう。

ただ立つだけでもエネルギーは消費されているのですが、かかとを少し上げるとより血液循環が良くなり痩せやすい身体を作る代謝アップに繋がるのでおすすめのダイエット法になります。

オフィスダイエットは効率的に痩せる美ダイエット!

いかがでしょうか?室内でできたり自宅でできるダイエット方法は幅広く多くありますが、外出してしまうと続けにくいダイエットも数多く存在します。1日の大半を過ごすオフィスでできるダイエットはどこでもできて簡単でバレにくい方法がほとんどなので、ぜひ続けやすいものからチャレンジしてみてくださいね。

この記事をシェア

あなたもコメントをどうぞ!